中世ヨーロッパに関する素朴な疑問質問に答えるよ

1: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:05:23.544 ID:bacQD0nY0
知らないことは答えられないけど

2: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:06:13.338
中世ヨーロッパの定義とは?
あまりにも広大で統一性無いよね

 

5: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:09:58.259 ID:bacQD0nY0
>>2
せやな
厳密な定義など決められるはずもないが
よく言われるのは西ローマ帝国滅亡から東ローマ帝国滅亡までとかだね
しかし所詮時代区分とは切れ目など存在しない現実の移り変わりを
抽象的にわかりやすくするために考え出されたものなので
分類のための分類ではなくよりよい理解のための分類と考えたほうが生産的なのである

 

3: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:07:13.369
例えばハンガリー
オスマン帝国が支配したけどアレはヨーロッパなの?違うの?

 

6: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:11:28.536
1ポンドは現在の貨幣価値で何円だった?

 

7: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:12:42.169 ID:bacQD0nY0
>>3
オスマン帝国はヨーロッパ(地理的概念)の一部にまで領土を持ったと考えるのが良いんじゃないかな
>>6
すまん、わからん

 

8: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:13:22.555
百年戦争のクレシーの戦いとかポワティエの戦いでイギリスの長弓隊がフランスの重装騎兵隊に大損害与えてるけど装備厚くしても弓には弱いのかね

 

9: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:15:04.660 ID:bacQD0nY0
>>8
装備厚くしたといっても当時はまだ全身を板金で覆っていたわけではないし馬鎧もほぼないからなぁ

 

11: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:22:37.100
>>8
貫通射殺目的じゃなくて馬なり人なりをビビらせて
馬から落として身動き出来なくなったとこを鎧の隙間に短剣刺す戦法

 

12: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:22:56.766 ID:bacQD0nY0
クレシーの戦いはもちろんロングボウが大きな役割を果たしたことに違いはないんだけど
それだけで勝ったわけではなくて突撃を防ぐための杭を地面に打ち込んだり
矢の雨をくぐり抜けてきた相手を迎え撃つために精強な歩兵がばっちりスタンバってたりと
まぁ対策に対策を重ねて勝ったという感じ

 

13: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:23:14.289
ps4で最近出たあのゲームやった?

 

15: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:24:46.476 ID:bacQD0nY0
>>13
どのゲームかわからんけどPS4持ってないからやってない

 

16: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:27:26.739
一番ひどい処刑方法は何だった?

 

17: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:30:39.027 ID:bacQD0nY0
>>16
何をもって一番とするか決めがたいけどたとえばこんなんとかが一番重い処刑法
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E5%90%8A%E3%82%8A%E3%83%BB%E5%86%85%E8%87%93%E6%8A%89%E3%82%8A%E3%83%BB%E5%9B%9B%E3%81%A4%E8%A3%82%E3%81%8D%E3%81%AE%E5%88%91
18: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:32:01.391
中世の農民の娯楽はなんだったの?

 

19: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:32:57.999
でもそれじゃ途中で死ぬだろ?
死ぬまでに一番時間が掛かる処刑法は何なんだ

 

20: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:33:03.987
AOE2の世界か

 

21: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:34:29.765
>>17
ウィリアムウォレスがやられたやつか

 

23: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:39:38.307 ID:bacQD0nY0
>>18
地域によっていろいろあっただろうし、もっといえば中世っていうか近代以前にかなり共通しそうなことだけど
よそ者や古老の話を聞く、酒を飲む、祭り、スポーツみたいな運動とかそんなんは有りがちなはず
>>19
わからん
なんだろうなぁ
>>20
あれって中世といいながら結構時代がバラバラよね(仕方ないけど)
>>21
ブレイブハートおもろいね

 

22: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:39:38.230
アスニー生きとったんかワレ
お前に薦められた本おもろかったよ
何年前だあれ

 

24: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:40:09.939 ID:bacQD0nY0
>>22
生き返った
何の本かわからんけどそりゃ良かった

 

25: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:40:11.861
テンプル騎士団とノーマル騎士団の違いは?

