文章力を高くするにはどうするべきか

2019年6月26日

1: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:20:35.482 ID:X+AJ/P1C0

物書きに昔から憧れてるけどセンスなさすぎて困ってる
どうすれば人を魅了させる文がかけるの?
又吉とか読みやすくてすげーカッコええわぁ

村上春樹はゴミだけどな

 

2: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:20:58.191
まず最後の蛇足かな

 

3: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:22:32.592 ID:X+AJ/P1C0
>>2
お前は俺に指摘できる権利ないけどな

 

6: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:23:05.170
>>3
なんで?

 

7: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:24:20.136
>>6
さあな

 

4: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:22:57.521
読みやすいわかりやすい文章は書けるようになれるかもしれんが独特の感性からくるセンスある文章は今書けないならこれから先も描けるようにはならないだろう

 

9: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:24:50.739 ID:X+AJ/P1C0

>>4
やっぱセンス大事か
あの芸術のように完璧な文とか表現力とか訓練しても無理か

てか読みやすい文てなんだろう

 

8: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:24:39.391
○○はゴミ
とかいう奴にのびしろなんてねえよ何でも学べカス

 

12: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:26:50.093 ID:X+AJ/P1C0
>>8
ゴミはゴミだよ
自分の感性が受け付けないモノから何を学べるというの?
ゴミだと感じてしまうのは生来のものじゃん
ゴミだと知りつつも学ぼうとしないとダメなの?
もしかしてハルキスト?

 

14: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:27:34.486
意見求めといていきなり指摘すんなてのが謎なんやがそういうキャラ作りで「お前らを試すぞ」みたいな感じのやつ?

 

18: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:31:04.171 ID:X+AJ/P1C0
>>14
ここまでスレ伸びると思わなかったから、いつも通りのvipの使い方してしまった

 

11: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:25:51.571
小説に限らず色んな文章を書くと文章力は上がる
ただすでに言われている通りセンスの良い文章が書けるようになるわけではない

 

16: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:30:04.333 ID:X+AJ/P1C0
>>11
訓練しだしてから光るというとはないのかな
でも人にはそれぞれ色があるでしょ?
性格が明るい人暗い人、スポーツの得意不得意、細い人太い人、そういった人それぞれの個性というものは物書きの中にも現れんじゃないかな
そしてその色を濃くしていけば誰かの目にも止まりやすいなるのでは?

 

24: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:34:16.216
>>16
文章力を高める練習だけじゃ上げられないと思うけど上がる可能性はある
現に綿矢りさとか処女作ゴミだったけど2作目で化けたし

 

29: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:36:18.604 ID:X+AJ/P1C0

>>24
語彙力とかも重要だよね
必ず本を読むと4~5個見たことも聞いたこともない言葉に出会う
自分で言うのもなんだけど一般常識や教養くらいあると思ってるけど、ああいう言葉はあの人たちはどこで知ったのかな

錦矢リサか
へえー

 

21: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:31:34.366
あまり色々読んでなさそう

 

25: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:34:32.093 ID:X+AJ/P1C0

>>21
特に読んでないな
今まで生涯で読んだ本は50冊くらいか
小説は本多孝好が好き
厨房の頃はリアル鬼ごっこの人の本めっさ読んでた
あと学術書的なのよく読む
ホモ・サピエンス前史みたいなのとか

今23歳

 

26: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:35:23.959
ワイは文章力を自負してるけど、書こうと思うと手を動かすより先に頭の中で無駄なものが削がれてく本質だけ残っていく感覚がある
あとはそれを筆にのせるだけ、って感じ

 

31: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:37:06.576 ID:X+AJ/P1C0

>>26
これが天才か

昔から凄かったの?
まぁなんとなく感覚でそういうことはみんなやると思うけど

 

27: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:36:13.579

このスレで出てくる名前が
村上春樹、又吉直樹、綿矢りさ・・・

B’zとかSMAPで音楽を語る感じのスレ

 

