なろう小説で「絶対に倒せない最強の敵」をどうやって倒せばいい?

1: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 21:59:34.492 ID:/Ng1bWi+0
絶対に倒せない最強の存在を出すとしてそれをどうやって倒せばいい?
それを倒さなきゃ話が進まない

2: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:00:36.407
どうして絶対に倒せないの?

 

14: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:03:24.206 ID:/Ng1bWi+0
>>2
完全な存在だから殺すことはもちろん傷つける行為は絶対に不可能
全知全能で敵対する存在は自動的にこの宇宙から消滅する
IQは999999999999999999999999999999999999999999999999999
最強

 

43: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 23:37:07.407
>>14
じゃあ違う宇宙から絶対に倒せる能力をぶつけて矛盾の中に叩き落として実質死にすればいいじゃん

 

3: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:00:43.849
なんか勝ってたわ思ったより弱かったわでいいよ

 

4: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:01:18.466
転生したときに神様が全部倒しといてくれればいいんじゃない?

 

9: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:02:30.439
>>4
神様は直接世界に干渉できないぞにわか

 

5: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:02:08.138

「フハハハハ!我が名は絶対に倒せない敵!!貴様らがどう足掻こうと我を倒すことはできんぞ!!!」

「ふーん。でもそれ、”この世界では”って話だよね?」

「なんだと?」

「わりーな、俺はもともとこの世界の住人じゃねーんだ。お前らの世界のルールなんざ知ったこっちゃねーってことよ」

ドォン!!!

「ぐ、ぐおわああああああ!!!!まさかこの私があああああ!!!!」

「ま……これが”井の中の蛙大海を知らず”って奴だな……」

 

6: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:02:10.010
別に小説を書くに当たって敵は必要ではない

 

16: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:05:32.236
>>6
敵のようなものは必要じゃね?
壁というか

 

21: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:09:37.729
>>16
必須とは思わないな
あったらダメというわけでもないが

 

22: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:10:44.513
>>21
必須でないものというと日常系とか?

 

29: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:17:06.926
>>22
ずっと心情描写だけで進むやつとか
世の中いろんなもんがあるだろう
まあ別に声高に主張したいような話でもないけど

 

8: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:02:25.716
お前は一生文で食うことはできなさそうだな

 

12: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:03:02.119
目からビームで倒せなければ全身からのビームを撃てばよいのだ

 

15: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:03:40.117
パラレルワールドから主人公を倒せる力を持ってくるって敵の設定で主人公は殴り勝った

 

17: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:06:57.275

「へー、お前最強なのか。」

「ああ、そうだ。貴様は絶対に私に勝つことはできない」

「でもさぁ、それって戦う前に相手を消しちゃうからだろ?それってただ”逃げてる”だけじゃねーの?」

「なに?」

「自分の力で勝つ自信がないから、戦いそのものを無かったことにして逃げてるだけ。お前は最強なんかじゃない、ただの臆病者だ」

「なんだと貴様!!」

「おっと、そうじゃないって言うならこの俺と戦って証明してみせろよ。正々堂々、”自分の力”でな!」

「おもしろい、ならばこの私が直々に貴様をねじ伏せてくれるわ!!」

 

19: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:07:39.505
相手に惚れさせる

 

23: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:11:37.761
倒せないなら封印するとか?
呪術廻戦みたいに

 

28: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:17:00.784
「O2。そう酸素だよ」
「なんの話だ?遂に頭でもイカれたか?フゥハハー」
「こっちの世界じゃ誰も知らないだろうが、俺らの世界では子供でも知ってる常識でね」
「そろそろ楽にしてやろう」
「まあ慌てるな。酸素がなきゃ死ぬんだよ生物は。魔王お前もな!」
「グッ!?なんだ……苦しい!?」

 

30: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:18:10.110
敵の目標達成を阻止して実質勝利を狙うのもありだ
暗躍しながら支配を目指す敵の名前を使って
更に悪どく酷い行いを先んじて行う
敵の悪名は知れ渡り身動きできなくなる

 

31: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:20:11.650
敵にしろ主人公にしろ完全無欠なキャラ作りたがるのは
作品を越えて最強論したがるくらいにガキっぽい

 

33: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:22:39.358
>>31
そういえば作るの難しいわりにうまみはあまりなさそうだな

 

34: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:22:44.809
日の光で焼く

 

35: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:27:10.721
主人公が絶対に敵を倒せる最強の存在になればいい

 

36: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:33:34.234
>>35
かくして最強の主人公と最強の敵はあらゆる場所、あらゆる時間で果てしなく戦い続けました
それを見た神様はがっかりしたのでしょう「ああこのパターンか」と時間を巻き戻してしまいました
気がつくと主人公はトラックにひかれた日のトラックにひかれた場所に横たわっていました
何が起きたかは彼にはわかりません
ただ自分の体が冷たくなっていくのを感じるばかりでした

 

37: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:38:44.859 ID:/Ng1bWi+0
>>36
最強の敵がその時助けてくれるんだよ
未来に自分と互角に渡り合える好敵手が喪われる絶望を味わうなんて最強の敵には耐えられない
最強の敵が自らの最強性を喪うのと引き換えに主人公に最強の力を注ぎ蘇らせるんだよ
こうして主人公は最強の存在となって永劫の時間を敵を待ち続ける存在になるんだよ
そして現れるんだよ『最強の敵』――かつての自分が

 

42: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:53:38.059
>>37
お前は確かに「強い」よ
だがそれだけだ
俺には……俺達には何ものにも打ち破れない「絆」がある!

 

41: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:49:37.429
一休さんみたいにトンチで

 

38: 名無しの読者さん 2021/09/04(土) 22:45:21.960
精神的勝利でいいだろ
もう負けでいいよって思わせる

 

出典:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1630760374/

 


弱点皆無の敵と戦うのって面白いのかしら

関連記事

ラノベの敵キャラの能力が思い付かない

今書いてる小説の敵役に有名人のそっくりさん出したいんやが

なろう小説で牛のバケモノの敵出すんやけど能力考えてくれや