 

28: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:46:25.815 ID:bacQD0nY0

>>25
ノーマル騎士団といえそうなものが果たして実際の中世にどの程度あったのか少し疑問だけど
テンプル騎士団は騎士修道会であるという点が普通の(?)騎士団との大きな違い

修道会はローマ教皇の傘下の組織で、属する騎士はキリスト教のために戦うという修道誓願を立てている
つまりテンプル騎士は騎士だけど世俗の者ではなく、お坊さん(修道士)でもあるのだ

 

26: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:41:46.245
最近グラディエーターって映画みたんだけどコモドゥス?とかいう皇帝はかなり変わり者だったん?

 

27: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:46:08.807
なろう世界が中世ヨーロッパ風とされることについてどう思う?

 

29: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:48:22.221
なんでスレ立てた?

 

30: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:50:25.687 ID:bacQD0nY0
>>26
皇帝のくせに剣闘士として戦ったりしてたとかいうね
暴君って言われてるしまあ極端な性格だったのには違いないんじゃない
>>27
中世ヨーロッパ風というより西洋ハイファンタジー風とでも言ったほうが実態に近い気はする
しかし「そんなん中世じゃねぇ!」って正直突っ込む方も往々にして別種のステレオタイプを引きずりすぎではと思う
>>29
なんでだろう

 

33: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:55:48.119
>>30
なるほど
映画の中でも剣闘してたわ
その映画ではキリスト教の描写がほとんど見られなかったんだけどまだ国教みたいなもんにはなってなかったんかな?
もっとだいぶ後なんだろうか

 

31: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:50:58.330
中世ヨーロッパの有名な解明されてない謎とかあったら教えてくれ

 

32: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 02:53:38.316
中世ヨーロッパに出てくるキャラが使いそうな貴族口調、騎士口調みたいなのを身に付けたい場合何かオススメあります?
(貴殿が~みたいな)

 

34: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:02:22.470 ID:bacQD0nY0
>>31
なんだろうな
いろいろ未詳のことは多いけど
パッと思いついたのは、ロシア(ルーシ)の歴史上国家と呼べそうなものを初めて創ったのは
スラヴ人(ロシア人)なのかそれとも北欧から来たゲルマン人(ヴァイキング/ヴァリャーグ)なのかという論争がある
>>32
結局古めかしい/硬い日本語ってことだろうし
明治~昭和あたりの古めの小説とか時代小説とかを参考にして魔改造するといいんじゃないかなと思った
>>33
100年以上先の話やね
キリスト教は少しずつ広まりつつあったけどまだ胡散臭い宗教という認識がメジャーな時代だったと思う

 

35: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:04:28.426
>>34
なるほど
お前やっぱすげーわさんきゅー

 

36: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:12:04.799
中世のキリスト教社会は科学技術の発展の阻害要因になったのだろうか

 

37: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:18:54.531 ID:bacQD0nY0
>>36
どうだろうね
阻害した面もあれば発展を促した面もあると思う
少なくともキリスト教の教会がなければ文字も学べず本も読めない、学問なんてどこでするの?って期間が大半なのが中世
キリスト教(と教会)がなければラテン語は伝存していたか怪しい
中世盛期に大学が誕生するまでは教会や修道院が唯一の教育機関であり、大学が出来てからも教師の半分は坊主

 

38: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:20:54.646
ファンタジーでは必ずといっていいほど宗教が影響力持ってるけどやっぱ生活からは切り離せないもんなのかね?貴族からしたら目障りに感じそうだが

 

39: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:27:27.376 ID:bacQD0nY0

切り離せないね
中世の教会は俗世間に対する支配権力を持ってる政治的勢力でもあったから
もう一方の政治勢力である世俗貴族からすると競合相手で時に目障りにはなる

しかしそれはそれとして貴族も宗教をガッツリ信じてるしもちろん民衆も信じてる
宗教(教会)に敵対するなんて悪魔の所業だし、文字通り世界から袋叩きにされておかしくない(ちなみに実際に敵対してるのがイスラームの国々であり、多神教の国々)
なので坊主が目障りであって「宗教(教会)を潰しちゃる!」とはならなくて「俺のシンパの坊主を教会の偉い地位に据えたる!」みたいな発想になる

 

40: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:36:32.632
>>39
教会にはどんな権力があったの?
モラル的なもんじゃなく税金とったり警察みたいなこともあったん?

