面白いラノベ書くのに必要な読書経験ってどれくらい?

1: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:18:58.746 ID:wx4myLO+0
とりあえずジャンル問わず300冊くらい読むべきか?

2: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:19:12.641
不要

 

3: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:19:39.422
読書経験なんか要らん
必要なのは人生経験

 

4: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:20:02.728
読めば読むだけいいし何でも経験は必要だけど、読むならラノベ以外の方がいい

 

5: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:20:09.711
むしろ雑学の方が役に立つ

 

6: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:20:43.812
人生経験もいらん

 

7: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:24:11.821

ラノベはむしろ独自性が出せると目に留まりやすいから
読書も大事だけど読者じゃ得られない現場の経験とかの方が役に立つんじゃないかな?

GATEなんかは元自衛官だったから自衛隊が法律上やって良いこととダメな事や
どこまで行動を拡大解釈して無理が利くかみたいな部分が細かくて面白かったし

ベン・トーなんかは作者が昔スーパーで働いていたから、スーパーの裏方の描写とかが
妙に細かくて笑ってしまう部分が多々ある

 

8: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:26:23.463 ID:wx4myLO+0

そうなのか、でもさすがに今からあらゆる分野の専門家にはなれないしなぁ

ところで都市部の図書館って小説も充実してるの?
こっちって司馬遼太郎のなんとかみたいのばかりしか無いんだけど

 

13: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:34:12.706

>>8
結局Web漫画やWeb小説で以外に面白いもの書く人って良い経験をしてるとかじゃなく
単にバイトで働いた時に経験した出来ごとでもディテールとよく覚えていてそれを利用するのが上手い
さらに変わった経験だと目を引きやすい

司馬遼太郎を読破してるラノベ作家もラノベ読者もかなり少ないと思うからそれだって役に立つと思うよ
俺ツエエェェ系描くにしても主人公が司馬遼太郎の時代小説から得た知識だけで無双するのは誰もやってないだろ

 

16: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:37:02.896 ID:wx4myLO+0
>>13
なるほど

 

19: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:40:15.912
>>13
司馬史観でNAISEIする主人公とか読みたいわ

 

9: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:30:33.031 ID:wx4myLO+0
ごめん蔵書検索したら物語シリーズとかも置いてたわ
でも化物語だけ無い。なんでや

 

10: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:30:40.942

戦略や戦術が詳しく書かれている史実の戦記

狩猟方法とか食べ物とか、自分が興味あるジャンルの民俗学の本

「ワニはいかにして愛を語るか」みたいな雑学の本

ラノベに限らず、何を書くか模索中の段階なら、そういう感じのを好きに読んでるうちに思い付くんじゃないの?
知らんけど

 

11: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:33:13.076
何をどんだけ読んでも、そんなことを人に聞いてるようじゃ…

 

14: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:35:40.246 ID:wx4myLO+0
>>11
別に何も書かずに悩んでるわけじゃなくて
一応ちょっと書いてみたけど引き出しの無さを指摘されたから問うてる
自己満足で終わらせるだけなら何も聞かないんだけどね

 

12: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:33:40.470 ID:wx4myLO+0
資料としての本ね、引き出し少ないのが問題だから確かにそっちでもいいかも

 

15: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:36:52.781
ジャンルによる
ミステリーだったら医学知識とかSFだったら物理とか工学とか

 

18: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:39:05.081 ID:wx4myLO+0
>>15
一応書きたいのはSF系で学生時代の専攻が電気電子だから
ちょっと復習すればバレない程度にそれっぽい事は書けるかな

 

17: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:39:02.273
何を読んでもお前にラノベは書けないぞ🙆

 

20: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:41:05.674 ID:wx4myLO+0
>>17
10レスもしてない人の能力を測りきるってもの凄い観察眼だね
素直に羨しいよ

 

21: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:44:01.906
知識を得るための読書なんか書いてるテーマに沿って参考文献読むくらいで十分だろ
あてもなく読書するのもまぁ糧にはなるだろうけど時間対効果最悪だろ
まずはテーマを見つけるために外に出てひらめきを探せ

 

22: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:45:57.146 ID:wx4myLO+0
うーん脚本の本読んでちょっと分析を覚えたから試したいってのもあったんだ
今迄気をつけて生きてたならともかく今から始めてすぐに日常でイベントは起きないだろうし

 

23: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:46:51.356
現代の回路をピタゴラスイッチ的にアナログ化したようなものが、実際に使われている文明の話

