辻仁成さんが「滞仏日記」でゴーン被告に対する一般フランス人の反応を紹介

1: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 14:41:15.98 _USER

・滞仏日記「フランス人はゴーンさんをこう見ている」:辻 仁成 作家 パリ

今日はイランとアメリカの緊迫した状況が気になり家でずっとテレビを見ていた。するとカルロス・ゴーンさんについての特集番組があった。その中に「風を読む(風の中)」という辛口批評人気番組があり、それがかなり的を得ていて面白かった。その説明の前に、まず、ネット新聞各紙のコメント欄の、一般のフランス人の反応をご紹介しよう。とくに今回のような歴史的ストライキをやっている労働者たちは当然、大金持ちのゴーンさんを敵視しているし、けっこう罵っている。ゴーンさんを肯定的に捉えているフランス人はほとんどいなかったし、代表的な意見としては、特権階級の一部の人間の悪いモデルで許せるものではない、というものだった。で、この「風を読む」でも、周囲の反対を押し切って(丸め込んで)自分の給料をどんどんアップしていく彼の手法が詳細に報じられており(年間で18億円くらいの給料)、番組全体としてはカルロス・ゴーンへの批判で終始していた。しかし、それ以上に批評家らが問題視したのは、日本人の長閑なゴーン対応であった。日本人は人を疑うこともなく、のほほんとリスペクトし過ぎで、ここまで寛容な国は他にはない、と恥ずかしくなるような意見が続いた。保釈をするのに、なぜGPS付きのブレスレットをさせなかったのだ、と批判の口火を切ったのはゴーンさんを長年取材し続けているジャーナリストだった。国内移動でパスポートの提示を必要としない国は日本くらいで、オリンピックを前にして、しかもイランとアメリカが戦争をしようかというこのタイミングでテロ警備も入国審査もアマアマな日本は本当に大丈夫なのか、と皮肉っていた。サムライの国だから、恥は死ぬことと思っているようだが、恥などなんとも思っていない経営者も多い、と。逃げたもん勝ちというのが欧州スタイルで、ゴーンさんのように逃亡をして逃げ延びている人たちが多い。映画監督のポランスキーさんもアメリカで訴えられ、逃げていまだに逮捕されていない。世界的なトップ経営者は逃亡などしない、と頭から思い込んでいる時点で日本人は不見識であった、と司会者がまとめた。悔しいけど、その通りかもしれない。

そもそも、税金の問題は裁判中だから触れないにしても、パスポートコントロールを通過しないで、一人の人間が、楽器ケースに潜り込んで日本を出国することは犯罪である。そのことだけでも逮捕が当然。世界中がそのことを知っているというのに、強く抗議できない対応が心配だ。政治の障害になりかねない人間の排出に目を瞑ったのじゃないか、と勘繰りたくもなる。その前に、ずっと疑問に思っていたことだが、飛行機の手荷物であろうとエックス線検査があるのが当然で、だとするならばこれほどの逃亡劇はあまりにリスクが高い。なのに、楽器ケースのエックス線検査がまるで最初から無いことを知っているかの行動じゃないか。彼は最初から切り抜けられる自信があった。そうじゃなければ、あのような007並みの逃亡劇をやれなかったはずだ。出国前にハリウッドの映画プロデューサーと面会している時点で、彼には確信があった。絶対成功するという確信である。

「風を読む」のコメンテーターが「グレッグ・ケリー(日産の前代表取締役)は手術のために一度アメリカに出国しているのに日本にちゃんと戻って来たじゃないか。彼のことは信用できるね」と発言し、全員が頷いているところだけは和めた。ケリーさんはゴーンさんの逃亡劇に対し「驚いている」とコメントしていた。ところで、フランスは今日、ゴーン氏の引き渡しはしないと言いながら、きちんと調査をやり裁判に持っていくぞ、と脅しをかけた。フランスにとってカルロス・ゴーンは現時点で招かれざる客なのだ。いつか彼は彼を必要とする大国にすり寄るだろう。そういう国は驚くほどにあり、日本が引き渡せと遠くから吠えても、せせら笑われて終わるのが目に見えている。今回の逃亡劇でよくわかったことは、つまり、日本が甘ちゃんだったいう一点に尽きる。