 

41: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:42:23.814 ID:bacQD0nY0
>>40
その通り
領地を持って税を集め裁判を開き時には戦争もやる
世襲じゃないってだけであとは普通の領主と何ら変わらん
おまけにそいつらは王様の家来ではあるが、同時にローマ教皇の家来でもある
そんなのが国中に存在してることからも、いかに中世の「国家」というものが現代(人の考える)のそれと異質かわかるというもの

 

43: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:46:38.658
>>41
ガチ権力じゃねーかw
同時に教皇の家来ってのがまたややこしいな
戦争するときは傭兵雇うの?
それとも日本の僧兵みたいな常備軍的なもんがメインなのかな

 

42: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:45:36.158 ID:bacQD0nY0
だから地方の大きな教会の主を誰が任命するのかというのはとても重要で
権力者はなるべく自分の息がかかった坊さんをポストに据えたいに決まってる
こうして聖職者の任命権を巡って神聖ローマ皇帝とローマ教皇が争ったのが叙任権闘争
カノッサの屈辱で有名なやつ

 

44: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:49:31.755
>>42
はぁはぁ
そりゃ皇帝と教皇で揉めるわな
世俗的な権力は皇帝にあって教皇は精神的な権威だけかと思ったらそうでもないんだな
入り乱れてる感じだ

 

46: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 03:54:50.442 ID:bacQD0nY0
>>43
常備軍的なものはほとんどないね
傭兵や通常の封建軍で領内の騎士や民兵を動員してたはず
騎士修道会とかの話を上でしたけど、あれは常備軍的な性格を持ってるけどやっぱり同じキリスト教徒とやり合うのはNGだったみたい
>>44
教皇自身も教皇領といって中部イタリアに広大な領土を持ってるしね
フランスなんかで国内から教会の世俗権力が排除されていって
権力の二元体制が解消されるの中世という時代の終わりと言える
それでも教皇領や神聖ローマ帝国の大司教領なんかは以前として世俗権力のまま、というかそれ自体が独立国家化していくのだけど

 

48: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 04:04:36.823
>>46
なるほど
傭兵雇えるってことはそこそこ金あるなぁ
ちなみにフランスでそういう運動があったのはどんな方がメインで始まったの?

 

49: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 04:11:54.076 ID:bacQD0nY0
>>48
有名なのはフィリップ4世
教皇の直轄組織であるテンプル騎士団を根絶やしにしたり、国内の教会を自分の権力下に置こうとしたり
そして喧嘩した教皇を誘拐して後任者の教皇を言いなりにさせることに成功した
フランス王>>教皇であることが明らかになったのは時代の画期だった
でもそのフランスもフィリップ4世の跡継ぎがすぐ死んだせいで百年戦争が勃発して苦難の歩みに

 

50: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 04:17:14.294
>>49
なるほど詳しくありがと
興味わいたから手がかりにフィリップ4世あたりからググってみるわ
しかしどギツイことやったなそいつw

 

54: 名無しの読者さん 2019/09/14(土) 04:36:02.069
また気が向いたらスレ立てろや
ペダンチックにならないとこがお前すごいわ

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1568394323/

 


何でもは知らないイッチさんかっこいい

関連記事
冒険者って日雇い労働者みたいなもんなのに、なろう小説だと正騎士団より強いよね
なろう風異世界「ナーロッパ」の魅力と言えば
なろう系のこの部分は中世ヨーロッパではありえない事ですが?