太宰治という文豪の映画なのにキャッチコピーの語彙力がゼロ

 

 

 

 

 


「死ぬほどの語彙。やばすぎる頭。」

関連記事
好きな太宰治の小説
『響~小説家になる方法~』って漫画を読んで、純文学が読みたくなった
太宰治さん、意外過ぎるシーンに登場する
【悲報】ハウス食品さん、語彙力が消失してしまう

文学

Posted by yomisoku