直木賞候補作がコミカライズされる



「童の神」は第160回直木賞と第10回山田風太郎賞の候補作となった今村の小説をコミカライズしたもの。平安時代を舞台に、皆既日食の日に生まれた主人公・桜暁丸(おうぎまる)が、いわれもなく蔑まれる民“童”とともに、自由と尊厳のため立ち上がるさまが描かれる。webアクションで連載中だ。

https://natalie.mu/comic/news/431847

 

 

 

 


漫画なら読むって人増えてる(気がする)ので、こういうのどんどんやったらいいと思います。

関連記事

重松清の18年前の直木賞作品『ビタミンF』80万部突破、異例の人気再燃

直木賞作家の黒川博行さんが小説の「マンガ表紙」増加に苦言

芥川賞とか直木賞とかもういいべ?

 

文学, 漫画

Posted by yomisoku