創作は現実に影響を与えない? 与えてるじゃん

2004年6月1日、小学6年生(当時11歳)の少女が小学校内で同級生を殺すという佐世保小6女児同級生殺害事件があったが、この児童は小学3年生からこの小説のファンであり、事件の前にはこの映画(R15+)のDVDを姉のレンタルカードを利用して借りたり、この作品の同人小説の創作をしていた。この事件と東京都大田区の中学校の放送室に中学生が籠城して劇中のビートたけしのセリフを引用して発言した事件の影響のために、再編集版『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌 REVENGE』の発売が延期となった[3][4]。

出典:Wikipedia



 

 

 

 

 


こう考えるとR指定って大事ですね。

関連記事

黒子のバスケ脅迫事件の犯人の言葉を思い出してみよう

アニメやラノベを最高に楽しめてた学生時代って、あくまで「学校」って現実があっての「創作物」だったんだよな

現実の経験が少ない人ほど創作物に文句をつける説