「趣味:読書」って微妙だよな

1: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:49:25.949 ID:lFV4TIHX0
そもそも本読むやつが少ないしいたとしてもジャンルが会わないと話できない

2: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:50:09.511
そもそもがコミュニケーション向きの趣味じゃないだろ何言ってんだおめーは

 

3: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:50:11.143
読書(ラノベ)

 

8: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:51:06.910 ID:lFV4TIHX0

>>2
だよねー
けどたまに話し相手が欲しさあるんだ

>>3
ラノベも学生時代は読んでた

 

4: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:50:27.261
それな
適当に話題作読んどいたほうが話し合う

 

6: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:50:34.905
誰かに話すために本を読んでいるの?

 

13: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:52:21.556 ID:lFV4TIHX0

>>4
話題作って言っても本屋大賞とかじゃなくて映画化作品とかなのが辛い

>>6
違うけどさ
感想語り合える人がたまに欲しくなる
最近は諦め始めたけど

 

9: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:51:18.946
>>6
面接で聞かれるでしょ

 

10: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:51:46.587
>>9
本読んでますかって?

 

7: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:50:50.616
読書(スマホで漫画)

 

11: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:51:55.335
まぁ総合的な満足度でいったら微妙だな

 

14: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:53:00.318 ID:lFV4TIHX0

>>7
漫画もたまに読むよー

>>11
だよな
結構金もかかるしなぁ

 

12: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:52:11.702
多岐にわたるからな

 

15: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:53:00.422
ラノベや小説と学術書じゃ
灯台と東京大学位違うし

 

21: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:54:26.263 ID:lFV4TIHX0

>>12
ほんとそれ
申し訳ないけどBLとか一切読んだことないし相手からすると俺の好きなジャンルもそうなんだと思うわ

>>15
学術書はまた別だわ
あれや論文を好きで読むやつは趣味読書とはかかない気もするけど

 

16: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:53:02.386
会話や面接のための読書ってへんなの

 

17: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:53:21.589
相手と合う合わないとか考える必要なくね?熱く語ればいいじゃん

 

24: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:55:40.553 ID:lFV4TIHX0

>>16
君本を読んでなさそうだね
好きなことでも人と話したい時ってない?

>>17
自分の興味無いことを語られても相手に好意でもない限りどうしようも無いからな

 

41: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:04:57.891
>>24
お前いつも相手が自分の話す事をどう思ってるかとか顔色伺って話すのか?
俺はこういう本が好きなんだ!!!って自分ワールドに引き込もうとか発想はないわけ?

 

42: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:05:01.456
森見登美彦はラノベですか?

 

45: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:06:21.475
>>42
いいえ
赤川次郎もラノベではありません

 

50: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:07:52.389 ID:lFV4TIHX0

>>41
人と話す時は独りよがりになるのは良くないなとは思ってる
何人かに本渡したりしたけれど変わらなかった

>>42
あそこら辺微妙だよな
レーベルで言うならメディアワークスとか扱い未だに困ってる
まぁ俺そこら辺をあまり好んで読まないからなんとも言えんけど

 

56: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:12:34.987
>>24
あーたしかにぜんたい読書量は少ないです
好きなものを誰かと話したい気持ちもわかります
読書の目的も人それぞれなんだな

 

59: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:15:13.898 ID:lFV4TIHX0
>>56
ごめん責めつもりはないんだ
ただ趣味と義務で本を読む人間はやっぱり何か違うんだわ
知識が欲しくて読む人間と文字がすきで読む人間2種類いると思う
多分俺は後者

 

18: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:53:46.081
Amazonに感想書いてみたら?

 

19: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:54:01.819
本屋大賞は全然読んでる奴いるだろ

 

25: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:56:31.748 ID:lFV4TIHX0

>>18
ネット上のいいねでは満たされない

>>19
今年は「流浪の月」だっけか
周りに1人もおらんわ

 

20: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:54:17.585

会話のタネってなら
カテゴリとして大きすぎるし
必要な時間も膨大だな

大衆映画化してるのばっかりになるかと

 

22: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:54:50.047
俺努めて読むようにしてる
脳みそ使わなきゃ人間として終わりそう

 

30: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:58:10.315 ID:lFV4TIHX0

>>20
結局「原作」としての読書なだよな
本が好きで読んでるやつが少ない
俺の人生で1人しか出会えてないわ

>>22
うちの父親がそうだった
それはそれで素晴らしいんだけど趣味読書とはまた違う気がする

 

23: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:54:54.270

趣味読書とは

履歴書の場合
野球やサッカーネタで盛り上がったりとか出来ませんというアピール

婚活の場合
無趣味であることを暗に伝える手法

 

26: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:56:32.233
土方はマジで本を読まない率9割だから
読書って大丈夫だと思うわ