37: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:40:30.841 ID:X+AJ/P1C0

>>27
くそわろた

大学時代に理系だけど一応副専門の科目で日本文学について学んだよ
その時に読んだのは

岡本かの子の川
太宰の魚腹記 だな

あと三島由紀夫も適当に3冊くらい読んだよ

 

30: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:36:38.625
とにかく読んで書くこと
これしかないわ
明治時代あたりの文学を読めるようになればそれなりには書けるだろ
あとは名作アニメのシーンを小説として書き起こりたりかな

 

38: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:41:17.837 ID:X+AJ/P1C0
>>30
昔の人の本は難しいわ
時代背景も違うからな

 

44: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:46:52.434
>>38
解説付きのやつ解説も含めて読めばへーきへーき

 

33: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:38:04.380
生涯50冊しか本を読んでない23歳が
どうして自分には教養があるなんて思えるんだろう……

 

39: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:41:51.343 ID:X+AJ/P1C0
>>33
普通の人より読んでるだろ
俺の周りに本読んでそうな奴なんていねえもん

 

78: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:17:27.456
とりあえず主人公が玄関出る描写を色々表現してみろよ

 

85: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:22:33.993
>>78
上手い人ってこれすんなり書けるの?
見本が見たい

 

79: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:18:02.530
ぼくは玄関を出た

 

88: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:28:39.019
>>85
>>79みたいな文ならだれでも書ける
これを知ってる作家でいいから文体模写してみたら表現力はつくんじゃない?
って言いたかった

 

90: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:31:39.584 ID:X+AJ/P1C0

>>78
おけ

まだ外が夜明けとも夜更けともつかない、薄気味の悪い時間に彼は目覚めた。
今日は彼にとって重大な意味を持つ仕事がある。40代にしてようやく働き出した彼にとっては人生でもっとも責任のある仕事になるだろう。
こういう時は決まって夜は寝付けず、朝は早くに目が醒める。
(彼は)いつものことだと言わんばかりに時計を確認すると、まだ早いが日課の散歩に出かけることにした。
体は少し怠くて重い。そう思いながら支度をして、一昨日買ったばかりのナイキのスポーツシューズに手を伸ばした。
ミーハーが嫌いだというが靴の新作に限っては、財布の紐も緩みやすい。
外が白ずんできた。早朝だというのに蝉の鳴き声がうるさい。
軽く伸びをすると、そこにはくたびれた中年ではなく凛々しい戦う男の顔があった。
彼は胸を張って玄関を出た

 

102: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:37:20.600
>>90
才能がないからやめた方がいい
フツウに就職しなさい

 

104: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:38:02.489 ID:X+AJ/P1C0
>>102
何度もいうけど、趣味やから
普通に理系企業に行く

 

106: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:39:25.444
>>90 魅力があるのかはわからんけどサクッと書けるのは羨ましい

 

183: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 11:54:23.007

30分で即興短篇書くっていうスレでは化け物みたいな奴が数人いたな

>>90なんか比じゃないプロのようなクオリティの奴ら
お前は井の中の蛙にもなれてないんだよ
文章なんかかける奴は掃いて捨てるほどそこら中にいる
その中でお前は平均レベルにも達してたない

 

191: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:07:34.319 ID:X+AJ/P1C0

>>183
あたりめーだろ
むしろ俺より書けない奴いたら笑うわ
全然触れてないのに

まあ本気で俺がやり出したら俺の方がすごいと思うけど
ポテンシャルが違うわ

 

202: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:17:41.120

>>90
>夜明けとも夜更けとも
ただの言葉遊びで情景を伝えていない

>薄気味悪い
誰の主観?

 

210: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:23:19.123 ID:X+AJ/P1C0
>>202
そこ説明いる?!

