「著者がこのように考えるのはなぜか」という問題に著者が挑戦して不正解

1: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 19:59:03.38 _USER

 立命館大学准教授・富永京子さんの著書「みんなの『わがまま』入門」が名門中学校の入試問題に採用され、富永さん本人が「著者がこのように考えるのはなぜか」という問題に挑戦したところ、正解できなかったとTwitterで報告し、大きな話題を呼んでいます。カラオケ採点番組で歌手本人が100点取れないのと同じパターンか……!

ツイートを行ったのは立命館大学で社会運動研究を行う富永京子さん(@nomikaishiyouze)。
自身の著書『みんなの「わがまま」入門』が東京の名門中学・海城中学校の一般入試・国語に採用されたことを知り、自分でも試験を解いてみたいと考えるようになったそうです。

頭を抱える富永京子さん
no title

それからしばらくして入試問題を入手した富永さんは、該当の問題に挑戦。しかし残念ながら満点は取れず、自身の回答と困惑の表情を添えて「【悲報】筆者、筆者の考えを正確に読み取れず――」とツイートしたところ、13万6000件以上の“いいね”を集めました。

【悲報】筆者、“筆者の考え”を正確に読み取れず
no title

■富永さんに聞く、自分で“筆者の考え”を答えるということ

この愉快な状況について、ねとらぼ編集部は富永さんにお話を伺いました。

――著作物が問題に使用されたのは初めてですか?

富永准教授:知っている限り初めてだと思います。生徒さんはこれからもっと難しい本も古典もたくさん読むと思いますし、入試で読んだ文章なんてすぐ忘れてしまうと思いますが、人生の大事な瞬間に立ち会う文章として選定していただいたのはうれしいことですね。

――筆者として答える上で難しかった部分を教えてください。

富永准教授:センター試験のような選択式の問題が主だったので、選択肢に挙げられていることばの微妙なニュアンスが、自分の使っていることばとどれくらい同じ意味で用いられているのかを解釈するのに時間がかかりました。
例えば、私は「関わり」とか「支援や応援」という表現をするのですが、正答とされる選択肢では「介入」という言葉で置き換えられていて、とくに間違いとか合っているとかではなく「なるほど」と感じました。

――ミスをした問題について、どのように自己分析していますか。

富永准教授:この本『みんなの「わがまま」入門』は、社会運動論という研究分野の概念について自分なりに平易に書いた本なので、答案に回答する際も、社会運動論の理論枠組みに依拠しながら答えを選んだり記述したりすることになります。
例えば、社会運動論では、活動を行うために必要なお金や時間を「資源」と言います。一方、出題者が「資源」という言葉を用いて回答してください、というと、そこにはまた異なる意図があります。ただこちらは社会運動論の概念だと思って回答しているので、そこで、出題者とのズレが出てしまったというところです。

また、本全体の論理の流れをくみながら答えるので、どうしても「本全体の主張を知っている」ということで余計な読み込みが入ってしまうため、それで出題箇所には書いていないことも盛り込んで答えてしまったのかなあと思ってます。

――「筆者の考え」と「模範解答」のズレについてはしばしば議論が起こりますが、当事者になってみてどのような感想を持ちましたか。

富永准教授:私が用いた模範解答は学校でなく予備校側が提供しているものなので、出題した学校側の解答とは異なるものであるということを踏まえた上でお答えします。端的に興味深く感じましたし、予備校側の回答が「間違っている」とか「自分の考えと異なる」とは全く思いません。

むしろ、出題者の方の出題の仕方や模範解答を作られた方の回答をみて、自分の学んできた社会運動や社会運動論ってこう捉えることもできるのかな、自分の使ってきた言葉はこうも置き換えられるのかな、と考えることができました。

読み手の方の感想によって自分の研究の見方や可能性が広がることってよくありますが、それを少しだけですが感じるような不思議な体験でした。絶対無理なことですが(笑)、受験された方の回答も拝見してみたいくらいです。

>>2以降に続く

2: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 19:59:29.48 _USER

>>1からの続き

 なお家族には不正解とは言えなかったという富永さんですが、ツイートには「昔、筆者の子が親に直接『どういう気持ちだった?』って聞いて、『締切で必死だった』って書いた筆者の子がバツもらうってネタあったの思い出す笑」
「羽田佳介さんもテレビの特集で筆者の問題で減点されて怒ってましたね(※正しくは羽田圭介さん)」
「歌手が本人の曲カラオケして100点取れないようなもんやししゃーない」とユニークなリプライが寄せられています。

