元エリート官僚の息子「庶民が、私の父と直接会話なんて、1億年早いわヴォケ!!」

激しいフラッシュの中、6月3日送検された農林水産省の元事務次官・熊沢英昭(76)容疑者。6月1日、東京・練馬区の自宅で44歳の長男、英一郎(44)さんを包丁で刺し、殺害したとして逮捕された。

英一郎さんの死因は首を切られたことによる失血死とみられ、刃物による刺し傷や切り傷が上半身を中心に数十か所に上ることが判明した。

警視庁は強い殺意があったとみて調べを進めている。

殺害された英一郎さんを知る人は…

英一郎さんを知る男性:
英一郎さんは働いてなかったと思います。服装は会社に行っているような感じではないですね。

警視庁によると、十数年前に1度家を出て1人暮らしをしていたという英一郎さん。現在は無職で、ほぼ引きこもり状態だったという。

 

しかし…2018年投稿された英一郎さんのものとみられるツイッターには、

と書かれており、父親の熊沢英昭容疑者から定期的に金銭的な支援を受けていたことが分かる。

また、6月4日から2カ月前の投稿には

などと書かれていて、官僚トップだった父を自慢していた様子を投稿していた。

オンラインゲーム上で英一郎さんと2年間交流があった女性は…

ゲーム上で交流があった女性:
『何か困ったことがあれば、私に言ってくれれば父の権力でどうにかすることはできます』ということを言ってきたことが一番印象的ですね

 

しかしその一方で、過去に投稿されたツイッターには

と書かれており、母親に対し“愚母”という言葉を使い、殺意もほのめかしていた。

さらに、2017年には

と書かれており、英一郎さんは母親に暴力をふるっていた過去をつぶやいていた。

 

その一方で、熊沢英昭容疑者は長男の家庭内暴力があったと供述している。

6月3日新たに熊沢英昭容疑者の体に“あざ”があったということもわかり、日常的に英一郎さんから暴力や暴言を受けていたとみられている。

また、事件当日にも親子で口論があったという。
事件の数時間前、熊沢英昭容疑者の自宅横にある小学校では運動会が行われていた。
すると英一郎さんが口にしたというのが…「うるせーな、子供ぶっ殺すぞ」という発言。

この発言を巡って、口論になったという親子。

逮捕後、熊沢英昭容疑者は調べに対して、
「川崎市で小学校児童など20人が死傷した事件が頭に浮かんだ。自分の息子が第三者に危害を加えるかもしれないと思った」と話し、家庭内暴力や他人に危害を加えることを不安視していたという。

出典:FNN.jpプライムオンライン

 

熊沢英昭容疑者に同情的な声

 

否定的な声

 

 


先日「すぐゲームを悪者にするマスコミはどうなのよ?」という趣旨のまとめを出しましたが、実際居心地のいい逃避先ではあるんだよな……と思いました。

関連記事
マスコミ「岩崎隆一容疑者の部屋にテレビとゲーム機がありました!」
元農水事務次官が自分の息子を殺害した容疑で逮捕
子供部屋おじさんはそのうち犯罪者予備軍として拘束されるんじゃないか?