 

225: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:29:57.439
>>210
要るに決まってる
神視点の主観ってご都合未満だぞ

 

222: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:29:23.192
でも>>90がつまらんのは確かだぞ
『こにはくたびれた中年ではなく凛々しい戦う男の顔があった。彼は胸を張って玄関を出た』ってなんだよ

 

228: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:32:54.757 ID:X+AJ/P1C0
>>222
元気でる終わり方だろうが
明日から頑張れるだろこの終わり方わ

 

232: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:34:29.887
>>228
凛々しい戦う男の顔かどうかとか、胸を張っていたのかなんてのは、読者に判断させること
作者が自分で書いてはいけない

 

236: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:37:02.979 ID:X+AJ/P1C0

>>232
なるほど
そういう書き方の方が面白いパターンもあるな

最後だし含みを持たせた方が良かったな

 

94: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:33:19.753

時計を確認すると、まだ早いが

って何か違和感

 

101: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:36:52.267 ID:X+AJ/P1C0

>>94
たしかに

一人称にするか三人称にするか迷った
よくわからんわ

 

110: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:40:48.715
外が夜明けとも夜更けともつかない
時間の流れ的に夜→明けだから夜更けとも夜明けとものが自然では
あと夜更けだと深夜1時2時ぐらいまでだからここで出てくるのは違和感が

 

117: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:45:33.428 ID:X+AJ/P1C0
>>110
なるほど、夜から朝
たしかにその方が自然だな

 

34: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:38:05.574
感性、観念が固まり始める十代後半までにとにかく乱読して
硬軟の感覚とかユーモアとか語彙のレベルのボリューム設定ができるようになれば
全方向に受けなくても筆致である程度読後感とか、いわゆるセンスって呼ばれるようなものは表せる気はする

 

42: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 09:43:58.715 ID:X+AJ/P1C0

>>34
ほーう

やっぱ教養というより専門的な知識とか大事だな
カズオイシグロの日の名残り読んだけど、執事とか歴史とか背景とか、あんなん普通知らんよな

 

61: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:03:07.949

>>42
いや必要な専門的知識が取材レベルなのか経験レベルなのかの違いはあるだろうけど何書くにしてもそりゃ必要だろう

俺は量読むのは技術教習的な意味合いも大きいと思うけど
冊数を入れれば入れる程教養も含む広義の「常識」の把握度が上がるから
母数が上がる事でどんどん自分の中の常識の輪郭が世間のそれと近づいていく恩恵の方が大きいと思う

 

63: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:05:01.274 ID:X+AJ/P1C0

>>61
ほーん
ええこと言うな

量読めばいいわけね
すまんが君のおすすめとか履歴教えてくれ

 

80: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:18:26.076

>>63
指向が分からんからオススメは特に無いけど
俺はどこまで行ってもエンタメが好きだから直木賞一つずつ潰していってた

あと絶対とは言わないけどただ漫然と量入れても
年取ってれば取ってる程文章構成力の底上げには繋がらないとも思う

 

92: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:32:38.454 ID:X+AJ/P1C0
>>80
まだ23歳だよ
それに別に物書きになりたいわけでも、ネットに投稿するわけでもない
ただ憧れてるだけなのよ

 

116: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:44:31.841
>>92
俺の個人的な意見だけど
君が教養を自称してしまってる様に20代中盤はもう俺は根本的な感覚形成には遅すぎると思う
そこからはどういう形であれ出来上がってしまった土台がある訳だから、その上に対して
精読時にとにかく要素を絞って抽出していって自分の中の論理を固めて勝負していくしかないと思う

 

120: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 10:47:26.798 ID:X+AJ/P1C0
>>116
なるほど
自分の中の論理とは?
どういう論理?

 

141: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 11:03:17.885

>>120
いや「文章力」の巧拙に対する持論に決まってるだろ

>>90は細かい指摘をし出すとキリがないし意味もないけど
率直に言うと、当たり前だと思うけどただの今までに聞きかじった慣用表現とイディオムの貼り合わせに見えるから一つずつの羅列の意図が全く汲めない

物語として外から読むとめっちゃ「?」ってなるだけだから
評価を求めるのに使うのはやめた方がいいのではと思う

 

152: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 11:10:27.218 ID:X+AJ/P1C0

