筒井康隆の30年前の実験的SF小説『残像に口紅を』、TikTokでバズって3万5000部の緊急重版

1: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:39:26.49 ID:CAP_USER9

https://www.businessinsider.jp/post-240199

2021年7月28日、不可解な現象が起こった。1989年に作家の筒井康隆さんが発表し、1995年に中央公論新社から文庫本が出版された小説『残像に口紅を』が突然、各通販サイトで上位にランクインしたのだ。アマゾンでは、本の売れ筋ランキングの総合で一時は9位となり、日本文学部門などで1位を獲得。反響を受けて、同作は3万5000部の緊急重版が決定したという。出版から30年以上が経過した日本文学の巨匠作品に、なにが起こったのだろうか?

きっかけは、1人のTikTokユーザーによる動画投稿だ。
TikTokで小説を紹介する動画を投稿している「けんご(@けんご 小説紹介)」さんは2020年から動画投稿を行っており、若い世代に人気のTikTokクリエイターだ。
『残像に口紅を』は、話が進むごとに文字が1つ消えていく実験的な小説。使用できる文字が減っていく世界で生きる、一人の小説家の姿を描いている。
けんごさんは7月27日、本著を簡潔にまとめた30秒の動画を公開した。

「もし、この世から“あ”という言葉が消えてしまったら ―― どんなことが起きると思いますか?」

そのように章を重ねるごとに文字が消えていく世界の変化を問いかけた。するとコメント欄には、TikTokユーザーからの書き込みが殺到。ユーザー同士が議論を交わすなどコミュニティのような盛り上がりをみせて、8000件以上のコメントが集まることになる。これには「けんごさん」自身も驚きを隠せない様子であった。
8月10日現在、この投稿動画には53万件以上の「いいね」となり、580万回再生されて、大きな反響を呼んでいる。同書が7月28日に各通販サイトに突如、ランクインした現象は、この動画が拡散されたことで、興味を抱いたTikTokユーザーが書籍を購入し、売り上げが急増したのが要因だ。

出版元である中央公論新社では、7月29日に同書が通販サイトのランキングで上位になっていることからTikTokでの現象に気付いたという。「弊社の作品で、TikTokでの紹介からここまでの反応があった事例は初めてで、大変驚きました」と、同社販売推進部の瀧澤宣彦さんは話す。

先述の通り、同作は8月12日出来で3万5000部の重版が決定した。この重版分は発注を受けている書店への納品分となるため、さらなる重版も検討しているという。その際にはTikTokのロゴを入れた帯や店頭拡材もつけるそうだ。

 

376: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:58:12.38 ID:9TV6s3IC0
>>1
こういう火のつき方、再評価のされ方もあるんだな。

 

381: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:59:36.53 ID:bqXwaWIO0
>>1
実験的な戯曲がノーベル賞受けるんだったら
筒井康隆が取ってもおかしくないんだけどなあ。
ノーベル文学賞。

 

750: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 23:16:30.73 ID:OJ0mCZpT0
>>1
電子書籍とかで売らないのは賢いな

 

753: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 23:20:17.99 ID:zP7ynbhM0
>>750
電子書籍で売ってるよ

 

769: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 23:36:09.83 ID:OJ0mCZpT0
>>753
だから電子書籍だけでいいだろとならないのがいいんだよ
レガシーメディアも機を見るに敏でないとな

 

2: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:40:08.10 ID:ubB1rgQi0
筒井道隆の親

 

90: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:05:05.66 ID:O5uwGxxR0
>>2
筒井康隆にそれを言ったら物凄い勢いで怒ったらしいな
しょっちゅ間違わられてるのでイヤンて思ってるみたいよ

 

949: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 04:22:03.87 ID:E+Vr8TuI0
>>90
なんでそんなオカマみたいな怒り方なんだよ

 

94: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:05:57.62 ID:YMEIWkaP0
>>2
なんかのエッセイでそのデマ怒ってたの覚えてる

 

6: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:42:28.31 ID:v0q13Vp80
そういやSF小説って昨今ずいぶんと減った感じがするな。
現代人は想像力が衰えてきているのかねぇ。

