押井守が考える「設定もキャラクターも新しいわけではない」のに鬼滅がバズった理由

1: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:10:54.68 _USER9

https://bunshun.jp/articles/-/42150

『鬼滅の刃』大ヒットの理由とは?

YouTubeの映像以外で『鬼滅の刃』を見たことはないけれど、基礎知識は一応ある。原作の漫画に人気があったというし、画も丁寧。とはいえ、設定もキャラクターもストーリーも新しいわけではない。にもかかわらず劇場版(『鬼滅の刃 無限列車編』)は日本の興行成績を塗り替えるほどのメガヒットを記録した。

その理由を考えるとき、私の頭に浮かぶのは、鈴木敏夫(ジブリ作品のプロデューサー)の「100万人(の動員)までは作品の力。それ以上は社会現象」という言葉。アンコントローラブルのところまで行って、初めて大ブレイクする。今風にいうと「バズる」。バズった作品がメガヒットする。

「バズる」ことの本質は、誰もが知りたい現代の謎のひとつ。タネも仕掛けもないから“現象”であって、“現象”が先行するから“現象”であり、その理屈はあとからついてくる。では、「バズる」ことの臨界点はどこで超えるのか? 誰もが情報の発信者になりうるこのSNS社会で、どうやったら個人的な情報が臨界点を超えて社会現象を起こすのか? これもいろんな人が考えているけれど、納得できるような答えは出ていない。

そこで、自分なりに考察してみると、考える順番が違うんだと思っている。「バズる」という現象は、現象ありきなのだから帰納的にしか説明できない。すべてが後付けになるため、演繹的に考えても無駄。哲学的にいうと、世の中には語れることと、語れないことがある。語れないことに対しては沈黙を守るしかない。つまり、その「語れないこと」が「バズる」ということ。そもそも人間はいまだに世の中の仕組みをコントロールできないんだから仕方ない。

これは流行の本質だと思う。わからないからこそ、みんなが興味を示し近づく。評判が立っているという現象に誘導される。そうなると、いいか悪いかはもう関係ない。大ヒットした『君の名は。』も同じ。もちろん作品の力はあった。でも、その作品の身幅を超えたからこそ大ブレイクした。

『鬼滅』はおそらく、これからも劇場版が作られるだろうけど、この1作目と同じように大ヒットするかは怪しい。『ドラゴンボール』や『ワンピース』のようにスタンダードになるかというと、それも難しいと思う。でも、なぜそう感じるのかは説明できない。それもまた「語れないこと」だから。

全文はソースをご覧ください

9: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:14:29.24

>>1
>『鬼滅』はおそらく、これからも劇場版が作られるだろうけど、この1作目と同じように大ヒットするかは怪しい。『ドラゴンボール』や『ワンピース』のようにスタンダードになるかというと、それも難しいと思う。でも、なぜそう感じるのかは説明できない。それもまた「語れないこと」だから。

気持ちはわかるが、原作を消費し切るまでは少なくとも100億規模のヒットを続けると思う
そのあとは知らん

 

12: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:15:28.32
>>9
でもこれがピークだろうな

 

83: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:35:43.79
>>12
これほど映画向きのエピソードが他にないからな
最終決戦は映画になるだろうけどその前の話はアニメだろうから時間も空いて下がるのはやむを得ないだろう
下がった言っても軽く100億は行っちゃいそうだが

 

94: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:38:00.77
>>83
俺は遊郭の方がより映画向きだと思うぞ
娼館は列車と同じく映画に合うんだよ

 

629: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:06:42.49
>>94
と言うか去年アニメ観てる頃、映画化は遊郭編だろうと思ってたわ
そしたらシーズン1が終わって、列車が映画化かよって思った記憶

 

191: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:55:33.72

>>12
>>9
さすがに今回のような社会現象とまではいかないだろうが
最終章の無限城は間違いなく映画館で上映するし
PRも大々的にするだろうから普通に大ヒットは
するだろうね

ただ上映するにしても再来年ごろには上映しないと一過性の物として子どもに飽きられるだろうから早めに劇場版を作ってほしい

 

718: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:25:33.49
>>12
300億行くのはこれだけだろうね
でも次作は余裕で100億行くだろう

 

721: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:26:41.61
>>718
俺はむしろ遊郭編こそ
クライマックスだと思ってる
楽しみで仕方ないわ
音楽はハンスジマーに頼め

 

309: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 19:14:24.65

>>1
> YouTubeの映像以外で『鬼滅の刃』を見たことはないけれど、基礎知識は一応ある。

いやいや、まず見もしないで
知った風にこんな偉そうに語り出すヤツってなんなの?w
言ってる内容もズレまくってるし
ちょっと話にならんなあ

 

328: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 19:18:11.93
>>309
批判的なことを書くときの予防線

 

451: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 19:39:08.84
>>309
足し蟹
特に素人評論家では無いクリエイターは絶対やっちゃいけない事だな
見ずに批評するなんて

 

467: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 19:42:24.04
>>309
本当だ。あかんやつや。

 

783: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:36:55.26
>>1
まず出だしからしてダメじゃねーか。こういう事語り出すやつ何でどいつもこいつも読んでないアピールしてんの?くやちいの?

