納豆メーカー「丸美屋」がブラウザシューティングゲームを公開

 九州では学校給食でもおなじみ、熊本の納豆メーカー「丸美屋」が、ブラウザゲーム「戦え!納豆deバスターズ」を公開しました。“わらづと”から豆を放ち、敵を撃退するシューティングなのですが、メルヘンチックなビジュアルとは裏腹に、けっこう難しくて熱くなれます。

※ふりかけが有名な「丸美屋食品工業」とは別の会社

プレイヤーキャラクターは同社のマスコット「パワーキッズ」。1分間、上の方から次々と現れる悪玉菌チックな敵を撃ち倒し、時間内に獲得したスコアを競います。ただし、味方を撃つと減点となるペナルティーも。

同作の一番難しいところは、100発の弾数制限。敵はそれ以上に出現するうえに、なかには数発当てないと倒せないものもいます。高得点の敵を優先して狙うなど、弾の配分がハイスコアのカギになりそう。

このゲームは同社の創業65周年企画の一環。ゲーム終了後には「応募する」ボタンから、現金5万円やプレイステーション 4(500GB)が当たるプレゼントキャンペーンに参加できます。スコアが高いほど当選率が上がるので、これは精進しなくては……。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2011/02/news145.html



 

みんなの反応

 

 

 


ワイの初見プレイ結果↓

味方撃ち過ぎて草

関連記事

いのちの輝きくん、シューティングのボスになる

【悲報】ゲームセンターが生き残る方法、存在しない

【悲報】ニンテンドー3DSシリーズ生産終了

 

ゲーム

Posted by yomisoku