>>141
マジこれ
自分でもあれは?これは?なんで?って指摘しだしたらきりがないな
繋がりとかもおかしいし

未開のジャングルで育ったAIがコピペを重ねてそれらしい文を縫い合わせたような文だな

 

169: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 11:29:07.810

>>152
自分自身でそれが見て取れるならまずはスタートラインだと思う

慣用表現を貼り合わせていけば意味は伝わるけど
習わなくても伝わる行間、言外から受ける意図、言葉選びと密度全体の印象、それらを順番に受け取った時の整合性みたいなものは
当たり前だけど書く側が用意しないと「常識」のある受け手には受け取る術がないから

そのいわゆる技巧的な要素を受け手としても書く側としても概念として確立する為に
俺はある程度の量の意図を持った文章表現に触れて、その上で精読する必要があると思う

 

160: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 11:13:33.434 ID:X+AJ/P1C0

>>141
いい指摘だな

色もないよな

 

275: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:56:43.802
>>1の書いた文章見てみたい

 

280: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:57:50.318 ID:X+AJ/P1C0
>>275
お題くれればいくらでも

 

284: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 12:58:59.658
>>280
お題…そうだなー
明るい話が好き?暗い話が好き?

 

288: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 13:00:32.972 ID:X+AJ/P1C0

>>284
んー、映画とかだとダークなの好きだけど、小説は明るい方が好きかな

 

297: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 13:04:17.320
>>288
お題考えるの割と難しいね
じゃあ杉の木とお話出来る人の話
主人公が花粉症だと嬉しい

 

317: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 13:36:34.982 ID:X+AJ/P1C0
>>297
排ガスと雑踏のひしめくこの街で、僕は生まれた。
僕は毎朝6時に起きると、いくつもの杉の木が立ち並ぶ公園で運動を始める。雨の日も風の日も雪の日も。
かれこれ5年は続けてる。
朝運動しているのは僕だけじゃない。お年寄りから、若い女性まで。
みんなマラソンにでも出るんだろうか。走るのが早くて僕を追い抜いてずっと遠くまで行ってしまう。
僕も必死に体を揺らして走るけど追いつけた試しがない。
僕が朝起きて運動をしていると、たまに話しかけてくれる杉の木がいる。
ずーっと昔からここに居るらしい。
僕が生まれる前からずっと。
杉の木が喋るなんて変わってる。でも僕は杉の木と話してると心が落ち着く。
自然はいい。高層ビルが立ち並ぶ都会に唯一の、この公園が僕は好きだ。
ある朝僕が公園で休憩をしていると、いつも見かける老夫婦の話が聞こえてきた。
どうやらこのあたり一帯は更地になるらしい。杉の木が立ち並ぶ公園の後には高層ビルが建設されるらしい。
残念だ。僕の大好きな公園が無くなってしまう。
横から声が聞こえてきた。いつもの杉の木だ。どうやら杉の木も話を聞いていたらしい。
とても悲しんでいた。
だけど僕にはどうすることもできない。僕はこの街に生まれた1人の無力な人間。仕方のないこと。
ーーーーーとうとう工事が始まったらしい。朝から公園では声がする。
「ギャー!!!!、、やめてーー!!!!!」
「痛い、痛いよぉ…。」
「だれか、助けて、、」
声をかき消すように大きな音も聞こえる。
ブィィィーン!!!!ザザザザシュ!!!!
音と叫び声が近づいてきた。
「とうとうワシらの番じゃね。」
え?なんのこと?
「君はまだ5歳ほどじゃったな。まだ若いのに気の毒じゃのう」
何が気の毒なの?
手に大きなハサミを持った人が僕の髪の毛を切り始めた。
僕は身軽になった。
手に回る金属の歯を持った人が僕の胴体を切り始めた。
僕は人間の男じゃなかった。杉の木と話せる男じゃなかった。
僕も杉の木だった。

 

323: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 13:44:37.261

>>317
排ガスはひしめかない

杉の木に対していくつもの+立ち並ぶは重畳、いくつものは削除

僕の運動内容が不明

都会に唯一の公園は言い過ぎ、ビル街などに変更

 

