消防士「火事だとォ!?すぐに水を噴射だ!」江戸の火消し「火事だとォ!?すぐにその家をぶっ壊せ!!」

1: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:28:32.873
脳筋以下かな?

3: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:29:30.297
回りの家もな

 

7: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:30:14.180
壊したら皆で建て直してあげる人情の時代だし

 

104: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:52:27.870
>>7
いいじゃん

 

8: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:30:36.625
江戸は水資源に乏しく大量の水を用意できなかった
そして家屋も木製で延焼しやすかった
だから回る前に壊すことにした

 

87: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:29:17.429
>>8
MTGのフレイバーテキストみたい

 

9: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:30:50.499
脳筋には周囲に被害与えない解体なんて繊細な真似できないぜ

 

13: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:31:42.021
マジレスするとマトモな消火剤がなかったからぶっ壊すのが最速/安定だったんで

 

20: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:32:30.737
>>13
マジレスするとそれ分かってないやついないと思うの

 

17: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:32:02.354
今って延焼しそうでも壊せないの?
糸魚川市の大家事のときはどうだったんだろ

 

古い木造住宅が密集し、細い路地のある場所で火災が発生、徐々に燃え広がっているとします。狭い路地に面しているため消防車は火元に到達できず、さらなる延焼を防ぐために、近隣の延焼家屋が取り壊され、消防の拠点とされるといったケースです。延焼被害を受けた被害家屋では、延焼被害よりもむしろ消防活動による破壊被害のほうが大きかった、といったケースもあるでしょう。

延焼については前段で述べたとおり、火元に重大な過失がない限り、被害世帯は火元からの損害賠償を受けられません。では、消防活動による破壊行為は誰かに補償を求められるのでしょうか。これについては消防法29条に定めがあります。

第29条 消防吏員または消防団員は、消火もしくは延焼の防止または人命の救助のために必要があるときは、火災が発生せんとし、または発生した消防対象物及びこれらのもののある土地を使用し、処分しまたはその使用を制限することができる

2 消防庁もしくは消防署長または消防本部を置かない市町村においては消防団の長は、火勢、気象の状況その他周囲の事情から合理的に判断して延焼防止のためやむを得ないと認めるときは、延焼の虞がある消防対象物及びこれらのもののある土地を使用し、処分しまたはその使用を制限することができる

3 消防庁もしくは消防署長または消防本部を置かない市町村においては消防団の長は、消火もしくは延焼の防止または人命救助のために緊急の必要があるときは、前2項に規定する消防対象物及び土地以外の消防対象物及び土地を使用し、処分しまたはその使用を制限することができる。この場合においては、そのために損害を受けたものからその損失の補償の要求があるときは、時価によりその損失を補償するものとする。

4 前項の規定による補償に要する費用は、当該市町村の負担とする。

消防活動とは、消火を速やかに行うことで延焼被害を食い止め、人命や財産の被害をできる限り少なくすることが目的です。そして、それをまっとうするためには、延焼を防ぐために延焼の恐れのある建物を取り壊すなどの行為も、ときには必要になるでしょう。消防法第29条1項では、その破壊行為自体を適法としているのです。

破壊行為と一口に言っても、第2項の「火勢、気象の状況その他周囲の事情から合理的に判断して延焼防止のためやむを得ないと認める」場合と、第3項の「消火もしくは延焼防止または人命救助のために緊急の必要がある」場合で、市町村による被害宅への補償の有無は異なります。噛み砕いて言うと、その建物自体に延焼被害がより切迫している場合には補償の必要がなく(第2項)、一方でその建物自体に延焼の恐れはないけれど、消防の効率などの理由から破壊される場合には、被害者からの請求により、損失が補償されるとしているのです。

出典:All About

 

最初から最後まで現場で指揮した糸魚川市消防署長 池亀孝雄氏
★強風・猛火に怯まず40時間闘い抜いた隊員・団員を誇りに思う
通報を受け、消防要員全員出動、非番召集を命じ非常態勢で臨んだ。強風とはいえ、昼間の火災で大火にしてしまい無念であり慙愧の念に堪えない。そんな中でも、強風・猛火にも怯まず、わが町を守るため消防隊員・消防団員たちは一部破壊消防も含め全力で闘い抜いた。私は彼らを誇りに思う。
犠牲者が出なかっただけが救いであり、多くの課題が残った。強風は糸魚川だけでないため、各消防署でも警戒待機が必要な中、駆け付けてくれた隣接消防隊・自衛隊の支援には心から感謝したい。
(定年まで3か月という池亀署長、話の最中も無念の涙が頬を伝う。風速20m以上の暴風時火災に対し、絶対的消防力不足を消防戦術で補完することは極めて困難。過去にも「1952年鳥取大火」「1955年新潟大火」「1956年魚津大火」「1976年酒田大火」など、強風大火が起きてきた。古い木密地域はどこにでもあり、強風はどこででも吹く。決して他人事ではなく全国どこでも起き得る災害である。糸魚川大火は、小規模消防本部の消防力(指針)の在り方と、強風大規模火災対策の課題解決を迫っている。
限られた消防戦力で、団員9人が負傷するほどの強風猛火の中、40時間以上も奮戦しつづけた彼らに、私は満腔の敬意を表したい)

出典:糸魚川大火(2016) 現地調査 写真レポート 山村武彦

 

22: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:33:38.947
未だに水ぶっかけて消すしかないとかレベル低いよな
なんかうまい事鎮火できる薬剤撒くとかないの?

