中年の雑誌編集者に待ち受けていた困難

 あらゆるコンテンツが一台のスマホで楽しめるようになった現代。デジタル化の恩恵を享受できる一方、かつて隆盛を誇った出版、音楽、写真などの業界は「斜陽産業」とも揶揄される。以前は羨望の眼差しを向けられていた多くの“業界人”が「泥船から逃げだそう」と現場をあとにした。

 若ければいくらでも転職先はあるだろうが、中年ともなればそうもいかない。その後、彼らはどこで何をしているのか――。

中年の雑誌編集者に待ち受けていた困難
「出版業界を辞めたのは5年前。最後は給料も出ず、担当していた雑誌も廃刊。転職先もなく、お先真っ暗という状態でした」

 元雑誌編集者の鎌田裕一郎さん(仮名・40代)は、斜陽産業といわれて久しい出版業界に20年ほど在籍。1990年代、雑誌は売れに売れて「毎晩経費で飲みに行っていた」と振り返る。

 だが、辞める直前の数年間にいたっては、給与は出ないわ人は辞めていくわで「斜陽産業」の現実を目の当たりにしたという。鎌田さんは雑誌編集以外に業務経験は無く、中年の転職者を受け入れてくれる出版社も皆無だった。

食うために仕方がなくWebの世界へ
 いまの時代に自分は求められていない……すっかり自信喪失していたところ、知人のWeb編集者から声をかけてもらったという。

「Webだろう? って正直、馬鹿にしていました。でも、食べるためには仕方がないと思い、とりあえず入社した感じです」(鎌田さん、以下同)

 そんな鎌田さんだが、現在では、あるサイトで責任のあるポジションを任されるまでになっていた。

「雑誌からWebの世界に移って、自分の仕事が通用する場は増えているのかもしれないと思うようになりました。編集者だけではなく、ライターさんだってそうでしょう。書くこと、編集することが好きなら、プラットフォームはどこでもいい。紙や雑誌に固執する必要は無かったんです」

 文字を書く、編集するという仕事は、いわゆる“メディア”に限らず、一般企業がみずから運営するオウンドメディア、広報やPR会社、果ては個人のブログやnoteの代行など、出版社や新聞社以外の場所でも求められている。それに気づいた鎌田さんの表情は明るい。

音楽も写真もスマホで事足りる
 同じように「斜陽業界」からの転職をきっかけに、人生がうまくいきだしたという人は他にも。

「レコードショップを経営しながら、副業でカメラマンもやっていました。しかし、レコードやCDは2010年代に入ってから全く売れなくなり、カメラマンの仕事も減りました。全部スマホで事足りるからですよ」

 河内琢己さん(仮名・40代)は転職を決意した。といっても、どこかの会社に入社するのではなく、自らが「発信側」にまわるという決断だった。

「他に売るものもないから、自分で曲をつくって売ろうという感じですね。最初は、誰でも無料で使えるフリー音源のサイトを作って、サイトの広告収入だけで月5万くらい儲かったんですかね。その後、個別に作曲の依頼も来るようになって、イベント会社や映像会社からの仕事も受けられるようになりましたよ」(河内さん)

 カメラマンの仕事も、ほとんどレコードに関連するものばかりだったため、レコード店廃業とともに仕事はゼロになったが、YouTubeやSNSを通じて「カメラ撮影のテクニック」を伝える動画を配信したところ、意外な反響があったという。今では「出張教室」を行うまでになった。

「レコードもカメラも確かに斜陽でしたけど、少し見方を変えれば、ニーズはあるんですよね。じつは私の妻も同じです」

自らSNSやブログで発信
 河内さんの妻(30代)も、当時はアパレル販売員だったが、本社が力を入れるのはネット通販ばかりで、実店舗数は減少。そして、妻の店がついに閉店となるタイミングで、遠方にある本社に勤務するか、あるいは退職するかを迫られていたという。

「妻は販売員を辞めてから、嘆いてばかりいました。結局、何がやりたいのか聞いてみると、やっぱり服を売りたいと。それならば、SNSやブログで、自分のいいと思うものを売ればいいじゃない、そんな話を軽くしたんです」

 試しに、ファッション系SNSやブログで自身のスタイリングを発表し、着用しているアイテムの解説などを始めると、3か月ほどでそれなりに読まれるようになった。次第に妻の「ファン」も増え、ここぞという場面でのスタイリング依頼を直接受けたり、海外のショップから「アイテムの宣伝をしてほしい」という案件がくるまでになったという。

「あの時の判断のおかげ」
「当時は絶望していて、俺らみたいな古い人間は必要とされていないと思っていました。ネットなんか若い連中がやるもんだ、なんて。今考えてみればバカみたいですが、思い切ってやってみてよかった。あの時の判断のおかげで、なんとか生きられている気がしますよ」

「スマホ」によって失われたニーズもあれば、新しく生まれたニーズもある。そこで自分が活躍する方法を模索したことで希望が見えた。河内さんが言う。

「今の場所が斜陽なら、陽が昇ろうとしている別の場所に行けばいいだけ。場所が変わっても、俺たちの好きなことも、やりたいことも変わらないんですから」

<取材・文/山口準>

【山口準】
新聞、週刊誌、実話誌、テレビなどで経験を積んだ記者。社会問題やニュースの裏側などをネットメディアに寄稿する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/31107acdcfd40231633cbfc7335b883445ec682f


みんなの反応






うまく転身できなかった人も大勢いるでしょうね。

関連記事【悲報】某出版社さん、編集不要論に自ら拍車をかけてしまう

これまでに出会ったほとんどの漫画編集者が言ってきたこと

書籍編集者の仕事まとめ