 

12: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:45:14.49 ID:RABYe5E90
>>6
入門としてまずジュブナイルSFから入るって人が多かったのが
ラノベのクソみたいなのに潰されちゃったから

 

31: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:51:43.30 ID:lfU0iUp30
>>12
なろうも異世界転生が流行る前は
魔法科高校の劣等生とか普通にSFが一番多かったんだけどなぁ

 

23: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:49:30.51 ID:9Uy3qgWT0

>>6
現代の日本人の頭が固くなっている
アメリカとか想像力の限界に挑戦するSFがかなり出てるだろ

ゲームの共通項から一歩も出ない異世界転生物とか、主人公が過去の世界に行く話、もしくは
過去の人物が現代にくる話とか山ほどあるが、あれはSFじゃないね

 

156: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:16:09.58 ID:PWc/4r4s0
>>6
むしろ普通になったからだろ

 

271: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:33:18.10 ID:kyvlxk+V0
>>6
中国のSF小説が盛り上がってるのを知らんのか

 

335: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:47:44.47 ID:9yqwxf9O0
>>6
異世界転生はSFだから
(´・ω・`)

 

601: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:14:13.13 ID:zvmlg73e0
>>335
バローズの火星シリーズとか

 

370: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:56:37.04 ID:piT11/Vb0

>>6
SFの浸透と拡散

でググるといい

 

378: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:58:24.22 ID:9g9bb6E+0
>>6
1960年代のSFで描かれていた未来に
すでに人類は到達してしまったからね

 

391: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:02:10.42 ID:kGS7tyXG0
>>378
最後の喫煙者とか
まじ現代のリアル

 

959: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 05:09:31.27 ID:i6lS7GOy0
>>378
アフリカの爆弾もシャレじゃなくなってきたね

 

407: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:07:23.87 ID:p6+dObHw0
>>6
SFは細分化されまくり&厄介なオタクを抱えて煮詰まって衰退したジャンル
だから最近は無理にカテゴライズしない
SF小説と銘打たないだけでそういう小説は普通にあるぞ

 

470: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:30:25.43 ID:o2tuyhuVO
>>407
タイムトラベルものはすっかり普通に普及したな
恋愛ものにもタイムトラベル、ヤンキーバトルものにもタイムトラベル

 

424: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:12:11.40 ID:PCrOrMPe0
>>6
藤子不二雄のFさんが亡くなったからな

 

486: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:37:31.95 ID:tW2TmQzE0
>>6
文字だけから想像して楽しめる奴は圧倒的に減ったろうな
悪い事か良い事かは知らんが

 

548: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:58:23.64 ID:Oj7t/wF00
>>6
科学の成果が身の回りに入り込んできて月だ宇宙だ!このまま行くと世界はこんなんなるよってのがSFの源泉だろうからねぇ
この先は容姿が技術で均一化するとかコンピュータにすべて管理されて快適な世界とか国がすべての子供を平等に育てるとか
ディストピアっぽいものしか描けないんじゃないか

 

554: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:59:42.47 ID:hx7hZgzO0
>>6
拡散と浸透でごく当たり前の概念の地位を勝ち取ったから
大昔はSMコーナーに置かれたりした
SF作家は仕事がないから漫画やテレビアニメの原作や脚本に参加
平井和正のエイトマン
豊田有恒のヤマトなど贅沢な時代だった
フィリップKディックって昔はサンリオの文庫で読めるマイナー作家だけど
今はブレードランナーとかで有名になっただろ
石森章太郎でさえもSFを描きたいというと編集部から嫌な顔をされたそうだからなあ

 

568: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:03:44.50 ID:BDCy77jg0

>>6
未来が無くなったから

SFの設定年になっても作品の世界が現実に成りそうもないことを知ってしまったから

 

656: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:38:29.21 ID:BKLnqQoQ0
>>6
三体面白かったよ

 

691: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:52:03.42 ID:9o8tsE070
>>656
面白かったが書いたのは中国人だからな
日本のは転生だのタイムスリップだの焼き回しばっかりじゃねえか
なんか衰退を感じるんだよね

 

