なろう小説『新米錬金術師の店舗経営』TVアニメ化決定

ファンタジア文庫刊『新米錬金術師の店舗経営』のTVアニメ化が決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、孤児で天涯孤独な主人公が、狭き門でありながらも唯一成り上がれるキャリアパス「錬金術師」となって、師匠に勧められたボロボロの建物から店舗経営を始めるお仕事ファンタジー。原作小説は第5巻が9月18日に発売されたばかりで、「コミックヴァルキリーWeb版」でのコミカライズでも注目を集めるシリーズがアニメ化に向けて動き出した。

【原作小説あらすじ】

天涯孤独な孤児にとって、ほぼ唯一とも言える成り上がりへのキャリアパス。それは錬金術師の国家資格を得ること! 能力以外何も求められない王立錬金術師養成学校を卒業した少女のサラサは、師匠から一軒のお店をプレゼントされる。気前の良い師匠に見送られ、錬金術師としてのちょっぴり優雅な生活を夢みて旅立ったサラサは、到着早々、想像以上の田舎っぷりに愕然とすることになる。しかし、そんな場所でも何とかお店を経営しないと、生活は成り立たないわけで―可愛いアルバイトや優しい村の人たちに囲まれて、目指すは一人前の国家錬金術師! お仕事スローライフここに開店です!

アニメの情報については今後の続報を楽しみに待ちたい。TVアニメ化が決定した『新米錬金術師の店舗経営』は、ファンタジア文庫より第5巻まで発売中。

https://ln-news.com/articles/112289



 

みんなの反応

 

 

 

 


なろうの女主人公は人気出る(確信)

関連記事

なろうアニメって女主人公だと面白いよな

【朗報】なろうアニメさん、女主人公なら普通に見れる事が判明

なろうアニメ視聴者「複雑なストーリーも魅力的なキャラクターも壮大な世界感も何一ついらない、女の子かわいけりゃいい」