創作の敵は「金にならないとダメ」「食えてないとダサい」みたいな空気

ブライアン・イーノはロンドンで行った講演で、芸術や文化についての一般的な認識を改める必要があると説き、さまざまなアートは人々の生活の中心にあるべきものだが、決して役に立つものではないということもわかっておくべきだと語っている。

ブライアンはBBCが毎年際立ったミュージシャンを招聘して講演を行うジョン・ピール・レクチャーの今年の講師となったが、その講演のなかで昨今の変化の激しい社会では、ややもすると芸術や文化というものが経済活動に繋がる行為のように勘違いされてしまうところがあるのではないか、と問題提起している。

そもそも芸術や文化というのは、個人が「かなり極端でどちらかというと危険な感情を体験するための安全な場所」を提供するものであり、芸術や文化がこれまで受け入れられてきたのはそうした精神状態をすぐにオフにできるからで、さまざまなアートはこういう形で人々にとっての刺激になってきたのだとブライアンは説明する。

出典:音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

 

 

 

共感リプばかりのように見えますが……

 

 


売上原理主義者の人そんなに多いんですね……

関連記事
世間で評価されているものがわからないのはクリエイターとして未熟?
ラノベ作家の頂点ってこんな売れてんだな
芸術方面で「食えない」って言う人、自分が食えなかっただけ説
幻冬舎の見城徹社長がTwitterで実売数を晒して炎上
カクヨム「Web小説を書く人が直接収益を得られる環境作りに挑戦していきます」