 

28: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:35:06.954
>>22
じゃあ科学的に空中にランダムに移動する反応材料をとうにかして移動させたり変化させたりするつよつよな方法考えろや

 

29: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:35:07.177
>>22
消火器は水じゃなくて鎮火剤の粉が出てくるぞ

 

30: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:36:16.495
>>22
サット119の強力版みたいなのあってもいいよね

 

38: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:43:47.973
>>22
人に被害が

 

24: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:34:06.347
火事は江戸の名物だから…

 

25: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:34:46.785
>>24
放火魔たくさんいたのか

 

35: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:39:26.883 ID:Ypo6SfLya
>>25
マジレスするとそう。
しかも江戸初期は北条に仕えた風魔忍者がやってた。
これを逮捕して出世したのが柳生但馬守。一説には服部半蔵(息子)一族が急に没落したのは風魔取り締まりに失敗したからって説もある。

 

48: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:47:42.258
>>35
風魔忍者ってまともな文献あるのか?

 

69: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:05:07.619 ID:Ypo6SfLya
>>48
風魔忍者という集団名は出てこない。というか風魔忍者という言葉は後世の創作。
実際には複数の盗賊団が集団強盗と放火を繰り返していて、
柳生は彼らを仲違いさせてお互いに密告を奨励し、
『北条家に仕えた忍者の生き残りと自称する盗賊の棟梁「風魔小太郎」とその一味を逮捕した』
風魔小太郎の率いた元忍者達だから風魔忍者って事になってるだけ。
ちなみにこの風魔小太郎を密告した人物は(風魔小太郎の部下だったとも対立組織のボスとも言われる)
この手柄で売春婦の統括を任され(つまり幕府公認の売春組織)コイツが開いた丸ごと売春街が吉原なんだよ。

 

72: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:07:47.588
>>69
こんなおもしろいことここで学べると思ってなかったわ

 

78: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:16:43.811

>>69

君、何か著作があったら教えて

読んでみるから

 

89: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:29:36.383 ID:Ypo6SfLya
>>78
以前はよくニュー即でエロ小説書いてたよ

 

26: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:34:55.477
屋根の上で変なの持ってわっしょいわっしょいやってるやつなにしてんの?

 

56: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:54:56.906 ID:Ypo6SfLya
>>26
『纏い』(まとい)
元々は戦場で誰の部隊がドコに居るか示す馬標(うまじるし)が変化した物で、武士出身の火消しには許されなかったが、
江戸の防火対策に熱心だった八代将軍吉宗の時に大岡越前によって町火消しも使用が許された。
同じ組の仲間や他の組に「俺達はココで防火作業中」って合図で『燃えてる建物からコッチ方面に延焼してくる』という目安としての行為だが、
実際はその組の活躍を世間にアピールする意味が強かった。
まあどの組がソコで活動中か一目で丸わかりになるから、団員達はサボれなくなる効果はあったと思われる。

 

61: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:57:52.987

>>56
だから纒を持てる火消しは憧れの的

選ばれしリーダーしか纒を振れないから
纏い持ちはモテモテスーパーヒーロー

 

34: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:39:24.056
酸素つうか周りにいる人殺していいなら二酸化炭素消火器とか色々あるけども

 

39: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:43:56.164
豆知識タァーイム!
木造建築の設計の一つに「火打梁」という梁があるよ!
由来はその梁をぶっ壊せば家が簡単にぶっ潰れるからだよ!
江戸の風情を感じるよね!

 

43: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:45:35.513
>>39
よく出来てるなあ

 

52: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:50:05.455
>>39
かぁっくいい

 

106: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:58:52.118
>>39
ドリフのセットじゃん

 

109: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 16:02:27.536
>>106
マジにそうだよ

 

46: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:45:55.234
今でも森林火災だと
先に焼いておく
が有効な手段だったりするね

 

51: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:49:40.840
>>46
海外の大規模山火事だと
類焼防止に反対から火をつけたりする

 

54: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:52:01.226
窒素を充満させて鎮火させる方法がある
国立図書館の書庫はそれじゃなかったか?
人居たら窒息確定だし密閉できない民家じゃ使えないけど

 

62: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 14:58:10.470
>>54
美術館とかは基本それだね
きちんと人逃がすような仕組みがあったはず

 

74: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:12:19.797
江戸っ子は宵越しの銭は持たないなんて言うが
江戸では火事がよく起きて財産が燃えちゃう事も頻発したので
貯めて燃えちゃう位ならその日のうちに使っちゃえ的な考えが広まっていた事からきてるって説がある

 

76: 名無しの読者さん 2019/07/31(水) 15:14:53.865 ID:Ypo6SfLya
>>74
たぶん真実だよね。なんたってトップの幕府自身が火事で焼けた天守閣の再建を諦めちゃうレベルだったんだから。

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1564550912/

 


本題とは関係ないですが、元スレだと>>17に「壊せない」ってレスが付いて誰も突っ込まず、ネットの書き込みを鵜呑みにするのは怖いなと思いました。

関連記事
京アニ火災で4人の命を救った英雄に賞賛の嵐
幕張メッセのイベント「ジャンプビクトリーカーニバル2019」で火炎放射事件
彡(゜)(゜)「江戸時代の数学?どうせ大したことないやろ」
江戸時代転生僕「ふうん、江戸、ね…」江戸の奴「曲者だ!!」