なろう作家はゲームやアニメでしか物語に触れないから浅いものしか書けない←これ

1: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 12:46:11.727
(´・ω・`)じゃあどうすりゃいいのさ

3: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 12:47:14.238
ゲームやアニメの中に自分の気持ちいい物しか見えてないから浅いものしか書けないんだよ

 

4: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 12:47:25.034
映画見て文学読んで実社会で働いてから書けってことさ

 

5: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 12:48:13.395
現地取材するんだよ

 

7: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 12:49:28.868
物語以外のリアルに触れろってことじゃね

 

9: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 12:51:24.424
>>7
そういうことやね
なんかしら自分で経験したら自然とフィードバックされる

 

8: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 12:50:38.033
結論
外出ろ

 

10: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 12:54:24.129
フィクション以外の本を多く読むべし

 

11: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:00:01.644
想像力が抜群に豊かだったり、取材で補えるなら必ずしも豊富な経験は必要ない
なろう作家は基本アマチュアだからどっちもそこまで望めないというだけの話

 

12: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:00:56.221
>>11
想像力を豊かにするためにリアルの体験が大事なんだぞ
人の想像は体験に基づいてるから

 

15: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:13:06.103

>>12
誰だって何もない座敷牢で育ってきたわけじゃないから、ある程度の経験というものはある
ゲームやアニメだって、人の想像を刺激するために作られてるわけで、それも材料にならないことはない
それらをどこまで膨らませられるかは個人の生まれ持った想像力次第だよ

実際に旅行して実物の化石を見ても、ボンヤリ眺めてるだけじゃただの化石のまま 逆に近所で拾っただけのトカゲでも、熱心に観察し想像を膨らませれば恐竜になりうる

 

13: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:09:32.732
そのゲームの脚本は有名な本に影響されたりしてるぞ
例えば幻想水滸伝の村山は群衆劇物を愛読してたらしい

 

14: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:12:30.170
リアル経験はそこまで重要じゃないよ
本当に才能があるなら1を10にも100にも出来る
ただ凡人でも経験を元にすれば何かが書けるというだけ

 

16: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:13:29.782
>>14
そういう作家って具体的に誰かいる?

 

29: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:23:42.510
>>16
小島秀夫、伊藤計劃辺りのSF系統は特に文学や映画の土壌から作品を成す知識や感性のほとんどを得てる
綾辻や辻村のようなミステリなんか更に先人の世界を自己解釈して煮詰めたものだし
宮崎駿だって個人的体験より児童文学を糧としてる面の方が強い
フィクションの中にも実体験のように刺激を受けたり独自の解釈を与えたりする要素はたくさんある
それを汲み取れるかどうかは本人の才能と思想の深さ次第だよ

 

35: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:29:06.389
>>29
なろう作家の話じゃないのか
そこに並んでる人達の経歴調べたけどリアルの体験が活かされてないって断定できないね
作中に表現する上で基にしたり影響を受けてる要素として羅列してるだけで

 

39: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:35:22.237
創作の世界から多大な影響を受けて現実の世や人生に対する考え方を煮詰めていく
或いはそれを発信してフィードバックしていくことでより高次な考えや感性のレベルで創作を行なってく
そうやってどんどん己の作品世界を作っていって一流が出来上がる
>>35はそういう側面を根本的に理解してなさそうなのがダメなんだよな
実体験を元に優れた創作をする人がいる一方で、そういう世界を生きる作家もいるんだよ

 

40: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:38:43.393
>>39
駿の作風なんて思いっきり戦後の日本で生まれた経験とか幼児期の疎開経験なんかが影響してるのに?

 

78: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 15:21:48.767
>>39
こういう作家ってなろうとしてなれるもんじゃないよな
やっぱ見聞きしたことしか語れん
マンガとかゲームの影響なら幾らでも受けられるが

 

80: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 15:30:13.587
実体験そのものはどっちと言えば俗なもんだからな
>>78
才能があるかどうかってそう簡単に分かるもんじゃないと思うけどな
漫画とかゲームでも本気で面白いと思ったものは研究のしがいがあるだろうし
エンターテイメントも一つの世界だしな

 

19: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:15:38.762
ヤマグチノボルはハリーポッターの影響をもろ受けてるしやっぱ純文学からサブカル向けに書いた作品は土台がしっかりしてて面白いと思うよ

 

22: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:16:36.600
リアルを書き写しても面白いわけないんだけど、こういうこと言う奴って何も作ったことないんだろうな

 