家族の反応
no title

ソース ねとらぼ 02/25 19:45
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2002/24/news023.html

 

3: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:03:22.95
映画バックトゥスクールのネタじゃねぇか

 

4: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:04:11.29
辛坊治郎もラジオで自慢してたな。

 

5: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:05:27.02
出題者の思い込みが正解という試験問題

 

6: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:06:21.01
いしいひさいち の漫画にも悪筆過ぎて自分の書いた字が読めないというネタを思い出した

 

7: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:07:32.21
国語の文章問題って文章の内容を理解しようとしたら良い点は取れないよな
機械的にキーワードを探すだけの作業って割り切らないとな



 

8: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:08:00.97
書物にした時点で正当解釈は筆者の管理下を離れるからね
別におかしな事じゃない

 

18: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 21:21:19.38
>>8
それは文学評論の世界なら許される表現だけど、今問題にしているのは、入学試験だから、特定の出題者の意図を読み解くというのは国語の出題として失格。

 

19: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 21:29:10.44

>>18
別に失格でないんでない?
意図を類推して論理的に構築することが出来るかを見てるんであって作者の考えそのままを答えることではないんじゃないの?

昔からこの手のことは言われてる。予備校でもよく講師が語ってたわ。

 

25: 名無しの読者さん 2020/02/26(水) 07:52:02.23

>>19
>意図を類推して論理的に構築することが出来るかを見てるんであって
筆者の意図を類推して論理的に構築することが出来るかを見るんならいいけどな
設問者の肥大した自我、まあありていに言えばオナニー問題の、
オナニー回答を「類推してくれ」と言ったって、それは一言、「悪問」で片づけられるよ

>予備校でもよく講師が語ってたわ。
言い訳としてなw

 

9: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:09:04.15
国語の入試問題に採用された本人が挑戦して異議を唱えるみたいのは
何十年も前からあるわな

 

10: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:11:12.04

コミュニケーションてのは齟齬があるからこそおもしれーんだよ

ズレたやり取りがあって
初めて新しい可能性が生まれるんだ

100点しか無かったらそんなものはロボットと変わらねーんだ
柔軟性の欠片もない過学習のロボ野郎のへっぽこ問題で教育現場を混乱させてるんじゃねーぞ?

 

11: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:13:02.80
カラオケで本人が歌唱しても高得点とれない  みたいな?

 

12: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:16:09.50
いや、やっぱり書いた人の意図を読み取れなきゃダメだろ
アタリマエのことだ
それができないってことは書いたやつがわるいか
読んだやつがわるいか
普通、ほとんどの人は書いた人と同じに読む人と思う
どっちでもいいなんてことはありえない

 

13: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:19:06.01

>>12
出題者が筆者の意図を汲み取れておらず

正解としたものが間違いであったって話だぞ

 

14: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:20:44.38
筆者の考えを読み取るんやのうて、問題作成者の求める解答を読み取るんやで

 

15: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:30:34.16
カラオケは譜面通りに外れず歌わないと100点じゃないから
持ち歌歌手が100点取れないのはまあ解かる
でも作者の意図を訊ねておいて
作者本人が意図を答えたのに
それは間違いですはいかんよなぁw

 

16: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 20:52:33.38

昔、国語の教員に、既に死亡した筆者の心情を読み取れというのは、
本人の解説なり、インタビュー記事なりが残っていて出されているのか?
そうでないなら、出題者の妄想では?と食って掛かった事を思い出した。

教員の返答は、「そういう事になっているのだから、それで覚えろ。」だった。

 

17: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 21:06:24.67
カラオケの例えは全然違うと思う。

 

20: 名無しの読者さん 2020/02/25(火) 21:48:39.46

Aくんは
○○という本を読んでこのような読書感想文を書いた

という書き出しで始めれば良い
筆者は~などと部外者がテキトーに断定的な表現をするから問題になるのだ。

 

23: 名無しの読者さん 2020/02/26(水) 01:23:52.97
有名な話やん、全文じゃなく一部を抜粋するからそれにあわせて変わるし
なんなら問題の例文に適切にするため文章を変更される事もあるみたいやん
突っ込むとすれば解答がどうこうではなく問題の時点で「作者の訴えたかった事」ではないって所やろ

 

出典:http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1582628343/

 


富永さんの受け答え、さすが准教授ですね。

関連記事

国語の問題「ごんぎつねを書き終わった時の作者の気持ちは?」

国語の成績が良かったので「炎上覚悟」の真意を読み取ることができる

日本人の読解力が15位に転落した件