最大2倍速で読める!? Chrome拡張「読書アシスト」期間限定公開

 Webの文章を読みやすくレイアウトし直すChrome拡張「読書アシスト」を、日本ユニシスが2022年2月28日までの期間限定で公開しました。

 大日本印刷が開発した読書アシストは、文節の識別結果をもとに文章を速く読めるようレイアウトし直す技術。1分間に読める文字数は一般的には400~600字程度のところを、最大で1000文字程度まで向上させるとしています。

 2020年には文学作品などを例にしたデモが公開されていましたが(関連記事)、今回はユーザーが任意のWebページへ適用できるようになりました。導入後に拡張機能ボタンをクリックすると、表示中のページが「読書アシスト」スタイルへ変換されます。

 変換後は行間が空いたり段落が分けられたり、行へ右下がりに傾斜が付けられたりと、レイアウトが大幅に変化。1行ごとに背景へ淡い色を付けるといった配慮もあって読みやすく感じられます。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2112/07/news129.html


みんなの反応














読書より仕事で便利そう

関連記事【悲報】Amazonの“聴く”読書「Audible(オーディブル)」2ヵ月無料なのに誰も使ってない

【朗報】読書感想文の宿題、進化していた

読書=小説という風潮