709: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:56:46.42 ID:o2tuyhuVO
>>691
日本のSFも若手作家でそういうのじゃないやつもあるけど
表紙がアニメ絵女の子とかで手に取る気になれなかったり
アニメ絵女の子の方が売れるからそうしてるんだろうけどさ

 

671: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:43:52.65 ID:TIGJMtnG0
>>6
漫画は編集からokなかなか出ないって聞いたな
SF漫画は全く人気が出ないから誌面に載せたく無いって

 

678: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:47:55.46 ID:LnrEFYV30
>>671
少女コミックで連載してた佐々木淳子って人が男が読んでも面白いSF描いてたけどよくあんなの許してたな
花とゆめもSF多かった印象
竹宮惠子の「地球へ・・・」とかは掲載誌がユニセックスなのとマイナー雑誌の看板だったからまだしも

 

861: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 00:55:13.14 ID:tn57qr7z0
>>6
自分がそうだけど、好きな人はSF読むより
実際のテクノロジーの進化を見てる時間の方が多くなったからだと思う。情報も多いし。

 

953: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 04:52:04.82 ID:i6lS7GOy0
>>6
科学が進歩して複雑になってハードSFが書けなくなったからかな?

 

968: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 05:27:53.39 ID:C3ybfvOs0
>>953
ネットで世界がどうなる、とかSFから、当たり前になって
いまや「竜とそばかすの姫」とか普通にアニメだしな

 

969: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 05:30:59.10 ID:hP45l3UO0

>>6
まぁ日本でも欧米でもネタが尽きた感じだわな
50~40年前のSFブームを知らない中国ではSF受けてるぞ

そういうSF要素アニメも日本よりヒットしてる(ハローワールドとか)

 

974: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 06:10:57.43 ID:h6hwUnV30
>>6
結婚して引っ越しの都度、本を処分したが今またSF小説を買い直してる
ディックの地図にない街とか去年を待ちながら、フロリクエイトから来た友人、ザップガンとかなかなか見つからない
旧版の表紙が好きだから余計に困難w

 

991: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 07:22:16.54 ID:CEoeC6iY0
>>6
君の縄だってSFじゃないの?

 

7: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:42:48.16 ID:kK7TlxHb0
すげえ、昨年は富豪刑事アニメ化あったし
いつまでも表舞台に居るなあ

 

11: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:44:30.54 ID:gauHFuez0
>>7
プライベートは関西弁の面白いオジサンなのに凄いよな

 

216: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:25:05.67 ID:bLn1oFG70
>>11
時かけとビーバップハイヒールのかしこのイメージやわ

 

767: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 23:33:50.14 ID:lYQ282qO0
>>216
これや

 

50: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:56:41.82 ID:4b0K2ggf0

>>7
この人はマジの天才だと思うわ
しかも気取らずバラエティーにも出てくれる

徳井が生き残れたのはここら辺の人に気に入られてた面も有るかもしれんな

 

14: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:46:22.56 ID:RABYe5E90
ってかもしかして幽遊白書のってこれパクった?

 

585: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:07:59.85 ID:ceIcqoaW0
>>14
そうです
色々あって後にレベルEで筒井にオマージュを捧げています

 

917: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 02:08:30.99 ID:iBMoqB3J0
>>585
なんだよー、当時冨樫すげえって思ってたのにパクリかよクソ

 

705: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:55:08.18 ID:kUdXiqK20
>>14
そうだよ

 

817: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 00:23:51.38 ID:DZspqoQK0
>>14
リポグラムという文学手法だよ
あるアルファベットを含む語彙を使わないというのがよくあるものだったけど
筒井康隆はそれをすべての文字へ広げた

 

872: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 01:09:47.72 ID:pE14tgG30
>>14
何か似たような話があったなと思ったらこれだわ
こっちが元だったのね

 

938: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 03:55:19.99 ID:pjeJb/WB0
>>14
冨樫はネタパク多いよ
信者はこんなの思い付く冨樫天才!って盲目的にすぐ賞賛するけどw

 

17: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:47:46.19 ID:wV4YHwkW0
中高生の時狂ったように筒井だけを読み続けた
勿論これも読んだ
最初に読んだのは笑うな
一番面白かったのは虚航船団

