小説家ってまっさきにAIに仕事奪われる商売だよな?

1: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:18:53
AIになろう小説書かせたらめっちゃウケそう
テンプレだけで構成されてるし

3: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:24:37
いうてまだ糖質みたいな文章や

 

4: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:27:36
>>3
ふつうにもう新人賞の1次選考通ったりしてるで

 

5: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:30:00
>>4
マジで?ソースハラデイ!

 

8: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:38:36

>>5
AI小説家が星新一賞選考を通過
https://logmi.jp/business/articles/273763

他にもいっぱい記事になってる

 

9: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:39:22
>>8
はえーすっごい
サンガツ

 

7: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:32:56
>>4
マジか

 

35: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:52:08
>>4
1次選考は小説の体裁整えて読める程度になってるかバイトが判断できる範囲でやってるだけだろう
まあその程度でもできてるのはAIの進歩かもしれんけど

 

6: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:32:24
文章の自動化は農業や自動運転よりまだまだ先だとおもうで
難易度が桁違いや

 

10: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:39:45
小説が代わられるようになったらシナリオライター系は全滅しそうやな

 

11: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:41:23
AIはAIなりの個性を持った小説を書くんやないの?

 

12: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:44:34
さっさとAIに全部任せて我々人類は墓の中でゆっくりするべきやろ

 

13: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:45:08
AIって給料払ってくれる?

 

14: 名無しの読者さん 19/09/07(土)04:46:44
読んだけどこれAI自身は文章を理解してないやんけ
学習に使った文章をあべこべに入れ替えただけや
文章を理解して物語をつくれるようになるんはまだまだ先のようやな

 

15: 名無しの読者さん 19/09/07(土)06:43:51
小説がかけるようになったらほんとうAIが人間に成り変わったってことだよね、てだけの話やんけw

 

17: 名無しの読者さん 19/09/07(土)06:49:56
言語や感覚感情の理解ってAIが一番苦手な分野なんやろ?
それが完全に出来る頃には他に出来ないことはもうほぼ無くなってるんやろな

 

18: 名無しの読者さん 19/09/07(土)06:51:59
それは「文章」であって「物語」ではないで
AIはどれだけ発達しても既存の情報の組み立てしかできんからな
奴らは1を100にするのは得意やが0から1を生み出すことは絶対にできん
絶対や。「でも進化したら~」とか思うかもしれんが性質上絶対に不可能なんや

 

19: 名無しの読者さん 19/09/07(土)06:54:15
でも大衆が求めるのってだいたい1を10程度にしたものか既にある10を薄めたようなのだからね
0から生まれたものの価値を見出だせるのはごく一部

 

22: 名無しの読者さん 19/09/07(土)06:58:30
AIは人間として生活したことがないんだから芸術分野で人間にとって代わることは絶対無い
何も伝えたいことがない作品は響かないよ

 

24: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:00:19
芸術は創作者の意思ありきで存在するものなんに自我無いモンに作らせてどないするねん

 

26: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:03:25
Aiがミュージカルみたいなのはもう書いてるらしいね
展開が決まってるミステリーなんかも書きやすいんだろうな
最後までAIが書けないジャンルってエッセイだと思うわ

 

27: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:05:27
仮にAIが小説書けたとしてもっと他のことさせるやろ
税務申告とかそういう面倒くさいテンプレ作業

 

28: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:07:34
>>27
ほんこれ
結局AIをどう運用するか決めるのは人間やし
仮にそんな超高性能AIが作れたとして奪わせるわけないやろ
メリットが欠片もないわ

 

30: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:18:11
>>28
でも売れるポップソングとかアニメってだいたい構成に法則性があるやん
AIはそういうの得意やろ
あくまで「売れる」って話

 

32: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:21:27
>>30
いやだからそもそもやらんて
その程度人間でもできるし
そしてAIを運用・保守し続けるコストのこと忘れとるやろ君
コスパ最悪なんですけど

 

33: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:27:43
コストは時間の問題だと思うけどね

 

34: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:44:43
人間を養うのにもコストがかかるからな

 

31: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:20:36
AIとはちょっと違うけどランダムに起承転結の要素を配置して
それに合わせて小説書くのはあったな

 

36: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:52:45
心が無い以上緻密な心理描写とか情景描写は無理やろ

 

37: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:57:17
>>36
そこらへんを過去の諸作品からパクって上手く整形するのがAIの執筆や

 

38: 名無しの読者さん 19/09/07(土)07:58:41
>>37
整合性取れなくならんのか?

 

39: 名無しの読者さん 19/09/07(土)08:38:41
>>38
せやからそこの整合性をとるのがAIの仕事や
「こういう状況でこの話の流れならこういう感情表現をするのがいい」と学習した結果をアウトプットするわけよ

 

40: 名無しの読者さん 19/09/07(土)08:42:00
愛を知らないAIに恋愛小説書かせるために、研究者がAIをさえない男に預けて云々かんぬんってのもう日本のラノベか漫画にありそう

 

42: 名無しの読者さん 19/09/07(土)08:44:37
>>40
愛を知らない美少女がラブレターの代筆業について仕事しながら愛を知るアニメはもうある

 

41: 名無しの読者さん 19/09/07(土)08:42:15
新しいものは生み出せないけど、既存のものからそれっぽいのは作れるだろうね
完全に奪われることはないと思うけど

 

44: 名無しの読者さん 19/09/07(土)08:46:16
>>41
逆に言えば9割の小説家は駆逐される

 

45: 名無しの読者さん 19/09/07(土)08:47:41
AIに小説書かせるメリットって何かあるか?
コスパ悪いやろ

 

47: 名無しの読者さん 19/09/07(土)08:50:43
>>45
AIが小説つくらんでも、すでに出版業界衰退してるし
そもそもAI小説家にも需要ない説あると思います

 

出典:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1567797533/

 


なろうのランカーの中にすでにAIがいたりして……(SF的発想)

関連記事
なろう作者さん「ふむ。では、AIに小説を書かせてみよう」
SF作家とSFマガジン元編集長が対談「AIが書いた小説は面白いのか?」
なろう主人公「合鴨農法は割に合わない? ふむ、ロボット化するのはどうだろうか」