また異世界ファンタジー中心の新レーベルが創刊される



マンガアプリ・マンガBANG!が、新レーベル「マンガBANGコミックス」を創刊。第1弾となる4タイトルの単行本が、本日4月15日に一二三書房より発売された。

マンガBANG!で連載中のスポーツ作品、異世界ファンタジー作品を中心に展開される「マンガBANGコミックス」。第1弾作品にはアネコユサギ原作によるCHIHIRO「異世界の戦士として国に招かれたけど、断って兵士から始める事にした」、中文字原作による奥英樹「ミリモス・サーガ 末弟王子の転生戦記」、秀文原作によるazumaya「白のネクロマンサー ~死霊王への道~」、佐藤由幸「ロバストネス」がラインナップされた。単行本は今後も毎月15日頃に刊行予定だ。

https://natalie.mu/comic/news/424601

 


流行りに乗るのは手堅いはずですが、ちょっと出遅れた感が否めないですね……

関連記事

なろう小説やラノベのコミカライズを配信する新レーベル「COMICアーク」創刊

異世界漫画だけを集めた電子雑誌『週刊異世界マガジン 水曜日のシリウス』創刊

スクエニが新文学レーベル「SQEXノベル」発表、キャッチコピーは「大人のエンタメ、ど真ん中!」