【晒し】【絶界の涯/ルランスミリア城の三十六人】~高一の夏休み突入直前に、クラス丸ごとまさかのゲーム風世界へ転移。二分されたクラスメートが強いられるのは、ゲームキャラとしての剣と魔法の世界でのモンスター討伐~

友野 ハチさんより

【絶界の涯/ルランスミリア城の三十六人】~高一の夏休み突入直前に、クラス丸ごとまさかのゲーム風世界へ転移。二分されたクラスメートが強いられるのは、ゲームキャラとしての剣と魔法の世界でのモンスター討伐~
https://ncode.syosetu.com/n6220ey/

読み速さまを閲覧されているみなさま、はじめまして。今回晒しをさせていただく、友野ハチと申します。

これまで、他の作者さまの晒し記事のコメントを参考にさせていただいておりましたが、自分の作品もお願いしたくなり、応募致しております。

後述の通り、終盤を中心に改稿を予定しておりまして、その前にみなさまに改善点などいただければ、とてもうれしいです。

以降、前提的な話になりますが、読み飛ばしていただいて、自由にコメントを頂戴する形でもまったく問題ございません。

この作品は、「異世界転移」「クラス転移」「剣と魔法」といったキーワードをお題的なテーマとして、自分なりに書いてみた作品となっております。一定の区切りとなるだろう二部終わりまで到達しております。

タイトルについては、当初は「異世界の観察者」としていたのを、変更しております。タイトル後の「~(略)~」の部分は、品がないのは承知で、目立つために付加している状態です。

方向性としては、いわゆるテンプレ的作品よりも、もうちょっとだけ堅いものが読みたい、といった層に楽しんでもらえたらと思って書いております。(メイン層からは外れることで、需要はあまりなさそうですが……)

目標は、書籍化ができたらとてもうれしいのですが、それはそれとしまして、楽しんでいただけそうな方がいるとしたら、お届けできたらなあ、そのために改善していきたい、というところになります。

そして、改稿予定につきまして。

現状、第二部まで公開しているのですが、特に第二部終盤の内容についてと、ストレス展開であることについての改善要望、ダメ出しをいただきまして、全面的にではないにしても、ご意見に寄せる形で改稿を考えております。

具体的には、「第二部終盤が端折り過ぎ、唐突すぎ」「第二部までを通した結果が納得がいかない」「主人公の無抵抗ぶりが苛立たしい」「主人公が作者の都合で動き過ぎ」「山本という登場人物の言動に納得がいかない」「敵役的存在に罰的なものが用意されていないのが気持ち悪い」といった主旨のご意見をいただいております。

それと同時に、第二部終了時点まで世界観や登場人物間の人間関係について、伏せた内容が多くなっておりまして、さすがに出し渋りしすぎたかと反省して、諸々前倒しで触れていこうかとも考えております。

さて、今回、こちらの晒し企画にてご意見、ダメ出しなどをいただきたいのは、文体、表現のくせなどでの読みづらいところのご指摘をいただけるとうれしいです。このあたり、自分では気づけない部分が多いと思いますので。

また、内容面では、序盤についての改善点がございましたら、ぜひ教えていただけると幸いです。

もちろん、その他の点でも大歓迎です。

予定している二部終盤を中心とする改稿の際に、できるだけ盛り込んで改善できたらと思っております。

公開中の38万字読んでいただきたいとはとても申せませんので、できれば冒頭3話まで読んでいただけるとうれしいです。(話はほぼ展開しないのですが)
もうちょっと先まで読んでいただけるとしたら、戦闘が開始される8話まででしょうか。

一方で、自然体で読んでいただいて、断念されたタイミングを教えていただけるのも、とても参考になるので歓迎いたします。

なお、61話以降は現状を留めない状態に改稿することになりそうです。終盤ということで意図的にテンポを上げたつもりだったのですが、改稿検討で読み直したところ、感想欄でご指摘いただいていたとおり、すかすかになってしまっていることを自覚して恥じ入っております。

また、「小説家になろう」さまの事情について詳しい方がいらしたら、下記についてもご助言をいただけたらとてもうれしいです。

【タイトルについて】
どうにも決まらず、変更を繰り返しております。テンプレ的な爽快感のある作品ではないことから、そう受け取ってもらえるものが望ましいように思うのですが。
なお、タイトル以降のあらすじ的な文言は、品がないのを承知で読んでいただかないことには、という考えでつけております。

<事前の没案>
・「異世界で過ごす夏季休暇」 ※40日程度経過しても戻らないことから没
・「異世界の探索者」 ※一部までにたいして探索できないことから没

<変遷>
・「異世界の観察者」 ※当初タイトル。公開直前に「異世界の探索者」から急遽変更したことで、先行作品と丸かぶりしていたことに気づいて頭を抱える
・「絶界の涯・異世界の観察者」 ※先行作品と別作品であることを示すため、ゲームシステムの名称を付加
・「絶界の涯・ルランスミリア城の三十六人」 ※テンプレ作品的なニュアンスを薄めようと変更

<今後>
改稿を契機とした変更案として「クラス転移は苦労の始まり」「クラス転移は苦労の連続」といったものも考えてみているのですが、今度は読む気を削ぐ印象かもとも思えております。

クラス転移物、爽快感に欠ける、異世界的なゲーム世界への転移、操られるキャラクターとしてモンスター討伐、2つの陣営に分かれての競い合いで、不利な展開で苦労、といった内容となるのですが、もしも良い案がありましたら、ご提案いただけるととても助かります。

【改稿のやり方について】
以前、こちらの晒し記事へのコメントで「公開しているものの本文を抹消して、同一作品として新たに公開していくのは、以前の状態で得たポイントが新規公開分への評価だと誤認させるので、歓迎されない」という主旨の記述を目にしました。

構成もいじることになりそうなので、既存のものへの変更では対応がむずかしそうなのですが、その場合、どういう形がよいかについて、ご助言をいただけるとうれしいです。

想定しているのは、「現在の作品はそのまま「改稿前版」として残し、新規に作品を「改稿版」として作成、連載していく」というものになります。

このやり方で、よくない点などありそうでしたら、また、他にいいやり方がありそうでしたら、ご教示いただけると助かります。

長くなりましたが、以上になります。上記に限らず、ご指摘、ダメ出しなどいただけますと幸いです。




小説の晒し行為について

読み速晒し作品まとめ

晒し

Posted by yomisoku