「青葉真司容疑者と同姓同名の人物による小説の応募」についての報道に、京アニ代理人さんがコメント

放火の青葉容疑者、出版実績及び京アニ大賞への応募は確認されず
の、続報です。

 

①京都新聞

 35人が死亡した京都アニメーションの放火事件で、同社の代理人弁護士は30日、青葉真司容疑者(41)と同姓同名で、住所も一致する作品の応募があった事実を確認した、と明らかにした。

代理人によると、容疑者と同姓同名の人物からの応募作品は、形式面に関する一次審査を通過していなかった。同社代理人は「京アニ作品との類似性はないと確信している」としている。

青葉容疑者は現場付近で京都府警に身柄を確保された際、「パクられた」「小説を盗まれたからガソリンで火を付けた」との趣旨の話をしていた。青葉容疑者とみられる男が事件直前、近くのガソリンスタンドでガソリンを購入していたほか、現場付近で刃物やハンマーが見つかっており、府警は青葉容疑者が何らかの理由で京都アニメーションに恨みを募らせ、計画的に無差別殺人を図った可能性もあるとみている。

京都アニメーションのホームページによると、同社は10年前から「京都アニメーション大賞」として一般から小説を公募していた。「京都アニメーション大賞」はプロ・アマ問わず、小説を募集。受賞作はアニメ化や文庫化し、大賞は副賞100万円。

出典:京アニ放火事件容疑者、小説応募か 同姓同名の投稿確認と代理人 (京都新聞) – LINE NEWS

この報道について、京アニ代理人弁護士の桶田大介さんがコメントしました。

同様に、日本経済新聞・NHKニュースについてもコメントしています。

 

②日本経済新聞

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)と同姓同名の人物から、同社開催の小説コンテストに応募があったことが30日、分かった。同社の代理人弁護士が明らかにした。応募した人物の住所も一部が、同容疑者のさいたま市の住所と一致した。捜査関係者によると、青葉容疑者は身柄確保時に「小説を盗まれたから放火した」という趣旨の話をしていた。

京都府警は、同容疑者が京アニに一方的な恨みを募らせて犯行に及んだとの見方を強めており、動機など事件の解明につながる可能性が出てきた。

京アニは一般から小説を募集しており、賞に入選した作品を同社が文庫化したりアニメ化したりしてきた。代理人弁護士によると、応募した人物は同社の形式面に関する1次審査を通過していなかった。このため、社内で情報が共有されていなかったという。

代理人弁護士は、青葉容疑者と同姓同名の人物からの応募作品と、同社の制作してきた作品との間には「類似性はないと確信している」と強調している。応募作品の内容については、明らかにしなかった。これまで、青葉容疑者が応募した記録は確認できていなかった。

府警は同容疑者の自宅アパートの捜索で京アニ関連のグッズのほか、原稿用紙も押収。今後、小説の応募との関連を調べるとみられる。

出典:京アニ放火事件 容疑者と同姓同名人物から小説の応募 (写真=共同) :日本経済新聞

 

③NHKニュース

「京都アニメーション」のスタジオが放火され、35人が死亡した事件で、会社側は、過去に行った小説の公募に、青葉真司容疑者と同姓同名の人物が応募していたことを明らかにしました。

京都アニメーションの弁護士が30日夕方、報道各社に対して送ったメールによりますと、小説の公募に応募していたのは、青葉容疑者と同姓同名の人物で、これまでに報道された住所の一部と一致していたということです。

会社側はこれまで、小説の応募は確認されていないとしていましたが、警察が青葉容疑者の名前や住所を発表したことを受けて、詳しく調べた結果、判明したとしています。

応募された小説は、形式が整っておらず、1次審査を通過していなかったことから、八田社長を含め、社内では共有されていなかったと説明しています。

そのうえで、京都アニメーションは「本日現在、当該人物と放火事件の容疑者とが同一人物であるかはいまだ確定しておらず、警察において引き続き捜査中であり、コメントを控えざるをえないことをご理解ください」としています。

この事件で、青葉容疑者は、現場で身柄を確保された際、「小説を盗まれたからやった。社長を呼べ」などと叫んでいたことがわかっているほか、警察は、さいたま市の自宅アパートを捜索した際、小説を書くためとみられる原稿用紙を押収していました。

京都アニメーションは、これまで制作した作品と、青葉容疑者と同姓同名の人物が応募した小説との関連について、「同一または類似の点はないと確信しております」としています。

出典:京アニ放火事件 容疑者と同姓同名の人物が小説の公募に | NHKニュース

 

桶田弁護士よりメールの一部開示

 

 


青葉真司容疑者と同姓同名の人物が「どこに」小説を応募したかはまだ明らかにされていないということですね……?

ただ、Yahoo!ニュース(情報元は京都新聞)に対する、

京アニがきちんと情報を出した事はいいのですが、最初に未確認状態で否定した事は良くない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00010003-kyt-soci

このコメントもごもっともだと思いました。

※参考:7月20日時点での報道

 アニメ制作会社「京都アニメーション」の放火事件で同社の八田英明社長は20日、京都府宇治市の本社前で取材に応じ、青葉真司容疑者(41)が「小説を盗まれた」などと説明したことについて「何を言っているのか分からない」と述べた。社内記録に容疑者の名前は残っていないとした。

同社は「京都アニメーション大賞」のコンテストを開催し、小説を公募。受賞作を書籍化したり、アニメ化したりしている。容疑者の応募は確認できていないという。

出典:京アニ社長「何言っているのか」 小説盗用の説明に「分からない」 | 共同通信

 

関連記事
京アニ火災、献花に行ったらマスコミの酷さに愕然とした
京アニ火災で4人の命を救った英雄に賞賛の嵐
京アニ火災で確保された41歳の男「小説を盗んだから放火した」