 

31: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:59:37.547 ID:lFV4TIHX0

>>23
ほんとその程度の扱い
就活において毎回運動部経験あるか聞かれた

>>26
本を読まなきゃいけないとは思わないけど読む人と出会いたい

 

28: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:58:05.175
>>26
漫画は読むと思うよ

 

32: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:59:47.787
>>28
流石に漫画とラノベ趣味は読書って書かないし言わないだろ
ラノベに関しては特殊性癖カミングアウトしてるレベル

 

35: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:01:47.850
>>32
ラノベは小説だから大丈夫でしょ

 

 

34: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:01:06.479
読書中って無音でやってる?
音楽聞くとだめかね

 

37: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:02:06.128
>>34
ネット小説漁るときですら無音

 

40: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:03:40.273 ID:lFV4TIHX0

>>35
横からですまんがラノベは無理だわ
気心知れた奴らなら別だけど

>>34
初めはかけてるけど集中しだすと止める
音楽と本ってリンクしやすいから音楽かけるの好きなんだけどねぇ

 

46: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:06:42.315
>>40
小説は読めるのに?
変わらんと思うけどなあ

 

43: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:05:11.917
学問の本読むの楽しい
睡眠の構造とか

 

47: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:06:48.128
>>43
学問の本、文庫本になって時間の経ってる奴は最高
厚紙の新書や芸能人本はラノベ以下だと思う

 

53: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:09:38.351 ID:lFV4TIHX0

>>43
いわゆる新書系統かな?
心理学系統は一時期読んでた

>>46
趣味欄に書くってことは他人に話すことが出来る前提だからな
相手からどう思われても良くて語れるなら気にしなくていいと思う!

 

27: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:56:45.061
同じの読んでてもつまらんけどな
一番いいのは好きなジャンル被っててお勧め教え合える状況

 

29: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 17:58:07.697

小説、映画って
公開時期とジャンルと問わず
とにかく甚大な範囲
細分化しないならもはや無趣味の領域

漫画、アニメ、ドラマ って括りなら最近のものと有名どころオンリーでいいのにね

 

36: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:02:06.083 ID:lFV4TIHX0

>>27
同じ本読んでても気が付かなかった伏線や過去作との関連知れることも楽しそうだけどね
同ジャンルの別作品知れることも勿論いいのだけれど

>>29
後者は趣味欄に書きにくいけど前者は書けなくはないのもタチ悪いわ
結局大衆化の有無が争点だしなぁ

 

49: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:07:00.047
>>36
薀蓄とか考察語るの楽しいけど気使うしな
逆パターンだと自分の馬鹿さに落ち込む時あるし

 

51: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:08:09.054
乱読は後で為になるよ学歴とかに囚われるより思うがままに知りたいジャンルの本を
読む方が専門が決まった後も生きてくるから

 

52: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:09:21.538
オススメは官能小説だけどね官能小説は起承転結がはっきりしないと成立しないから
それから作家の趣味によってすごく語彙が増えるからね

 

55: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:12:01.397 ID:lFV4TIHX0

>>49
そこは人によるのかな
家族だと本の話出来るけどジャンルがみな違うから悲しくなる

>>51
>>52
推理小説や戯曲、ミステリー、新書とか色々読んできてはいる
官能小説はネットで上質なものが読めないのも特徴よね
まぁあれで得た語彙が生かせるかと言うとまた微妙かもだけど笑

 

33: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:00:53.794
全然関係ないけどさ夏への扉って作品見てるんだけどキツいこれ面白くなるの?

 

39: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:02:53.752
全天候型の哲学書を読みあさればあらゆる方面に応用が可能だよ
哲学書はスルメみたいなもんで噛めば噛むほど味が出てくる
他の本はスナック菓子みたいに美味しいけど食べ過ぎると健康によくない

 

44: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:05:28.351 ID:lFV4TIHX0

>>33
すまん読んだことない
SFは眉村卓とニューロマンサーくらいしか読んだことない

>>39
哲学書はとある先生にも勧められた
数冊読んだけど自分の思考が言語化される感じがたまらなかった

 

54: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:10:46.623
学問の本や歴史書なんかは
人間にしか許されてないチート技なのに
使わない奴はチンパンジー並だと思う

 

58: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:13:35.192 ID:lFV4TIHX0
>>54
その2つは技術書みたいにすぐ己の血肉となるものでは無いから手を出す人が少ないのかね
俺も読まなきゃとは思いつつなかなか手が出ない

 

72: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:30:22.316
>>54
フレアの書みたいなものだよねあれは

 

57: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:12:39.950
この前一ヶ月暇時間あったけど全く本読まんかったわ
やる気がないと読めん
今日は一冊読めたけど

