なろう系小説書きの俺は本当は純文っぽいものが書きたかった

1: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:25:18.250 ID:5mc+W99J0
しかし俺の中に文学がなかった

2: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:26:08.758
じゃあサラリーマンやれよ大人しく
駄文を世に残すな

 

3: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:27:17.914
何読んだことある?
作家は誰が好き?

 

5: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:28:35.331 ID:5mc+W99J0
>>3
純文系ではってこと?

 

6: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:29:58.619
>>5
うん

 

7: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:31:58.860 ID:5mc+W99J0
>>5
作家はこれと言っていないけど風味絶佳とぽろぽろってやつが面白かった記憶

 

4: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:27:28.106 ID:5mc+W99J0
いや純文っぽい物書けても俺の場合駄文は駄文だと思うが

 

8: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:32:48.887
なお実際は書いてチヤホヤされる妄想どまりでなにも書けていない模様

 

10: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:35:09.523 ID:5mc+W99J0
>>8
書いてないならその方がマシだったかもな……

 

11: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:36:45.236
黙々と書いて自分の痛みと向き合うしかないジャンル

 

13: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:38:05.937 ID:5mc+W99J0
>>11
そっからしてもう俺に向いてないんだよな
気づくまでが意外と長かった

 

12: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:37:51.954
社会に対する自己疎外感を村上龍の文体で書けば純文学になるぞ
ただしもうそういうのは流行らないが
現実の方が既に村上龍の世界を超えてるからな、一人称で自己疎外感を並べる暇なく即座に外界に反応してしまうのが今という時代!

 

15: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:40:44.946 ID:5mc+W99J0
>>12
流行る流行らないを別にして自分の中の淀みを正確に小説にできる能力は欲しかった
というのは別にして、「一人称で自己疎外感を並べる暇なく即座に外界に反応してしまう」ってどういうこと?

 

9: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:33:55.831 ID:5mc+W99J0
もっとこう生きにくさとか心のもやもやを文章として形にできる奴になりたかった

 

22: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 23:12:44.323

>>9
日々思った事をメモるといいぞ
怒りでもどうでもいいことでも
人間は忘れるから。
創作の小ネタでも
おれは小説書いてないけど

言語化はまずは書き出してから始まると思う、そんな感じのこと戦闘妖精雪風でも言ってたろ(違う)

 

16: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:47:02.181

てか痛みを書くのほんとツラいから書いてる途中でポシャるか逃げちゃうよね
俺身内が死んだとき自分気付かぬままそれ題材にしてて、1文書くのに丸一日とか掛けて2年書いたけど結局形にできんかったわ

10年後、あれはトラウマを自己セラピーしてたんだなと気づいて、気楽になろうで書き直してみたんだけど、結局話としては大きく歪んでしまったw完結までは書けたけど

 

17: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:50:22.275 ID:5mc+W99J0
>>16
俺の場合怒りとか苛立ちだからできれば進んで吐き出したいんだけどな
でも結局形にはできない
昔「世界に一つだけの花」批判みたいな話書いたけどあれは拙かった

 

18: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:53:11.307
>>17
結局自分の感情揺さぶるものほど書きにくいんだよなコントロールしにくいから

 

19: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 22:56:18.199 ID:5mc+W99J0
>>18
何しろ感情だから理性が働きにくいよね
あと自分に近すぎてうまく見えない分析しにくいとかもある
俺はなにかに苛立ってるっぽいけど何に苛立ってるんだろうみたいな

 

20: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 23:01:55.744
>>19
苛立ってる物の正体を看破して書くか、苛立ちそのものを紙面に叩きつけるしかないんだろうねぇ
後者は詩みたいのに合うんだろうけど小説にするのは難しそうね

 

21: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 23:07:18.545 ID:5mc+W99J0

>>20
詩かあ
それも面白そうではあるな

いや、話聞いてくれてありがとうな
なんか分からんけどちょっと気が楽になった

 

23: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 23:12:48.329
>>21
たまには吐き出すのも大事やなw
ほなw

 

25: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 23:16:48.136 ID:5mc+W99J0

>>22
簡単な日記は最近再開したわ
雪風とか懐かしい
言語概念?の話だったな

>>23
おう

 

27: 名無しの読者さん 2019/08/07(水) 23:20:06.113
>>25
もう忘れてしまった そろそろ読み直してえ
日記いいね 小説書きたくなるな

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1565184318/


諦めるのはまだ早いかもしれませんぞ。

関連記事
なろうの文豪「最近のなろうは純文学よりも上のレベルだよ」
『響~小説家になる方法~』って漫画を読んで、純文学が読みたくなった
純文学って結局何なの?