創元SF短編賞「最終候補作に選出された段階で、編集部提案のもと改稿していただいたのち、最終選考をおこないます」

 

 

第11回創元SF短編賞 受付開始!

応募締切:2020年1月14日(火)
結果発表:2020年4月頃
選考委員:堀晃 宮内悠介 小浜徹也(東京創元社)

受賞作は《Genesis 創元日本SFアンソロジー》夏季号に掲載します。
最終候補作に選出された段階で、編集部提案のもと改稿していただいたのち、最終選考をおこないます。
受賞作は第10回まで創元SF文庫《年刊日本SF傑作選》に掲載してまいりましたが、《傑作選》が今年で終刊するにあたり、掲載先を単行本《Genesis》に変更いたします。また、これまでどおり受賞短編1編のみを電子書籍化し、朗読音源化したものを販売します。
選考委員の先生を2名お願いし(任期2年とし1年違いで交代)、編集部・小浜徹也を加えた3名で最終選考いたします。
1次・2次選考では編集部員が直接、応募作全作に目を通します。

意気込みに溢れた新時代のSF短編の書き手の出現を熱望します。未発表の“広義”のSF短編をお寄せください。受賞作は書き下ろしアンソロジー・シリーズ《Genesis》に掲載したのち、短編単体で電子書籍化し、また朗読音源化したものを『kikubon(キクボン)』 (株式会社RRJ)にて配信し、また規定印税をもって賞金といたします。
(2018年1月12日)

●募集要項
商業媒体未発表の、広義のSF短編を募集します。手書き不可。ウェブ応募を推奨します。
枚数:40字×40行換算で10~25枚。また、同1枚の梗概を添付してください。
締切:2020年1月14日(火)必着

出典:第11回 創元SF短編賞 | 東京創元社

 

 


これは良い試みだと思います。

関連記事
ラノベ読者ワイ、人衰にハマりSFに興味を持つ
【朗報】涼宮ハルヒの憂鬱、普通のSF小説扱いされる
オススメのSF小説を教えてくれ