ノベルバが第1回「ノベルバノベルズ登竜門」コンテストを開催



 

電子小説サービス「ノベルバ」は、オリジナルレーベル「ノベルバノベルズ」にて小説コンテスト「ノベルバノベルズ登竜門」を開催している。2020年11月に創刊した「ノベルバノベルズ」を記念して、第1回「ノベルバノベルズ登竜門」コンテストを開催している。初めて小説を書かれる方から、出版経験をお持ちの方まで、どなたでも参加することができる。最優秀賞受賞作は「ノベルバノベルズ」作品として「ノベルバ」にて有料配信するほか、「まんが王国」でのコミカライズ配信も行われる。

【投稿受付期間】
2020年12月24日(木)15:00~2021年3月31日(水)

【賞品】
・最優秀賞…賞金50万円、まんが王国にてコミカライズ、ノベルバノベルズ作家デビュー(ノベルバにて有料配信)
・優秀賞…賞金20万円、ノベルバノベルズ作家デビュー(ノベルバにて有料配信)
・その他、奨励賞などの用意も検討

⇒ コンテストの詳細はこちら

一次選考は2021年5月、結果発表は2021年7月の発表がそれぞれ予定されている。「ノベルバノベルズ」での新規作品の配信も行われているのであわせて確認してもらいたい。

https://ln-news.com/articles/110377

 


こう言っちゃ何ですが記念すべき第1回なのにあまり拡散されてないので、競争率低くて狙い目かもしれませんね……

関連記事

電子小説サービス「ノベルバ」が「ノベルバノベルズ」を創刊

小説投稿サイト「ノベルバ」で商業作品の取り扱い開始、「待つと無料」方式を採用

作家登録に審査が必要で、ある程度のレベルを確保できる投稿サイトを作るのはどうだろう