なんJ公認人気なろう漫画のマサツグ様が10万部突破

1: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:32:16.62

ロリっ子が集まってくる「異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件」漫画版第2巻
http://www.new-akiba.com/news/180111

有池智実さんの漫画「異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件」第2巻が発売された。

初枝れんげさんの小説のコミカライズ。男子高校生の主人公・マサツグが異世界へ召喚されるも、無能と判定されてボロボロの孤児院の経営が課せられる。
マサツグは獣人少女・リュシアと出会う一方、覚醒したチート能力でトラブルを解決していく。ロリ獣人やエルフの裸などちょっとしたお色気も楽しめる。

元エルフの王女・エリンがマサツグの孤児院にやってきた! ドえらいツンデレお姫様の登場で嵐の予感!?

やれやれ面倒なことに……なんて間もなく誘拐事件発生! 本当の厄介ごともなんのその、マサツグ様の力がさく裂する!!

* * * * * * * *

あっ!という間に10万部!!!
『小説家になろう』発 衝撃的話題作のコミカライズ

孤児院を守るためマサツグ様はその智慧と力を振るう――!!!
家族と絆の物語――!!!

 

2: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:32:25.33

3: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:32:37.52
キモイ

 

4: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:32:51.77
主人公に魅力がなさ過ぎて酷いやつ

 

5: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:33:07.59
ヒエッ

 

8: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:33:12.84
圧巻のイジメ描写があるやつけ?

 

11: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:33:29.94
これが日本

 

12: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:33:41.81
なんかマサツグって聞いたことあるなミュージカルの奴か?

 

13: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:33:42.48
マサツグ様って「国家や法律より俺の方が偉いんだ」ってイキり方だから余計に馬鹿っぽいんだよな

 

14: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:34:02.27
マサツグって名前だけ聞いたことはあるけど題名ははじめて知った

 

16: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:34:31.90
でもミヤモトは出ないんやろ?

 

17: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:34:38.48
書籍化に当たっていじめっ子関連のエピソード全削除した無能

 

18: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:34:40.05
「…もう、潮時のようですね」
ぽつりと、そう漏らしたのはエルフの女王エリンだった。エルフ特有の綺麗な瞳には憂色だけが浮かんでいる。
「マサツグ様、これ以上あなたにお仕えすることはできかねます」
「エリン、なにを言ってるんだ…?」
彼女の唐突な申し出に俺は呆気に取られてしまった。するとエリンのとなりに控えていた魔王、ラーラも口を開く。
「わしもじゃ。最近のマサツグ殿の振る舞いは目に余る」
「振る舞い、だと?」
一体こいつらはなにを言ってるんだ。俺の振る舞い? なにか悪いことをしたか? いや、していないはずだ。なのに、どうして。
混乱する俺に構わず、彼女たちは話し続ける。今度は精霊の神、シーだ。
「いくら元いた世界でいじめられていたとしても~、それだけの理由で彼らを殺してしまうのはやりすぎよ~」
嗜めるような声を聞いた瞬間、俺の中で何かが弾けた。
「お前に、何がわかる!」
突然叫んだ俺にシーたちは身を竦める。それを見てわずかに心が痛んだが、しかしもう止まらなかった。
「あのクズどもにいじめられていた俺の気持ちがお前にわかるのか! 毎日毎日毎日毎日毎日からかわれて殴られて馬鹿にされて…ここでようやく力を得たんだ。復讐に使って何が悪い!」
息荒く喋り終えて、ふと気づく。エリンやラーラ、シーが俺を見る冷めた視線。それは、元いた世界で俺がミヤモトたちから向けられていた視線と同じものだった。
その時、視界の隅にある少女の姿が目にはいる。
「り、リュシア…」
救いを求めるように、俺は彼女へ手を伸ばす。しかし、
「…すみません、ご主人様」
リュシアは俺の手から逃れるように一歩下がった。まるで、汚物をみるかのような目で俺を見ながら。ぴしり、と俺の中で何かが砕けた音がした。
「なん、で…! なんでだ! お前ら全員俺が救ってやったじゃねえか! 俺がいなけりゃなにもできなかったくせに、それなのに!この俺を捨てるのか! この無能ども!」
「ご主人様は…変わってしまいました」
悲しげに呟くリュシア。しかし、意味がわからない。俺が変わった? そんなわけない。俺は昔から変わらない。そのはずだ。そのはずなのに。
「そこまでだ」
半ば無意識でリュシアへ歩み寄ろうとした俺の前に、突如一人の男が躍り出る。それは、そいつは、俺が何よりも思い出したくない存在だった。
「…ミヤモト?」
「久しぶりだな、マサツグ…」
俺を見下ろし、ミヤモトは悲しそうに笑った。

 

32: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:37:02.66
>>18
これは売れるわ

 

96: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:46:51.16
>>18
これなら買ってたんだよなあ

 

28: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:36:06.90
こういうのってもうネタが尽きたと思っていたけど次から次とまぁ

 

34: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:37:04.65
絵師SR引いてて草
運は凄いな

 

35: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:37:20.92
相変わらずラノベはタイトルだけで読む気を削がれるな

 

42: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:39:02.03
包囲殲滅陣とこれはなんJ高認

 

43: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:39:17.08
書籍版ってミヤモトが出ないゴミって聞いてたけど

 

46: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:39:38.84
女の心理描写は稚拙なのにいじめの描写だけやたらリアル感あるって言ってたやつか

 

52: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:40:19.13
てか漫画とかやってたんや
黙れドン太郎はしょっちゅう見るんやけど

 

57: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:41:08.28
>>52
舞台もやったらしいで

 

64: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:41:52.83

マサツグ様は

孤児院の女と子作りした上でその産まれた子供を孤児院の一員にするよく分からない人なんだよなぁ・・・

 

79: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:43:56.29
>>64
自分の子供と孤児を分け隔てなく同等にあつかう仏の精神や

 

73: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:42:58.36
マサツグ様はモテるけどそれに気づかない鈍い俺みたいなのが気持ち悪すぎる
あといちいち出てくる俺に好意を持つのはまだ世間を知らないから~みたいなのも気持ち悪い

 

84: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:44:08.57
作者が途中で更新辞めたのはリアルミヤモトに見つかって〆られたからっていう憶測も含んだ人気やったのに書籍版じゃミヤモト自体抹消する謎采配

 

92: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:45:27.87
なんかこういうのを見ていると悪名は無名に勝るって言葉を思い出すな
マサツグ様で10万部を突破するとか驚くわ

 

95: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:46:28.97
>>92
知らんもんは知りようがないからな

 

110: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:49:47.34
孤児に男はおらんのか?

 

48: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:39:53.13
他にもなろうなんて大量に転がっとるのになんでこの作品だけなんJ民のおもちゃになっとるんや?
作者がいじめられっ子って想像つきやすいからか?

 

66: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:42:01.42
>>48
いじめの描写のリアリティ凄いから
いじめエアプには想像出来ないレベルやで

 

78: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:43:45.17
>>66
それ悲しすぎひん?
いじめの手口とか無視とかそれぐらいしか思いつかんわ

 

85: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:44:15.04
>>78
復讐の手段も豊富やぞ

 

86: 名無しの読者さん 2019/07/23(火) 14:44:38.81
>>78
天才かいじめてたかいじめられてたかのどれかや

 

出典:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1563859936/

 


>>86
天才なんだよなあ

参考:マサツグ様の作者さん、Twitterでは常識人だった

関連記事
『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』がひどいと聞いたので
なろう小説の魅力を具体的に解説した文章がこちら
舞台化されたマサツグ様の評価・感想まとめ