プロレタリア文学「蟹工船」、SF漫画『新約カニコウセン』としてリメイクされる

原田重光原作・真じろう作画「新約カニコウセン」1巻が、本日10月29日に発売された。

「新約カニコウセン」は、プロレタリア文学として知られる「蟹工船」のSFリメイク作品。水棲生物たちが空を飛ぶように進化した世界で、“この世の船底”と呼ばれるほど劣悪な環境の船・蟹工船に乗って蟹漁をする青年・流伽を描く。巨大化した蟹の甲羅は強固で銃弾も刃物もまともに通じないが、商品である身を傷めないよう爆発物を使うわけにもいかず、作業員たちは関節技(サブミッション)で戦闘。ハサミでの攻撃を受ければ手足を簡単に失う地獄のような仕事に、生きるため精を出す。同作はヤングアニマル(白泉社)で連載中。

https://natalie.mu/comic/news/451367



 

みんなの反応

 

 

 

 


すごい設定ですね。

関連記事

読書って金かかる趣味やな

なろう信者「無職転生はなろうの最終兵器」ワイ「見てみるか」

マグロ漁船は怖くない!ゆるっときりっと動画で紹介

 

文学, 漫画

Posted by yomisoku