 

60: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:17:26.505 ID:lFV4TIHX0
>>57
読まされる本ってのは楽しくないし身につかないのは確かにある
俺は今月でとりあえず5冊かなぁ
まぁ調子いい時ってのはあるけど

 

61: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:18:27.869
創作が好きなのと知識の為に読むのとは楽しみ方が違うでしょ

 

62: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:19:56.238 ID:lFV4TIHX0
>>61
後者が論文とかに限るのならそうだ思う
けれど物語調であれどそこから得る自身にない経験や考え方が好きってのもある意味知識ではないかとも思う

 

63: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:21:53.373
ラノベメインで3000冊は買って読んでるけど趣味が読書ってほどじゃないと思う

 

65: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:23:41.681 ID:lFV4TIHX0
>>63
ラノベメインは中学の時までだった
否定する訳では無いのだけれどラノベってどうしても前提知識や語彙が低くていいからそこら辺微妙かなって
勿論個々人の好みではあるけれど

 

79: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:37:59.090

>>65
別に横山秀夫やら松本清張やら山崎豊子やらだって読んでるからそんな事言われても気楽なエンターテイメントだし……って話

まあ文体が全然違うから読むに値しない作品も物凄く多い
それでも作者は30代や40代も多いし色々と知識を持って書きたい作品を書いてる小説も数多くあるから一概に馬鹿にするものでもない

むしろ一般小説の方が世代交代が進んでいないのでは?

 

83: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:41:49.309 ID:lFV4TIHX0

>>79
勿論エンターテインメントではある
ただ作者の資質よりも対象としてるのが中高生感が否めない
対象相応への文章になるのはあると思う

一般小説なら詳しくはわからないけれど辻村深月や二宮敦人なんかは若いきがする

 

86: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:44:51.636

>>83
辻村深月デビュー17年目
二宮淳人デビュー11年目

若いな()

 

91: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:46:51.222 ID:lFV4TIHX0
>>86
デビュー10年は若くないか…
両者ともに以前から頭角を表していたから若いって言ってもいいかと思ったけれどダメかぁ

 

64: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:22:06.708
病気安静中だから読書は捗るはず
ただ、スマホが害悪だわやっぱ

 

67: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:25:57.380 ID:lFV4TIHX0
>>64
スマホ手にしてから俺も読書量落ちた気はする
代わりに何かしらの文章は読んでいる気はするけどどうだか

 

66: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:24:49.329
作文能力は作文するしか身につかないと思うんだよな
漫画読んでれば漫画書けるとか、ゲームやってればゲーム作れるとかそう言う理屈じゃないと思うんだよね

 

68: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:27:42.674 ID:lFV4TIHX0
>>66
どんな文章書くかによるとは思う
経験としては小論文は勉強せずとも学年トップだったし大学もそれで入ったから関係無くはないと思ってる

 

69: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:27:51.008
読書はインプットだけど作文はアウトプットじゃん
読んで身につく能力と書いて身につく能力は別モノって考えかな

 

75: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:32:42.968
>>69
アウトプットで理想は人に話すことだよこういう掲示板での会話でもいいし
独り言でもいいし

 

73: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:31:40.028
まあ個人的にハマったのが夏目漱石だけどね吾輩は猫であるを筆頭に
坊ちゃん、虞美人草など考えさせられる話が多いし何より現代にも通じるから

 

76: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:34:24.120 ID:lFV4TIHX0
>>73
そこら辺の本教科書でしか読んだことない
文スト関連で読もうかと思ったけど食指が働かなかった

 

78: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:36:55.900
>>76
三四郎は可愛くて賢い女の子に振り回されて楽しいぞ

 

81: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:38:31.914 ID:lFV4TIHX0
>>78
ググッたら夏目漱石か
門へと続くなら興味ある
ただあそこら辺って洋書読んだ感想で訳者による好みも追加されるからいくつか吟味してみる

 

87: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:44:57.843
>>81
教科書にのるということはそれだけ基本に忠実だからだよ日本の文学の原典になるということ

 

94: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:48:12.849 ID:lFV4TIHX0
>>87
それは否定しないしできない
けれど現代の読者が少ない現状今後も維持していけるかは俺にはわからない

 

77: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:36:20.003 ID:lFV4TIHX0
VIPでスレ立てても俺の趣味合うやついないんだから不毛に感じるわ
難しいよな

 

80: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:38:19.960
特定の作家が好きで読んでるだけだから趣味読書と言っていいのか迷うわ

 

85: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:43:52.556
夏目漱石とか宇多田ヒカルはそれこそ源氏物語のように千年残る気がする

 

88: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:44:59.720
>>85
宇多田は残らんだろ

 

