海外作家の本って翻訳がどうのって言うけど、訳す人によってそんなに違うもん?

119: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 09:10:44.49
海外作家の本って翻訳がどうのって言うけど、訳す人によってそんなに違うもん?
いつも買う時悩む

120: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 09:16:08.18
>>119
最近の作品ならそんなに読みづらい作品は無いと思う
昔に翻訳されたやつとかだと誤訳とか直訳が多くて読みにくい印象がある

 

137: 名無しの読者さん 2019/07/18(木) 03:06:01.08

>>119
たまたま手にとったシェイクスピアは翻訳者によって違うわ
岩波のは古い訳者だから小難しかったけどちくま文庫のは新しい翻訳だったから読みやすかった
一例ということで

 

121: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 13:30:55.71
最近のも誤訳というか読みやすくするための意訳は多いで光文社古典文庫はそれで一回物議かもしてるし
まあ古すぎると言葉として現代に馴染まない言い回しとかすごい多いけど
舌打ちの翻訳が「ちょっ」になってるやつはだいたい古い

 

122: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 15:42:19.63
翻訳に限ってはケチつけるなら原文読めよって思うな
またあれこれ言う人は同業者が多い

 

123: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 18:59:11.28
サンガツ
自分の周りに翻訳にシビアな人が多くて、ちょっと読む前に萎えるんだよ
あんまり気にしないで買ってみる

 

124: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 20:01:49.88
翻訳ものはこだわりなければ新しいやつのほうがいいよ

 

125: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 21:20:31.07

翻訳にそこまで読みにくさを感じたことないわ どっちにしろ原文を読めるほどの能力もないし😟
むしろ下手な日本作家の方が読みにくい

ただ文学作品以外の学術的な本とか単発的な本は文章がおかしいのとか時々あるな 時間かけて訳してないんやろな
そういうのは翻訳本が複数出ないからちょっと困る というか二種類以上出ないから適当な翻訳になるんやろうけど
そういう意味では読み返すときに別の訳者の本で読み返せるというのはありがたい
より深く理解できると思います

 

126: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 21:24:11.93
新訳いいよね 新訳が出るとつい気になっちゃう

 

127: 名無しの読者さん 2019/06/24(月) 23:23:20.76
典型的なのはシャーロック・ホームズ
手に入りやすいってのもあるけど未だに延原訳が一番読まれてる
どれだけ新訳があるかって話なのに
時代背景にあった文体っていうのも評価する人は多いと思う

 

138: 名無しの読者さん 2019/07/18(木) 09:44:24.98
一番売れてるからって新潮の手に取るとわりときついことはよくある
シェイクスピアも福田訳は良くも悪くも堅苦しくてアカデミックな感じが娯楽読み物としては厳しい
白水社の全集がいい
ロシア関係も今からなら光文社のほうが易しい

 

出典:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/liveuranus/1558191806/

 


> 舌打ちの翻訳が「ちょっ」
わかる~

関連記事
おすすめの現代文学を教えて
積読(つんどく)には対応する英語表現が存在しないらしい
高学歴が読んでそうな本と低学歴が読んでそうな本