人質美少女「私のことはいいから逃げてぇ!!」俺「>>4!!」

2019年3月2日

1: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:36:13.705 ID:ncZuEb8Ea

敵「ククッ、こんな女のためにわざわざ自分から殺されにくるとは。バカなやつだ」ニヤニヤ

美少女「私のことはもういいの…!お願いだから俺くんだけでも逃げて!」ウルウル

俺「……>>4ッ!!」

美少女「!!」

敵「ほう…?」

4: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:37:59.822
了解

 

6: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:41:13.480 ID:ncZuEb8Ea

俺「了解」

美少女「俺くん…よかった…」ホッ

敵「ははは!女を見捨てて逃げるか!まぁこのオレが相手では妥当な選択だ!」

俺「(馬鹿が…!敵の本拠地にのこのこ1人でくるかよ。今の了解は仲間の通信に対しての了解だ)」ニヤリ

お前ら「こちらお前ら。そのままあいつらの注意を引きつけておいてくれ。その間にオレが>>9!!」

俺「了解ッ!!」

 

9: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:42:30.261
逃げる

 

10: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:42:32.668
逃げる

 

11: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:42:42.374
逃げる

 

13: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:43:40.032
さすがお前ら

 

14: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:43:42.620
お前ら流石だな

 

15: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:43:52.409
お前ら相変わらずだな

 

16: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:47:16.970 ID:ncZuEb8Ea

敵「どうした?なぜ動かない。人質を見捨てて逃げるんじゃなかったのか?」

俺「(いい気になってるのも今のうちだぜ…!すぐにお前らがてめぇの隙をついて…)」

俺「(……やけに遅いな。あれ、お前ら…おい!まさか!?)」

お前ら「ククッ、あばよ俺!お前が敵の注意を引いている間にオレは逃げさせてもらうぜ!」

俺「っっ~~~!??!!」

敵「どうした!人質を助けるためオレと戦うか!それとも尻尾を巻いて逃げ出すのか!さっさと選べ!」

美少女「俺さん!私はどうなっても構いませんから!はやく逃げてぇ!!」

俺「……ちっ、こうなったら仕方ねぇ。>>20ッ!!」

敵「!!」

 

20: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:48:24.941
俺も人質になる

 

22: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:51:15.531 ID:ncZuEb8Ea

俺「……まいった。降参するよ」

敵「ほう…?抵抗せずに殺されるということかな?」

俺「いや、俺も人質になる。だから美少女は解放するんだ」

美少女「お、俺くん!何を言ってるの!?そんなの絶対ダメ!」

敵「面白い提案だな。>>25だ」

俺「……!」

 

25: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:52:26.116
お断り

 

29: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:55:05.358 ID:ncZuEb8Ea

敵「だがお断りだ!お前ほどの実力者を人質にしていてはいつ不意を突かれるかわかったものではないからな」

敵「やはりこの場で殺しておこう…!」ニィィ

美少女「俺くん…!今ならまだ間に合う!はやく逃げてぇ!!」

俺「ちっ、こうなったらもうやるしかないようだな!」キッッ

敵「ほう、私に勝てるとでも思っているのか!?」

俺「>>31!!!」

 

31: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:55:57.740
変身

 

36: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:57:35.837
最初から変身しろよ

 

37: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 14:59:55.106 ID:ncZuEb8Ea

俺「……変身!」カッッ

敵「……!(このオーラ…まさか今まで実力を隠していたというのか!?)」

美少女「お、俺くん…本当に私のこと、助けてくれるの?こいつに勝てるの!?俺くんっ!!」ウルッ

俺「ふぅ…この姿はあまり人に見せたくはなかったんだがな」シュウウッ…

敵「なるほど、>>40が貴様の本来の姿というわけか…!面白い。その力どれほどのものか試させてもらうぞ!」

俺「こォォいッ!!美少女は返してもらうぜ!」キッッ

美少女「俺くんっ!!」

 

40: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:00:46.006
子猫

44a2d1fbefae2da57412b0e2810432b2_s

42: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:01:13.554
かわいい

 

43: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:01:38.186
かわいいな

 

44: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:03:24.776 ID:ncZuEb8Ea

子猫俺「……にゃーんっ」シュウウッ…

美少女「(あ…あれが本来の俺くんの姿…?何あれかわいいっ///)」キュンッ

敵「……ふふっ、ふはは!一体どんな変身かと思えばなんだその姿は!拍子抜けだなぁ。ひょっとして元より弱くなってるんじゃないのか?」ニヤニヤ

子猫俺「馬鹿め、舐めてかかると痛い目見るぜ?必殺>>48!!!」

敵「むうう!?」

 

48: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:05:03.148
こたつで丸くなる

 

52: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:12:04.241 ID:ncZuEb8Ea

子猫俺「必殺…」

敵「ふん!」ボフンッ

子猫俺「……!?(あれは!こたつ!?しまった猫の本能で身体が勝手に!)」ゴロンッ

敵「ふはははは!その変身が一体どれほどの戦闘力かは知らんが、所詮は小動物。戦い向きの姿ではあるまい!」

美少女「(この人…強いだけじゃなく知略にも長けている!このままじゃ…俺くんは!)」ウルウル

敵「さて、あとはこたつごとヤツの身体を粉砕してくれるわ。覚悟!」

子猫俺「はぁ…やれやれ、大ピンチってやつだな。この局面を切り抜けるにはもうアレしかない…」

敵「ほう、面白い!この局面をどう切り抜けるか!そのアレとやらを見せてもらおうか!!」ゴォォッ

子猫俺「>>55!」キッッ

 

55: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:15:08.394
言ってみただけで特に何もなく殺される

 

57: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:23:24.796 ID:ncZuEb8Ea

子猫俺「へへ…さすがにアレを食らえばお前も」

敵「面白い!そのアレとやら見せてみろ!」

子猫俺「い、いいのか…?アレを見たいなら死ぬ覚悟はしといた方がいいぜ?」ダラダラ

敵「そんなものとっくにできておるわ。もしやカウンター技か?いいだろう。そちらに攻める気がないならこちらから攻撃してやる!」ヒュンッ

子猫俺「ぐはぁ!??!!」

美少女「俺くぅぅぅん!!??!」

こうして俺は死んだ。だが敵は俺を殺した際の写真を美少女にネットで晒され炎上、住所などの個人情報を特定され散々な嫌がらせを受けた後、動物愛護法違反の罪で刑務所にぶち込まれた。

HAPPY END!

 

58: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 15:25:42.014
HAPPYなのか

 

62: 名無しの読者さん 2019/02/01(金) 16:02:19.961
子猫は笑った

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1548999373/

icon_new1
知略にも長けているで草

関連記事
現世界チート主人公「スキル『実家が金持ち』!!」
チンピラ「ババアに消火器を10万円で売りつけようぜ!」子分「ボロ儲けっすね!」
女「婚活しよっと! 年収1000万円以上のザコはお断り!」