89: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:45:30.370 ID:lFV4TIHX0
>>85
なるほど
宇多田ヒカルはエヴァの主題歌くらいしか知らないのだけれど凄いのか

 

92: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:46:55.397
>>89
宇多田ヒカルの表現はすごいよ君にも同じ孤独をあげたいとか
とにかく片思いの表現がすごいんだよそれだけ重い恋愛をしてないと作れないね

 

90: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:45:51.561
読みやすさ、語彙の豊富さ、テーマの普遍性どれを取っても漱石が近代では最強

 

93: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:47:34.421
宇多田ヒカルにはゴーストライター存在したとかそっちの方がまだ納得する
それぐらい宇多田ヒカルの表現は頭一つ抜けているんだよね

 

96: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:49:02.736
あとディスタンスとファイナルディスタンスもね同じ内容なのに曲調だけで
距離感が全然違うんだよ

 

97: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:50:44.918
趣味読書すごくいいと思うけど、どんなの読むのって聞いてラノベばっかりだとがっかりする

 

98: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:52:08.543 ID:lFV4TIHX0
>>97
履歴書とかに書く際は結局そこよね
自身の思いより相手の反応ありきの趣味であるから難しい

 

101: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:57:03.556
本の朗読CDとかは聞いたりしてるな
古事記とか
別になんの意味もないけど本の一節に出てきたところに行ったりするのも面白い

 

102: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:58:06.460 ID:lFV4TIHX0
>>101
朗読CDは聞いたことないな
いわゆる聖地巡礼的な?

 

105: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:00:30.371
>>102
そうだな聖地巡礼的な感じ
文学碑を写真撮りに行ったりもしてる

 

107: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:01:44.841 ID:lFV4TIHX0
>>105
それは楽しそうだなぁ
文学的知識ないから誰かについて雑学聞きながら着いていきたいわ

 

104: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:00:20.340
>>101
それ俺もやる
聖地巡礼ってほどじゃないけど、旅行先とかに物語に登場する場所あれば寄ってみたり
楽しいよね

 

103: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 18:59:25.618
趣味何なの?と聞いて読書と返ってきたら話広げる気ねえなと思う
そこから主導で展開していけたら凄えなと思う

 

106: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:00:40.664 ID:lFV4TIHX0
>>103
ほんとそれに尽きる
結局経験ではなく感想になるから話広げられねぇんだよな

 

110: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:03:58.077

>>106
恐らく違う

趣味読書だけじゃ暴投だわな
何系の本が好きで、どういった所に魅力を感じます位までが会話としてセットだろと

 

113: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:07:09.619 ID:lFV4TIHX0
>>110
個人的には感想についてよりそもそも本の種類によると思ったが違うか
わかんねぇや

 

109: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:03:27.513
漱石は女嫌いだから普遍性はとくにない
あくまで男の読み物でしかない

 

112: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:05:11.691 ID:lFV4TIHX0
>>109
へーそうなのか
ここたと色々な考えが聞けるから面白い

 

114: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:09:38.060
わかるわ
俺も音楽鑑賞が趣味って言うと何聞くの?って会話になるけどオーケストラ聞き入ったりアカペラとかゴスペルとかだから他の人と話が合わんわ

 

117: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:11:04.359 ID:lFV4TIHX0
>>114
多分同じ感情だと思う
ただ「音楽聞けば情景が浮かぶ」ってやつに音楽聞かせたら的はずれな答え返ってきたから音楽は信用してない

 

115: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:10:17.909
民俗学の本読むとは好きだけど趣味読書とはまたちょっと違うな

 

118: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:11:39.268 ID:lFV4TIHX0
>>115
学問と趣味は別よなぁ

 

121: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:14:31.545
>>118
本を読む感覚自体もそこそこ好きではあるんだけどね
ジャンル合わんのはどの界隈にもあるけど本は特別広いと思う

 

123: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:16:11.213 ID:lFV4TIHX0
>>121
俺も専門柄英文読むことがあるけれど趣味として読むかは別だもんな
ほんとそれよ
それらを「読書」の一言に片付けるのがきついと思う

 

119: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:12:16.887
読書って手段であって、読書で何を楽しんでるのかの中身が分からんとなんとも言えないわ

 

122: 名無しの読者さん 2020/07/11(土) 19:14:42.876 ID:lFV4TIHX0
>>119
個人的には文字を読むのが楽しい
あとは合う合わないの相性による

 

出典:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1594457365/

 


> 細分化しないならもはや無趣味の領域
なるほど……

関連記事

夏目漱石「キンキンキンキンキンキン! 」

合コン女「趣味は何ですか?」ワイ「特にないです」

Aさん「趣味は読書やドライブ、あと映画鑑賞です」Bさん「趣味はラノベやなろうです、あと撮り鉄」