 

36: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:52:46.52 ID:kGS7tyXG0
>>17
俺も中高生時代にハマった口
一番笑ったのは、桃太郎輪廻かな?
ドタバタ好きなんで、他にもいろいろあるけど

 

98: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 20:06:13.96 ID:wV4YHwkW0
>>36
筒井のドタバタが当初好きだったんだけど、それだけじゃなくこの人本当の文学の天才なんだと自分が成長して読むジャンルが広がるとわかるところがなおいいよね

 

385: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:00:48.36 ID:ON9q7OeW0
>>17
おれ虚構船団読んでラストで泣いた記憶がある
あれってそんなとこあったっけ?w
もう詳しい中身を覚えてない

 

392: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:03:02.10 ID:piT11/Vb0
>>17
時制が倒置だったりするから
あれを中学生で面白がれるのは訓練された読者の部類の人

 

659: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:39:48.33 ID:z3ZGRaTl0
>>392
確かに

 

459: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:27:28.56 ID:QIoA5ndU0
>>17
狂うよね

 

460: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:28:11.46 ID:dcjTw9z50
>>17
お前は俺かよ

 

475: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 21:31:50.99 ID:1QDQnoyI0

>>17
高校生の時嵌って美術の時間作品も描かずひたすら読んでた
そしたら美術の教師に「俺の作品の方がオモロイぞ」と言われて本を取り上げられた

ちなみにその美術の教師の名前は黒川博行

 

663: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 22:41:06.45 ID:MAO9YOHF0
>>475
凄い!なんと羨ましい経験。
黒川博行って美術教師しながら作家やってたのか。知らなかった。

 

920: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 02:32:37.32 ID:oy6URyTv0
>>475
本人か なんかうらやましいな

 

921: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 02:35:45.96 ID:RJgqwW630
>>475
で、実際に筒井より面白かったのだろうか?

 

839: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 00:37:13.36 ID:Ay1KQdfd0
>>17
ホッチキスの「ココココココココ」が印象に残ってるw

 

846: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 00:40:56.15 ID:V+ejX/MT0
>>17
お前俺かよ
全く同じだな
もしかしてほんとにお前は俺か?
1977年生まれ?

 

871: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 01:09:29.26 ID:5qND1C1h0
>>846
もうちょっと上
72年

 

960: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 05:11:52.43 ID:i6lS7GOy0
>>17
虚構船団、虚人たち
は読んだが、正直辛かった

 

963: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 05:16:28.66 ID:i6lS7GOy0
>>960
脱走と追跡のサンバ
も追加

 

975: 名無しの読者さん 2021/08/13(金) 06:12:44.76 ID:8vzMOtY+0

>>960
ええ、そうですね。
あれは小説がわたしらの実生活とはまったく違う世界で小説そのものが独立して存在しているかのような作品であり、素直にはおもしろがられない性質なものです。その虚構性を際立たせた物語により現実世界を撃つことができればというのが筒井康隆の作意なのでしょうが。
ハイブロウな作品が必ずしも感激する、こころに沁みる作品とは限りません。

話はそれるけれども。ファンにとってはエッセーで書かれていてずっと知っている、画家であるこどもの筒井伸輔をわずか52の若さで亡くした筒井康隆のつらさを考えると、お気の毒でならない。
いまでも、高齢な自分が代わりに死んで息子に生きつづけて欲しかったとときおり思うのではあるまいか。

筒井さん、わたしらファンのためにも息子さんのためにも、どうぞもっともっと長生きしてくださいね。

 

22: 名無しの読者さん 2021/08/12(木) 19:49:06.45 ID:taLLe4dp0
すげー、宣伝の仕方が根本から変わるな
もうテレビやラジオでやる時代は終わったみたいだ

 

出典:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1628764766/

 


こんなルートがあるとは……

関連記事

筒井康隆『残像に口紅を』の感想

日本の国語教育っていい文章を書くスキルにあまりつながらないよね

40歳無職だが、なろう小説にはまってしまった…

 

文学

Posted by yomisoku