天才的な書き出しが発見される

 

昭和五十四年に佐渡へやって来て大きな話題になった女性が二人おった。
一人は歌手の山口百恵で、一人は口裂け女であった。

 

 

 

 

 


時代の風合いを感じさせつつ、口裂け女を存在感を強烈に印象づける上手い文ですね。

関連記事
涼宮ハルヒの「書き出し」が秀逸だったと話題に
なんも考えないで書き出した小説『カレピッピが拉致られたから異世界ぶっころ』
映画や小説で「ホットスタートが嫌い」とか言ってた奴が案の定なろう脳だった話