小説投稿サービス「テラーノベル」が権利侵害を防止する対策を発表

小説投稿サービス「テラーノベル」炎上、小中学生による無断転載の温床に

の続報

無断転載が横行しているとの指摘を受けていた小説投稿サービス「テラーノベル」が8月3日、権利侵害を防止する対策について発表しました。

同サービスをめぐっては7月に、小説やイラストの盗用が横行しているとの指摘がSNSで拡散し、物議を醸していました

運営元は改善策として、「権利侵害情報の削除請求フローの改善」「専門の対応部門を組成」「24時間365日のパトロール」「ガイドラインの掲示、注意喚起、素材の拡充」を挙げています。

7月中に、紙の書類で受け付けていた権利侵害情報の削除請求をメールで行えるよう変更し、専門部門を設置。8月上旬から専門部門による24時間365日の対応とパトロールを開始する予定としています。7月にアプリとWebサイトで無断転載に関する注意喚起を行い、8月3日にガイドラインを改定してトップに掲示。8月上旬に素材の拡充を行うと述べています。

さらに利用者の安全への取り組みとして、不適切な利用を防止するためのパトロール、レーティング設定機能の追加によるゾーニング対応も開始したと説明しています。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2208/04/news072.html


みんなの反応










現行の17歳未満どうなるんやろ

関連記事ラノベ作家さん、「小学生が書いたのかと思った」と言われていた

小学生の体力低下はスマホやゲームのせいなの?

【朗報】転スラが小学生に人気で商業的に勝ち組作品