ジュンク堂が「読書環境に関するアンケート調査」の結果を発表

調査のサマリー

・1ヶ月あたりの読書冊数は、2〜3冊が41%で最も多く、4〜5冊が22%、1冊以下14%、6〜10冊13%と続く。
・読書をする場所については、91%以上の方が自宅と回答、続いて電車などの乗り物の中で62%。
・1週間あたりの読書時間は、2〜3時間が35%で、4〜5時間が21%、1時間以下19%で読書冊数とほぼ比例。
・積読があると答えた人は79%で、「他に優先する本が増えた」「本を読む時間がない」が主な理由。
ただし、“読みたい時のため”に本を購入しているケースもあり、必ずしも積読を解消したい訳ではない。
・読書の時間を増やしたい人は70%で、「快適な環境(空間)」「誰にも邪魔されない時間」を求めている。

読書環境に関するアンケート調査 概要
・調査方法:お客様アンケート(本を購入頂いた方のレシートにQRコードを記載し任意で回答)
全国の丸善、ジュンク堂書店の40店舗で実施
・調査期間:2019年6月15日(土)〜 6月23日(日)
・モニター:N=2,104(男性:1135 、女性:919 、回答なし:19)
職業:高校生、大学生、専門学生、会社員、公務員、自営業、パート、主婦、その他
年代:10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代以上

 

調査に対する分析と見解

㈱丸善ジュンク堂書店 経営企画部部長 工藤淳也

今回、“もっと本を読みたい”と思っている人のために書店として何ができるか考えたいと思い調査を実施しました。当初は、本を買ったけど、読まないまま積まれていく本「積読」がある人が多くいるのではないか、また、皆さん積読を解消したいのではと思っていました。しかし、実際に調査を進めていくと積読を解消したいと思う方はもちろんいらっしゃいますが、一方で読みたい時に読めるよう積読にすること前提で本を買われている方も多くいらっしゃることが分かりました。積読の冊数が31冊以上の方が23%いるということは、興味深い結果でした。

また、「本を読む時間を増やしたい」と回答した方が70%という結果に対して、物理的な時間を生み出すことは出来ませんが、“充実した読書生活のために欲しいもの”で回答の多かった「快適な環境(空間)」「誰にも邪魔されない時間」「自分に合ったおすすめの本の情報」がひとつの示唆になると考えます。

本を読む目的においても、多くの方が「娯楽(趣味)として」「知識習得」と回答されており、この時間の体験価値を上げること、本をもっと読みたいと思う方のためにどうすれば読書時間の質を上げていくことができるか、当社として貢献できることを検討していきたいと思います。

今後は、本アンケート調査の結果も参考にしながら、本が好きな方のために書店としての新しい価値提供に取り組んでまいります。

出典:株式会社丸善ジュンク堂書店のプレスリリース

 

Twitterでの反応

 

 

 

 

 

 

 


皆さんはどのぐらい積んでますか? 管理人は今10冊ぐらいです……

関連記事
処女作が面白い人はだいたい読書量が半端じゃない
「読書バリアフリー法」成立、電子書籍の音声読み上げを推進
書店員さんには「何が人気か」より「個人的な感想」を教えてほしい
書店の万引き対策「顔識別カメラの情報を店舗間で共有」