サイゲームスのシナリオ制作アプリ「こえぼん」

「こえぼん」の機能一覧

1.シナリオの執筆サポート

2.シナリオの監修

3.更新履歴とロールバック

4.シナリオの検索品質のチェック

5.収録台本の作成

6.音声ファイルの管理と音声検収

7.シナリオデータの出力

ゲームのシナリオには、指定された文字数・行数を超過しない、NGワード(※)をしゃべらせない、キャラクターが使う呼称(あんた、お前、キミなど)を統一する……といったルールがあります。シナリオライターがこれらのルールをすべて把握して執筆するのは大変なので、執筆したシナリオがルールに沿っているかどうかをチェックする機能が搭載されています。

シナリオ執筆時、キャラクターの過去の発言と矛盾がないかを調べたい、過去に特定の単語をどのように表現していたのかを知りたい、といった場面で既存のシナリオを検索する必要があります。従来のExcelでの管理では、複雑な条件で検索することが難しいという課題がありました。

そこで「こえぼん」では、シナリオとセリフの情報を組み合わせて、柔軟な検索を行えるようにしています。シナリオ情報については、シナリオが所属しているカテゴリー、タイトル、ステータスなどを条件として指定でき、セリフの情報については、特定のキャラクターによるセリフパターンの検索などが行えるようにしています。

品質チェックとは、文章内の誤字や表記揺れを見つける作業のことです。誤字は注意深く読まないと見つからないし、表記揺れの検出はすべての文章で確認する必要があり、作業が大変です。そこで「こえぼん」には、AIによる誤字や表記揺れの検出が行える機能が搭載されています。表記揺れの検出では、それぞれの表記がどういった比率で使われているかといった情報や、それぞれの単語が登場するセリフを一覧で確認できます。

「こえぼん」の導入によってどのような効果が得られましたか?

チエミ やっぱり、ファイル管理が一元化されたのは大きいですね。ミスの発生率が大幅に下がった実感があります。監修や品質チェック、音声検収といった他部署との連携もスムーズになって、手戻りが減って作業が効率的になりました。

シナリオライターからの評判が高いのはNGワードがエラーとして表示される機能です。これは本当に便利です。書くときに意識せずともシステム側がチェックしてくれるのは助かります。呼称の統一といった検索もそうですね。これまではExcelでリスト作ってそれを毎回開いて突き合わせていましたが、1つの画面上でできるのは楽です。表記揺れについても、色々なシナリオをまたいで統一するのがすごく簡単になりました。

https://magazine.cygames.co.jp/archives/19967


みんなの反応




さすが整ってますね。

関連記事ネット流行語100年間大賞は「ウマ娘 プリティーダービー」

シナリオライターとラノベ作家と一般小説家と記事のライターと漫画原作者

小説・映画・アニメ・漫画・ゲームで一番ストーリーのクオリティが高いのは?


ゲーム

Posted by yomisoku