(画像)
no title

2020/01/06
https://www.designstoriesinc.com/jinsei/dairy-395/

4: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 14:47:06.06
>>1
ニュー速や芸スポで立てても良い読み物ですな

 

14: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 15:03:21.62

>>1
日本には、保釈中に逃亡することを罰する法律は無い。保釈保証金が没収されるだけ。

という重要な事実の指摘が抜けている。

 

55: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 16:06:12.77
>>14
なにそれ本当?
ガバガバすぎる…

 

147: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 20:24:06.35

>>55
日本には被告人が保釈中に逃亡しても、それを罰する法律は無い。
保釈保証金を没収するだけ。

だからゴーン夫人の逮捕状は出ているが、ゴーン被告本人の逮捕状は出ていない

 

62: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 16:32:38.10
>>1
甘ちゃんだった というのは正論。
ただし一般のフランス人なんて武器商人ごっこと毎度のダブスタを放置する程度の有権者

 

65: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 16:47:17.34
>>1
だから保釈されるのに時間が掛かったんだけどな
ゴーンが逃亡して検察の行為は妥当、裁判所はお花畑と証明された

 

75: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 17:36:22.92

>>1
>的を得ていて面白かった
辻仁成ほどの著名な一流作家が誤った日本語を使うとかショックを受けた。
的を射るが正解。

だと、思って調べ直したら、
現在では賛否両論あるみたいだね

 

84: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 17:49:57.98
>>75
いや作家って誤字脱字が少なくないらしいよ。むしろ日本語のスペシャリストである方が稀。
原稿用紙に校正が入らない作家なんて居ないくらい。

 

183: 名無しの読者さん 2020/01/10(金) 03:45:21.79

>>1
>GPS付きのブレスレットをさせなかったのだ

やったら大騒ぎする連中いるんだろうなあw

 

285: 名無しの読者さん 2020/01/14(火) 17:32:06.92
>>1
おもしろい



 

2: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 14:42:36.29
なげーよ

 

154: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 21:20:25.64
>>2
読むなよw

 

6: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 14:48:15.06

>保釈をするのに、なぜGPS付きのブレスレットをさせなかったのだ
>国内移動でパスポートの提示を必要としない国は日本くらい
>テロ警備も入国審査もアマアマな日本は本当に大丈夫なのか

うん、しっかりとした意見だ

 

9: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 14:52:16.74
>>6
アメリカの左派メディアは日本の司法に厳しく
フランスはゴーンの実態が伝わったので厳しい見方が増えたんやろうな

 

18: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 15:05:25.55

>>9
いや、フランスの場合きれいに割れる
右派や上級国民向けの高級紙は日本の司法ガー派

全般的には結構中立で冷静

 

16: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 15:03:45.60
辻仁成って売れた小説がなんかアレだからアレな人だと思ってたけど
最近ワイドなショーだのバラエティだのコメンテーターで見るけど
かなりまともな人間だね。仏(学校)での差別を訴えた実子に対する
反論も極めて正論で100%肯首できる内容だったし。
今回の論調も中道からフラットに日本を見ている模様

 

31: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 15:24:00.40
>>16
同意です。
辻仁成の芥川賞受賞作は村上龍のパクリかと思ったくらい。
最近の活躍は知らないが、このゴーン評はかなりまともなものだと思う。

 

186: 名無しの読者さん 2020/01/10(金) 15:54:45.42
>>16
世間一般と同じ視点を持ってないと売れる文章は書けないもんな

 

189: 名無しの読者さん 2020/01/10(金) 19:56:17.61
>>16
わかる
小説は好みじゃないが最近見掛けるとなかなか良いこと言う

 

17: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 15:05:05.88
>世界的なトップ経営者は逃亡などしない、と頭から思い込んでいる時点で日本人は不見識であった、と司会者がまとめた。
これは本当にその通りだと思うけど、司法だけじゃなく俺ら一般人も完全にそう思い込んでたからなぁ

 

64: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 16:34:04.98
>>17
そんなこと思ってるのは一部の甘ちゃんだけ。
金さえ積めば、誰でも何処にでも逃げれるチャンスはある。

 

155: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 21:45:15.33
>>17
えっ 逃げると思ってたワイ少数派?

