芥川賞候補作『百の夜は跳ねて』の「参考文献」をめぐる騒動まとめ

①古市憲寿さんの『百の夜は跳ねて』の選評が話題に

 

 

芥川賞選評が凄いことになっている。
候補作のひとつ古市憲寿「百の夜は跳ねて」について、である。
(おっと、そのまえに、第161回上半期芥川賞受賞作は、今村夏子「むらさきのスカートの女」である。傑作だ)

「文藝春秋2019年9月号」

古市憲寿は、2011年に新書『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』でデビュー。
『絶望の国の幸福な若者たち』『保育園義務教育化』『誰の味方でもありません』などの著作がある。
コメンテーターとして、数々のテレビ番組に出演。
その語り口は、「暴言すぎる!」とか「生意気だ」などと中高年から評されるが、ただ空気を読まずストレートに考えを述べてるだけだろう。
「家ではチョコしか食べない」と、めちゃくちゃ甘いもの好きである。

2018年、「平成くん、さようなら」で第160回芥川龍之介賞候補。
さらに、今回、「百の夜は跳ねて」で第161回芥川龍之介賞候補になる。

古市憲寿「百の夜は跳ねて」には、参考文献が明記されている。
『文學界2012年10月号』に掲載の木村友祐「天空の絵描きたち」が、参考文献のひとつとして挙げられているのだ。
山田詠美は選評でこう書く。
“小説の参考文献に、古典でもない小説作品とは、これいかに。そういうのってありな訳? と思ったので、その木村友祐「天空の絵描きたち」を読んでみた。”
「天空の絵描きたち」は、候補作よりはるかにおもしろかったそうで、「どうなってんの?」と驚き、こう続ける。
“いや、しかし、だからといって、候補作が真似や剽窃に当たる訳ではない。もちろん、オマージュでもない。ここにあるのは、もっと、ずっとずっと巧妙な、何か。それについて考えると哀しくなって来る。”
うわーんと婉曲的に辛辣なディスである。

吉田修一はこう書く。
“本作に対して盗作とはまた別種のいやらしさを感じた。ぜひ読み比べてほしいのだが、あいにく『天空の…』の方は書籍化さえされておらず入手困難であり、まさにこの辺りに本作が持っているいやらしさがあるように思う。”

堀江敏幸は、高層ビルの窓ガラスを清掃をする人を描いた小説であることを踏まえて、こう書く。
“参考文献にあげられた他者の小説の、最も重要な部分をかっぱいでも、ガラスは濁るだけではないか。”

川上弘美、やわからな文体でありながら苛辣だ。
“結論から言います。わたしは悲しかった。木村友祐さんの声が、そのまま「百の夜は跳ねて」の中に、消化されず、ひどく生のまま、響いていると、強く感じてしまったからです。小説家が、いや、小説に限らず何かを創り出す人びとが、自分の、自分だけの声を生み出すということが、どんなに苦しく、またこよなく楽しいことなのか、古市さんにはわかっていないのではないか。だからこんなにも安易に、木村さんの声を「参考」にしてしまったのではないか。”

こういった選評がネットで拡散され、さらに古市憲寿自身の毒舌炎上キャラとしてのパブリックイメージもあって、まあ、ネットではひどい言われようである。
というか、選考委員ですら、“差別的な価値観の主人公を小説で書いてもいいのだが、作者もまた同じような価値観なのではないかと思えるふしもあり、作家としては致命的ではないだろうか。”(吉田修一)と、作品ではなく作者本人をディスる選評もあるのだ。

だが、小川洋子、高橋のぶ子、島田雅彦、宮本輝は、参考文献の件には触れていない。
さらに、奥泉光は、この件について好意的ですらあるのだ。
“今回自分が一番推したのは、古市憲寿氏の「百の夜は跳ねて」”だと記したあと、参考文献の件についてこう書く。
“参考文献の利用の仕方を含め、小説作法がやや安易ではないかといった意見には頷かされるものもあったけれど、外にあるさまざまな言葉をコラージュして小説を作る方向を、小説とは元来そういうものであると考える自分は肯定的に捉えた”。
ここでは、“外にあるさまざまな言葉をコラージュ”するという小説観が提示され、“肯定的に捉えた”とまで書いているのだ。
“自分だけの声”という川上弘美の小説観と対比して、「自分だけの声 VS 外の言葉コラージュ」というバトルに単純化したい衝動に駆られるが、そんなことすると怒られそうだ。

小説とは何か。参考文献とは何か。二次創作とは何か。オマージュとは何か。パクリとは何か。
そういった問題につながる興味深い案件になっている。
にもかかわらず(『百の夜は跳ねて』は書籍化されていて手軽に読めるのだが)「天空の絵描きたち」は書籍化されていない。すぐさま書籍化してほしい。

出典:古市憲寿「百の夜は跳ねて」芥川賞選評が辛辣で驚いた。米光一成の表現道場 | ニコニコニュース

 