24: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:18:27.717
>>22
しっかりリアルを書き写してる作品は普通に面白いというかノンフィクションってジャンルだし

 

33: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:26:35.713

>>24
リアルとノンフィクションでは意味が違うし、極少数の珍しい出来事を書き起こすのと、大抵の人生のリアルを書くのとではワケが違う

なろう小説だけ読んでなろう小説書くのがダメなんであって、色々なところから吸収するのであれば豊かな人生経験(笑)は別にいらんよ
と言うかむしろいくら豊富であっても、想像力もない吸収もしてない奴は何も書けないよ

 

77: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 15:21:26.017
>>33
人生のリアルを書くってのならリアルとノンフィクションはまったく一緒だぞ
ベストセラーになるか日記帳レベルで終わるかは書き方と題材次第

 

25: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:19:12.976
実際大した経験もない子供の作品を有難がったりするだろ?ああいうのが小さな事でも膨らませられる証拠だよ
経験を積むだけで大作が書けるなら世の高齢者はみんな人気作家になってる そんな簡単じゃないんだよ

 

28: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:22:02.347
なろう作家は浅いうんぬんよりアマチュアのくせしてマーケティングを含んでる視点で書くからダメ
簡単に言うとテンプレやめろってこと

 

30: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:25:09.739

そもそも、深ければ良いと言うだろうのか?
浅いもので十分というか それが大衆に求められてんじゃね?

浅瀬でバチャバチャ水遊びするのが楽しい人が多くて
深く潜るスキューバダイビングしたい奴はそんな多くない

ましてや水深1万mの深海チャレンジまでいくともう遊びじゃなくなる

 

32: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:26:31.557
読む側も知識浅くて楽しめてるから問題ないぞ
深く書くならなろうにいらないぞ

 

36: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:31:09.001
講釈垂れてるけどなろう作家はそういう所を目指してないだろ
SSに深みを求めてるのと一緒
テンプレ設定
バトルはキンキンキンッ
展開はどこかのパクリ
それでいいじゃん

 

43: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:40:55.413

wikiに出典付きで載ってたから貼っとくわ

宮崎が回想した戦争体験としては、宇都宮が空襲を受け
親類の運転するトラックで4歳の駿を含む宮崎一家が避難した際、子供を抱えた近所の男性が「助けてください」と駆け寄ってきた。
しかし、トラックは既に宮崎の家族でいっぱい。車はそのまま走り出した。
その時に「乗せてあげて」と叫べなかった事が重い負い目となって、後々の人生や作品に大きく影響を与えた、と語っている。
(宮崎駿「アニメーション罷り通る」(大泉実成『宮崎駿の原点――母と子の物語』潮出版社、2002年、pp.24-28))

 

48: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:48:35.713
>>43
これは作家としては「エンジン」に相当する要素
幼少時代を孤独に過ごしたというエピソードだってエンジンになり得るし、いじめを受けたというエピソードもエンジンになる
じゃあ具体的にどんなマテリアルを集めて創造の糧とするか?自分はどんな世界に没頭するのか?
ここで才能の有無や作家としての在り方が問われる
「エンジン」はあくまでいち人間としての動機だよ
別にそこから災害ボランティアを始めたって政治家を目指したっていいわけだから
才能の世界はもっと緻密で複雑なもの

 

51: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 13:53:22.724
>>48
動機がなければ創作できないから経験は必要だね

 

54: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 14:00:16.466
>>51
必ずしも創作の為に進んで経験を得ようとする必要はないってことよ
人の価値観はおよそ15歳で大部分が形成されるらしい
それまでに自然的に体験したことはその人に深く根差した影響を与えるかもしれないが、それはもう天に任せた話
生まれつき想像力が豊かな人だっている
あとはどれだけその感受性を活かして考え深く生きるのかの問題
そういう人はフィクションからも多くのことを学んで創造できるよ
才能ってそういうことなんだよなー

 

62: 名無しの読者さん 2019/03/09(土) 14:35:51.537
戦争モノを書くにあたり実際に兵隊やってみたりあるいは戦地取材してみたり実際の軍人に話を聞いたりとかする必要があるか、というと必ずしもそうではない
でも戦争の雰囲気を作品に込めようとしたらやっぱり取材は必要ってだけだろ

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1552103171/


なろうにおいて「深み」はバッドステータスなんでしょうか。

関連記事
RPGやったことない人はなろう小説読めないんじゃない?
なろう小説はゲーム化すれば面白いと思う
「なろう小説」とか見てるとゲームだけやってると馬鹿になるって本当だと思うよな