325: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 13:50:42.313

>>317
うーん難しい
読んでて思考があっちこっち頭の中で動き回ってしまってスッと入ってこなかったよ

主人公は何故人間だと思い込んでしまったのかな…運動してる気分になってたのは妄想なんだろうけど、うーん走ってる人々を見て楽しそうだな、自分も走ってみたいなと思う内に自分も人間だと思い込んでしまったのかな
朝6時は公園の時計を見てるって感じ?
最後はちょっとホラーだったけどこういう終わり方は割と好きかな

そもそも杉の木を擬人化させるお題が悪かったねごめん

 

324: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 13:47:20.652 ID:d2I7XJDaa
>>323
id変わった>>1だけど
訂正や推敲だけじゃなくて物語の展開やオチがどうとか感想も欲しい

 

330: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 13:57:55.278 ID:d2I7XJDaa

>>323
排ガスは確かにひしめかないな
重畳かなるほど
運動内容は省いた
ビル街確かにそうだな

>>325
マジで!?
この文でそんなに混乱するの?、
難しすぎわろた

朝6時は推敲ミスだな
色々書きながら設定変更してたから

 

343: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 14:08:42.057
>>324
>>330
実は杉の木でしたってオチだけど
僕の運動内容が不明だったり描写が曖昧すぎたりでミスリードが利かずに置いてけぼりだった
物語が伝わってきてない

 

344: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 14:11:27.138 ID:X+AJ/P1C0

>>343
運動内容ってやっぱ重要なんか
読んでて木になるの?

ミスリード効かずって杉の木が最初から杉の木だとわかってたってこと?
人間だとは思わなかった?

 

350: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 14:18:04.112

>>344
説明しかしてなくて描写が成立してないからミスリードとしての人間の姿の僕が映ってこない

運動だって
ラジオから聞こえるメロディに合わせて両手を広げて胸をひらく運動が得意だと(枝葉を広げるそのポーズしかできない)とか

杉の木として排ガスが嫌い
とかは言われてみれば解らなくないけどそれなら

生まれてからずっと排気ガスの立ち込めるこの街が嫌いだった

みたいに書いて「じゃあなんで街を立ち去らないの?」という読者の疑問に先回りした理由を用意する
でも実際は杉の木だからもともと動けなかったと判ればオチがもっと利いてくるんじゃないか

 

352: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 14:20:23.252 ID:X+AJ/P1C0
>>350
おお!すごい
確かにまだまだ設定活かせたな
伏線置いて回収をもっと意識した方が良かったな

 

374: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 15:10:26.022

>>317
別にレトリックとか文の取捨に関しては今言ってもどうにもならないけど
インプットが足りてないせいで多勢の常識的な感覚との乖離が結構ひどい

定時起床、運動、走る、っていう杉の活動として置き換えて考えにくい行動から
この話の中で根本的な、杉と人間を識別できる杉が自身の形態を誤認したトリガーの示唆が足りてなかったり

もう少し知識的な話をすれば普通の都市公園とか並木として植えられる樹木はそもそも目的が景観、環境の保全とか緑陰の形成とかにあるから
常緑落葉問わず普通の広葉樹でない樹種が群で植えられる事はまずないだとか
まあそこまで考えなくてもいいけど、やっぱり多勢の感覚を掴んでからいじった方がいいと思った

 

378: 名無しの読者さん 2019/02/13(水) 15:19:20.407 ID:X+AJ/P1C0

>>374
知識は大事ねぇ
そういうことを詳しく知らなくても調べなければならない余地がある、ということを頭に置いておかないとダメだね

自分でも書きながらミスリード弱いかなと思ってた

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1550017235/


プロの文章を読む→書く→人に読んでもらう
の繰り返しが大事だと思います。

関連記事
【悲報】村上春樹さんが新ノーベル文学賞を辞退
文章力だけは自信あるんだが何して稼げばいいんだ?
【悩み】読書する時、集中力が続かない