10日発売の『文藝春秋』に芥川賞の選評が載っていて、二回連続で落選した古市さんがいろいろ言われている。
候補作は単行本で出版されているが、まだ読んでない。だが、高学歴なのにビルの窓の清掃員をやってる主人公の話で、参考文献が詳細にあげられているらしいことは、なぜか知っている。
参考文献については、前回だったか、候補作の剽窃問題があって、その辺の対策らしいと噂されていた。
で、選評である。
まず山田詠美はこう書く。“(参考文献の)木村友祐作「天空の絵描きたち」を読んでみた。
そして、びっくり! 極めてシンプルで、奇をてらわない正攻法。候補作よりはるかにおもしろい”
“候補作が真似や剽窃に当たる訳ではない。もちろん、オマージュでもない。ここにあるのは、もっとずっと巧妙な、何か。それについて考えると哀しくなって来る”

続いて川上弘美。“結論からいいます。わたしは悲しかった。木村友祐さんの声がそのまま「百の夜は跳ねて」の中に、消化されず、ひどく生のまま、響いていると、強く感じてしまったからです”
“古市さんのおこなったことは、ものを創り出そうとする者としての矜持にかける行為であると、わたしは思います”

吉田修一。“本作に対して、盗作とはまた別種のいやらしさを感じた”
“あいにく『天空の…』の方は書籍化さえされておらず入手困難であり、まさにこの辺りに本作が持ついやらしさがあるように思う。”

堀江敏幸。“他者の小説の、最も重要な部分をかっぱいでも、ガラスは濁るだけではないか”(原文では「かっぱいでも」に傍点あり)

要するに、古市さん、文芸誌に掲載されたが出版されていない佳作を探してきて、うまいこと翻案して小説書いたようである。
いや、具体的にどの程度の参考具合なのは確かめてないので、なんとも言えないが、当代きっての作家先生方が、かなり憤っておられるようなので、相当なものなんだろう。
是非比較して見たいところだが、「参考文献」の方は、『文学界』2012年10月号、だそうなので、確かめるには、図書館でバックナンバーを出してもらうしかなさそう。
にしても、古市さん、お忙しそうなのに、純文学の文芸誌まで必死にあさって「参考文献」集める努力は大したもんだが。
まあ「情報集め」は嫌いじゃなさそうだしな。
まさかとは思うが、担当編集者がうまいこと見繕って選んだのを古市さんに読ませてるとか、そういうことじゃないよね?

出典:【追記あり】古市憲寿さんが芥川賞選考委員にいろいろ言われちゃってる件

 

②『天空の絵描きたち』の木村友祐さんが憶測に反論

古市氏の「百の夜は跳ねて」は参考文献の利用方法をめぐって、選考委員から辛辣な選評が寄せられ議論となっている。12日には匿名ブログで「要するに、古市さん、文芸誌に掲載されたが出版されていない佳作(編注:「天空の絵描きたち」)を探してきて、うまいこと翻案して小説書いたようである」と古市氏に対する批判的な憶測があがったが、木村氏は同日ツイッターで

と古市氏の小説執筆の経緯を明かしながら、憶測を否定。さらに次のように続けた。

この一連の投稿を13日に取り上げたスポニチアネックスは「古市氏小説への批判に 参考文献作家が反論『違和感はありませんでした』」の見出しで報道し、「(木村氏が)選考委員の一部から批判が出ていることに反論した」としていた。だが同記事について木村氏は、

と、上記一連の投稿が選評に対するものではなく、あくまで「誤解や憶測」に向けたものだったことを示した。

その上で木村氏は、芥川賞選考委員からの古市氏に対する批判について、

との見解を示している。

出典:J-CASTテレビウォッチ

 

③木村友祐さんのツイート後の反応

【追記】
えらくブクマついてる。文藝春秋なんて読んでないけど、中身は気になるって人は多いのかなあ、と思ったり。
「参考文献」の著者、木村友祐さんがtwitterで発言されておられるので、追記しておく。
本件、「古市さんが窓拭きに興味をもち、取材依頼があり、応じました。窓拭きの達人を紹介しました。古市さんはその取材をもとに書いてます。」そうだ。
選評からの推測で「翻案」などと評したのは、勇み足だった。
お詫びしたい。
なお、「窓拭きの細部以外は、ぼくの作品と古市さんの作品は別のものです。そしてぼくは、〝知名度がないゆえに作品を利用されたかわいそうな小説家〟ではありません」とのこと。
にしても、選考委員の先生方は、どの程度経緯をご存じの上で選評を書かれたのかは分からないけれど、えらく憤っておられるようで、なにがそんなに山田、川上、吉田各氏に火を着けたのか、検証してみたくはある。
二冊並べて売ったら、「出版ビジネス」としては面白いと思うけど、難しいのだろうか。

出典:【追記あり】古市憲寿さんが芥川賞選考委員にいろいろ言われちゃってる件

 

 

 


なお、古市憲寿さんのアカウントで本件に関するツイートは出ていませんでした。

関連記事
書籍化なろう小説『私、勘違いされてるっ!?』、Amazonで不正を指摘されまくる
アルファポリスでなろうの丸パクリ作品が発見される
パクリ疑惑を受けて「社会に問う」、講談社が芥川賞候補作を全文無料公開