 

20: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 15:08:41.03

これはぐうの音も出ないわ

こんなバカみたいな逃亡を許したのは
まさに日本の甘さであり
これで今年の五輪はテロリストで溢れかえるだろう

少なくとも伊丹と関空はガバガバだ

 

41: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 15:44:43.84
>>20
茨城空港も怪しい

 

27: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 15:21:12.73

>今回の逃亡劇でよくわかったことは、つまり、日本が甘ちゃんだったいう一点に尽きる。

何も反論できんね
逃亡先からバーカバーカと公言される会見なんてこれ以上ない舐められ方だわ

 

74: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 17:36:09.71
うわっ!改行いれろよ!
とても読む気せんわ!

 

66: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 16:54:27.70
目が読むのを拒否する文章。これで作家?
辛抱強い誰か、産業で頼む

 

68: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 16:56:06.93
>>66
読み手の問題。読解力の乏しい馬鹿が文句を言っている。

 

73: 名無しの読者さん 2020/01/09(木) 17:30:32.70
記事に「オピニオン」ってあると読みたくなくなるんだが、辻ならば信用出来る。
辻は感じたことをバイアスかけずに全てを書くからな。

 

258: 名無しの読者さん 2020/01/11(土) 11:50:48.11

元特殊工作員を二人も雇って脱出させたんだってな。弁護士もグルになって

やれやれ無駄な手間ばかりかけさせる恥知らず共だ。
こういうロクでもない悪党共が世界中で無駄な社会的コストを増大させてるんだよ。

途上国辺りで山賊でもやってるのがちょうどいい連中。高度に発達した日本社会に関わる資格はない。

 

281: 名無しの読者さん 2020/01/13(月) 07:25:37.89
>>258
ホント、同感。

 

262: 名無しの読者さん 2020/01/11(土) 15:26:39.89
まあ、日本は甘かったわな。
なんか検察は逃げてくれて、犯罪者が確定して良かったのではないか?

 

276: 名無しの読者さん 2020/01/11(土) 20:37:04.55

芥川作家だけに文章うめーな

わかりやすい

 

277: 名無しの読者さん 2020/01/11(土) 21:03:16.17

この記事も面白かった

滞仏日記「バーで囲まれ、ゴーン事件についてからまれた」
https://www.designstoriesinc.com/jinsei/dairy-399/

 

278: 名無しの読者さん 2020/01/11(土) 21:07:52.43

>>277
するとアランがちょっと大きな声で、ぼくに向かってしつこく、
「日本人はカルロス・ゴーンにずいぶんと恥をかかされたな」
と言った。この恥という単語でぼくはカチンときた。

そこでぼくはウイスキーを口に含んでから、
「ああ、そうかもしれないね、でも、日本人は楽器箱に潜んで無様な逃亡するような生き恥は晒せない。
ルノーや日産のトップにいたあれほどの立場の人間が、こそこそと法律を犯して脱出するなんて、日本のサムライには逆立ちしても真似できない。
そういう意味では君たちフランス人って凄いね。俺の感想はそれだけ」
と言ってやった。するとアランの顔が不意に強張って、
「いやいや、あいつはレバノン人だ」
と今度は言い出した。それに追随するかのように彼の周りにいた連中が慌てて、レバノン人だよね、と平然と声をそろえた。

 

290: 名無しの読者さん 2020/01/15(水) 11:49:35.18
>>278
この部分とかスゲー作家っぽいw

 

284: 名無しの読者さん 2020/01/14(火) 17:06:38.75

逃亡に自信が会っただけじゃなく、逃亡先から日本に送還されないということもある程度担保されていたと思われる。

逃走に加担した組織との連絡などは専門的な知識をもつ仲介者がいたはずで、そういった構図の解明も必要

 

286: 名無しの読者さん 2020/01/14(火) 18:37:16.35
辻の文章が読みやすくてそこにビックリだわw

 

289: 名無しの読者さん 2020/01/15(水) 04:03:38.59
>>286
一応、作家であるよw

 

出典:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1578548475/

 


読ませる文章ですな。

関連記事

辻仁成さんがお母様から教わった大事なこと

ニートワイ、漫画家目指すも親が非協力的なので小説家に怒りの転向

「読みやすい文章」って何?