なろう小説『転生したら剣でした』アニメ化決定

GCノベルズ刊『転生したら剣でした』のTVアニメ化が決定した。本作は第4回ネット小説大賞受賞作で、奴隷の猫耳少女と剣に転生した「師匠」との出会いから始まる冒険譚を描く。原作小説は第12巻が9月24日に発売されたばかりで、シリーズ累計は180万部を突破している。アニメ化決定を記念して、原作者の棚架ユウ氏、原作イラストのるろお氏、コミカライズ担当の丸山朝ヲ氏、スピンオフコミック担当のいのうえひなこ氏よりお祝いコメント&イラストも到着。大人気無機物転生ファンタジーがアニメ化に向けて動き出した。

【イントロダクション】
気がつくと異世界に転生していた。普通の人間としてではなく、剣として。驚きを感じつつも、剣として生きていく決意を固めた主人公は、自らを浮かせる能力を駆使して魔物を狩りながら、周囲の状況を確認していく。そんな折、休憩として地面に刺さった瞬間、その能力が発動しなくなってしまった。途方に暮れる主人公。そんな彼の前に突如として猫耳少女が現れるのだが……。

https://ln-news.com/articles/112330



 

みんなの反応

 

 

 

 

 

 


コロナがなければもっと早くやってたのかもしれませんな。

関連記事

「漫画や小説にお金を使わない中高生」を、どう受け止めるべきか?

ワイなろうの漫画にハマってしまう

なろう小説書いてるんだけど、主人公が異世界転生した先が何も思いつかない