 

788: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:37:50.24
週刊文春エンタが今年1年のエンタメニュースを聞くという企画だが
鬼滅以外に語るべきアニメもなかった。その鬼滅について問われても見ていなかったので語れない
それでは1ページ埋まらないので>>1のような語りになっている

 

3: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:12:56.85
もはやなにもかもがわからないということ

 

4: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:13:21.09
押井はななめ上を狙いすぎて一般ウケしない

 

6: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:13:46.34
腐ったババア達これだろ

 

14: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:15:56.50
>>6
それもある
Twitterど腐ババアが持ち上げてくれたからな
あとはとにかくわかりやすいこと
ヒット要因は滅茶苦茶シンプルだよ

 

17: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:17:19.71
>>14
ソーシャルディスタンスとか無視だしギャーギャー批判する人が持ち上げてるから批判が出ない
どの層が一番厄介かよくわかる

 

8: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:14:06.83
「わかりやすい」これに尽きる
最近のアニメは美少女動物園か無駄に捻った難解な作品が多かった

 

19: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:18:38.62
>>8
これこれ。
わかりやすいのが一番

 

140: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:47:58.15
>>19
ダイの大冒険やってるけど正直、今見ると面白くは感じないな今のところ
分かりやすい作品だけど

 

145: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:49:11.71
>>140
ダイもひぐらしもそうだけど、流石に同じ話はちょっとキツいよね

 

667: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:15:15.83
>>145
ダイ大初見のうちの子供は毎週楽しみにしてるけど

 

777: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:36:04.55
>>140
ダイダイ面白くなるのはハドラーが真のハドラーなってから、だろ?

 

146: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:49:13.14

>>8
子供でもわかりやすいもんな
呼吸という必殺技
刀というわかりやすい武器
敵が敵らしい卑怯で残忍な鬼

ごっこ遊びしやすいのがいい

 

186: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:55:03.65

>>8
ジャンプの現役作家が応募作品を論評するコーナーで他の漫画家は個性だインパクトだ言ってたんだけど、
鬼滅の作者だけは「王道から逃げずに頑張ってください」ってアドバイスしてたんだよね

マシリトも最近のジャンプは「少年」には難しすぎるって苦言呈してたし、
ジャンプの黄金時代を再現して分かりやすい面白さって少年漫画の本道を描いたのが女性作家だとしたらなかなか面白い現象だなと思った

 

308: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 19:14:17.64
>>8
そら子供向けだからな

 

521: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 19:50:33.85
>>8
わかりやすい妖怪ウォッチはすぐすたれたで

 

614: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:04:12.00
>>521
わかりやすいのが売れてたのに、謎のホラー系にして自分で終わらしたのでは

 

716: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 20:25:14.58
>>521
けものフレンズの事ではないか?

 

918: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 21:02:59.19
>>8
それならブラクロがヒットしてもいい

 

11: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:15:10.48
わかりやすく泣かせにくるとこ

 

13: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:15:48.68
話のわかりやすさと完結だと思う

 

15: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:16:29.41
押井の良さが1ミリも理解できない

 

159: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:50:47.23
>>15
これが全て

 

21: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:18:57.68
下の世代と上の世代には分かりやすさ
真ん中の世代には原作が完結してるっていう取っ掛かりやすさかなぁ

 

25: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:20:24.12
なんでこんな奴が大したことないくせに偉そうなのかわからん
あと庵野も

 

61: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:31:07.47

>>25
好き嫌いの好みは別にして
押井も庵野も、
偉そうにしても許される実績や人気を残してるきたのも事実だよ
それに対してそれぞれの、好きか嫌いかはあるだろうけども

なんでも過小評価して
たいしたことないんだと矮小化しようとするのはよくない風潮だ

 

949: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 21:18:00.88
>>25
その二人の作品が後進の作家に残した影響力は滅茶苦茶大きい

 

29: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:21:09.02
同意するのはスタンダードにはならないって所だけだな。
つーか、押井は「アニメ」ってくくられない作品作ろうとして、結局アニメ界からしか評価されない作品しか作れなかったな。
初期の宮崎みたいに、アニメーションでしかできない表現方法で、素直に娯楽作品造りゃ良いのにw

 

30: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:21:13.39
新しいのや発想がすごいのがウケる時代じゃなくなっている
twitterなどの口コミでウケるのが勝利の条件になっている
その前提として、ブランドイメージってのは当然あるんだろうけど
君の名は、もこれに当てはまるよね

 

34: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:22:30.67
>>30
ただのコミュニケーションツールでしかないんだよね

 

36: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:24:36.63
>>30
>>34
流行って元々そんなもんじゃないか?
一家言ある訳でも無い人間まで飛び付くから社会現象になる
だからブームは一過性になりがち

 

170: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:52:55.39
>>30
それもちょっと違う
君の名は初動から大ヒットコースだった
世間的には無名に近い監督のオリジナル作品でしかないのに

 

37: 名無しの読者さん 2020/12/13(日) 18:24:36.94

分かりやすい
今から追っても読みきれる分量
正統派で捻くれてない家族愛
常識人の主人公
分かりやすい個性の柱

そんな理由やろ

 

出典:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1607850654/

 


> YouTubeの映像以外で『鬼滅の刃』を見たことはないけれど
????

関連記事

鬼滅の大ヒットを分析して「~だからヒットした」と論ずるのは

漫画界「古代中国、明治時代の北海道、大正時代のバトルものが大ヒット!次は…」

ワンピとかヒットしてるの見てると、なんでなろう主人公路線にするのかわからない