 

24: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:47:08.790
必要なのは妄想力だよ

 

25: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:47:20.721 ID:wx4myLO+0
でも日常で起きた些細な事をメモっとけってのはゲーム製作のハウツー本にもあったね

 

27: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:50:20.510
>>25
メモ取る人も居るけど最近だとメモなんか取るまでも無く覚えてるジャンルこそが自分の得意分野だから
そういうジャンルがあると強い

 

29: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:53:36.105 ID:wx4myLO+0
>>27
人工知能論についてはちょっとした拘りがありますね
最初に書いたのもそれについて二人が語り合うという短編でしたし
でもさすがにそれだけだと視野が狭いかなと思って何とか拡張しようとした次第で

 

26: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:49:10.121
SFやりたくて工学かじってるなら素養あるじゃないの
あとSFの書き方みたいな本もいくつか出てるぞ

 

28: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:51:22.526 ID:wx4myLO+0
>>26
実は理屈から入る方なんで○○の書き方、みたいな本は大好物だったりします
探してみますねありがとう

 

30: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:55:24.315
人工知能いいじゃん
AIヒロインを教育しながらゲーム世界を冒険する話とか書いてみたら
だんだん感情が芽生えてきて最後は主人公をかばって爆死ってな

 

31: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 12:58:30.391 ID:wx4myLO+0
>>30
機械少女が主人公で、ヒトのような愛情を手に入れ世界を救う話
というのはちょっと書き始めてたりします
自分の拘りのせいで典型的なロボ娘じゃなく人間くさすぎるキャラになるのが問題点ですが

 

32: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:02:41.715 ID:wx4myLO+0
ちょっと調べたらまんま「SFの書き方」ってタイトルの本もあるんですね……

 

33: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:07:28.210
とりあえず10万字で完結するまで書いてから悩めばいいよ。

 

34: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:08:19.807
自分が見えてないな

 

36: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:11:23.313
小説書きたいんだけどなにも文章浮かんでこない( ・᷄ὢ・᷅ )

 

37: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:13:47.969 ID:wx4myLO+0

>>34
それはどういう意味で?

>>36
自分もお話なんて絶対書けない!って思ってた人ですけど
キャラ作って対話させてみるっていう方法を知って最初の一歩が踏み出せました
これに関してはこの方法紹介してくれた方に感謝してます

 

39: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:15:39.227
>>37
キャラつくって対話かぁ
キャラつくるの難しくない?(´・ω・`)
それになれると自動的にキャラが喋りだすのかな

 

41: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:18:31.823 ID:wx4myLO+0
>>39
自分の場合最初の一歩は適当な男二人に自分の一番得意分野を語らせる
というものでしたね。最終的に一方はAIで一方は技術者に落ちつきましたけど

 

42: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:19:27.932
>>41
外見とかキャラ設定は細かく作り込まなくていいかな?(´・ω・`)

 

43: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:21:13.694 ID:wx4myLO+0
>>42
慣れてる人だったらすみませんが、単にまだ全然書けないというなら
とりあえず細部拘らず書いてみることの出来る状況を設計するのが良いんじゃないでしょうか
一人だけキャラ作って自分を投影して自分語りさせるとかでも良いかもしれません

 

44: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:22:40.096
>>43
練習してみるありがとう(´・ω・`)

 

35: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:09:44.240 ID:wx4myLO+0
ある人には物書きとして悩むのは50万字書いてからみたいな事も言われましたよ
あと数書いてから悩め派の人の他に数読んでから書け派の人も居ますね

 

38: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:14:03.428
>>35
本読まない奴の小説って、小説書く以前に義務教育の敗北を感じるくらい酷いの多いからな。
ちなみに、ダラダラダラダラ100万字とか書いてもうまくならないから気をつけろ。

 

40: 名無しの読者さん 2019/05/30(木) 13:17:31.678 ID:wx4myLO+0
>>38
短編はダラダラ書いてますが長編は脚本術の本を参考にしてるので
40シーンくらい作って自分で分析にかけて修正しながらプロット作ったりしました
あとは文体を改善すれば読める作品にはなるかなぁと考えてますが甘いですかね?

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1559186338/

 


テレビか何かで某作家さんが1冊書くのに20冊は資料読むって言ってました。(あいまいな記憶)

関連記事
ネットで情報収集できる時代でも、読書をしたほうがいい理由
読書家をキレさせる一言
【悩み】読書する時、集中力が続かない