企画を投稿できるフリー素材サイト「企画倉庫」爆誕

 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「笑ってはいけない」シリーズなどを手掛ける放送作家・深田憲作さんが、“企画”に特化したフリー素材サイト「企画倉庫」を1月26日にオープンしました。

 放送作家として数々のヒット企画を生みながらも、日々企画考案に苦労しているという深田さんは、登録者1万人越えのチャンネルが2万件以上も存在していることに着目(※)。自分と似た悩みを持つYouTuberらをサポートしたいとの思いで企画のフリー素材置き場「企画倉庫」を考案しました。

 企画は「グルメ系」「ゲーム・クイズ・チャレンジ」「検証・やってみた」「選手権」「ドッキリ」「トークメイン」などに分類されており、「ハイチュウ1000粒全部とかして巨大ペロペロキャンデイにしてみた」「しりとりで言った商品を食べる大食い!」「説明書を見ずに家具を組み立てる選手権」「憧れのアイドルで“夢のクラス”を作ってみた」などYouTubeを意識したものが並んでいます。

 このほかにも人気チャンネルの企画案を勝手に考えてみるコーナーや、YouTubeの歴代ヒット企画がおかれたコーナーなども並ぶ本サイトですが、最大の特徴はサイト訪問者が企画を考えて投稿できること。

 この企画投稿機能は、放送作家を目指したい人や「YouTuber や放送作家になりたいわけではないが企画やネタを考えるのは楽しい!」というラジオのハガキ職人的な気質を持った人や「このサイトを閲覧するYouTube・テレビなどの制作者に自分の企画力をアピールしたい!」という若手放送作家などが、自分の企画案を発表することで注目を集めるプラットフォームとしても活用できるといいます。

 「企画倉庫」は企画案の埋蔵量が多くなればなるほどユーザーにとっての利用価値が上がっていくことに加え、サイトの価値が上がればこのサイトに企画案が掲載されることの名誉・価値の度合いが上がっていくので、「企画案を投稿する人の数が増える」と深田さん。

 運営者・ユーザー・企画投稿者がウィンウィンウィンになっていくという仕組みで、「将来的に掲載する企画案1万個を目指す」とのことです。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2201/26/news058.html


みんなの反応










すごい時代だわ……

関連記事日本人中学生がなりたい職業:男子1位Youtuber、2位eスポーツ選手、5位ゲーム実況🎮

絵描ける←すげえ! 音楽やれる←すげえ! 動画作れる←勉強したんだね 小説書ける←あっ、うん(笑)

10代男性の4人に1人がほぼ毎日VTuberの動画を視聴しているらしい