カクヨム小説『神は遊戯に飢えている。』アニメ化企画進行中

MF文庫J刊『神は遊戯に飢えている。』のアニメ化企画が進行している。本作は暇を持て余した神々が作りし退屈しのぎの遊戯(ゲーム)に、元神様の少女レ―シェと、天才と呼ばれる少年フェイが挑む超弩級の頭脳バトルファンタジー。原作小説は現在第3巻まで発売されている。2021年1月に第1巻が刊行され、同年8月には「コミックアライブ」にてコミカライズの連載も開始。アニメ化企画は第4巻の発売を記念して公開されたPV内にて発表された。神々と人類が頭脳戦で戦いを繰り広げる、超弩級の頭脳バトルファンタジーが早くもアニメ化に向けて動き出した。

【第1巻あらすじ】

暇を持て余した至高の神々が作った究極の頭脳ゲーム「神々の遊び」。永き眠りより目覚めた元神様の少女レーシェは、開口一番にこう宣言した。「この時代で一番遊戯の上手い人間を連れてきて!」指名されたのは“近年最高のルーキー”と注目される少年フェイ。二人が挑む「神々の遊び」は難易度高過ぎで完全攻略者はいまだ人類史上ゼロ。なぜなら神様は気まぐれで、とっても理不尽で、たまに理解不能だから。だけどそんなゲームだからこそ、心から楽しんで遊ばなきゃもったいない! ここに、天才ゲーム少年と元神様の少女と仲間たちによる、至高の神々との究極頭脳戦が幕を開ける!

https://ln-news.com/articles/113221



みんなの反応










カクヨム系も増えてきたわね

関連記事カクヨム小説『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』アニメ化企画進行中

カクヨムアニメ「勇者、辞めます」キャラクターPV公開

トム・ブラウンみちお氏がカクヨムで異世界ファンタジー小説の連載を開始