作家志望のニートだけど質問ある?

1: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:05:44.101 ID:XIEuGxe10
今月中に応募しようと思ってる新人賞、現在9000文字

2: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:15:48.214
どこ?

 

3: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:16:09.091 ID:XIEuGxe10
>>2
純文系

 

4: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:16:37.708
>>3
五誌のどこ?

 

5: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:17:17.340 ID:XIEuGxe10
>>4
まだ決めてないけど河出とかかな

 

6: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:19:56.467
>>5
年齢は?

 

7: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:20:24.243 ID:XIEuGxe10
>>6
22

 

9: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:22:21.353
作家を目指してる理由は?

 

12: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:24:04.329 ID:XIEuGxe10
>>9
正直作家を目指してるというよりは文章書いてると心が落ち着くのよね
そのついでに応募しようかなって感じ

 

10: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:22:42.064
まあ若いほうが有利そうだよね

 

13: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:24:28.098 ID:XIEuGxe10
>>10
そういうものなのかな

 

18: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:28:56.507
>>13
文藝は特にそうでしょ
今回の町屋良平もデビューはそうだったし三並夏とかね
ポップさがうけるイメージかな

 

20: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:30:55.413 ID:XIEuGxe10
>>18
そうなのか
正直芥川賞たまに読むくらいだから全くわからない

 

23: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:33:38.712

>>20
まああくまで読者層の先入観だから分かんないけどね

芥川賞ファンなの?
誰が好きだった?

 

24: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:35:53.949 ID:XIEuGxe10
>>23
マジで全然詳しくないんだけど
読んだ中だったらコンビニ人間とかニムロッドはそんなに凄いと思わなかった
逆に町田康のやつとか、影裏とかスクッラプアンドビルドは面白かった

 

26: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:42:20.654

>>24
凄いと思わせるだけが小説じゃないと思うけどね

町田康は『くっすん大黒』しか読んでないけどいいよね『告白』は挫折したけどww
『影裏』は当時合わないとおもって読まなかったな
羽田圭介『走ル』のほうが好きだった石原慎太郎の好評の影響かもだけどww

 

28: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:44:41.476 ID:XIEuGxe10
>>26
ひょえー受賞作しか読んでないニワカだからわからんわ

 

30: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:49:44.408
>>28
芥川賞だけでまずはいいと思うよ自分もそうだったからww

 

14: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:25:01.840
職歴はある?

 

15: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:25:32.966 ID:XIEuGxe10
>>14
バ、バイトなら……

 

17: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:28:43.400
俺も将来そうなりそうで怖い

 

19: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:29:58.617 ID:XIEuGxe10
>>17
ニート最高

 

21: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:31:43.236
休職をへて先月辞めたけど
働いてたほうが気楽なところもあるよ

 

22: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:33:31.756 ID:XIEuGxe10
>>21
来年から働く予定です

 

29: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:46:29.560 ID:XIEuGxe10
町田康とか舞城とかよくわかんないんだけど勢いと世界観に惹き込まれるのはほんと才能だと思う

 

31: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:50:54.175
>>29
それはそうだろうね
でも地味で緻密な書き方してるのも才能だと思う

 

32: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:52:02.478
てかよく9000字書けたね!
どんなの書いてるの?

 

33: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 03:57:25.830 ID:XIEuGxe10
>>32
怠惰なエリート学生が就活がうまく行かない中とあるアプリを通じて自分と向き合って、少し前向きに社会に出る話

 

34: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:01:42.891
>>33
なかなかニッチというかコアな話だね
初めて書いてる?

 

36: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:04:35.409 ID:XIEuGxe10
>>34
ニッチなのか、あんま自覚ないわ
今まで短編応募してみたことあるけど苦手でからっきしだった

 

38: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:08:12.116

>>36
ニッチというかすこし狭めかなって
でも『蹴りたい背中』がたしかそう言われつつも絶賛されてたから悪い訳ではないよ

応募歴あるんだね!
もし良かったらだけど過去の見せてほしいな

 

41: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:11:48.079 ID:XIEuGxe10
>>38
狭いか、一応自分の中でもテーマいくつか決めてるんだけど
過去作はちょっとなぁ、今読み返してみてもほんとつまんないから……

 

42: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:15:19.425

>>41
そっかぁ残念

即興でいま書いてもらうのはさすがに応募作に影響しそうだしねぇ…

 

43: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:15:43.951 ID:XIEuGxe10
>>42
今お題くれれば書くよ

 

44: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:17:42.612

>>43
おっマジで?ありがとう

じゃあ「遺物」で

 

49: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:42:36.456 ID:XIEuGxe10

「遺物」

「もしよ、もしあなたがタイムスリップしたとしてね」
志保さんが楽しげに言う。
「そうね、古墳時代としましょう。現代とは異なり死が劇的なものとして祀られていた時代。その時代にあなたがタイムスリップしたらあなたは何を残す?」
研究室には僕と志保さんしかいない。夕暮れ時、赤く照れた太陽がさっさと沈もうとする頃。
僕は考古学部の学部生で彼女は院生、歳は二つか三つしか離れていないはずだがそれ以上の差を感じる。
それは彼女が細身でスタイルが良く、いつもスキニーのパンツを履いているからかもしれない。
「そうですね……」
僕は逡巡する。みんなで死ぬために墓を作っていた時代。その墓にこっそりと私物を隠すとしたら、僕は何を選ぶだろうか。
「志保さんは、どうするんですか?」
「私か。私なら、うーん、宮尾秀って文字を刻んだ埴輪を残すかな。ほら、宮尾くんって顔も少し埴輪に似てるし」
ククっと彼女は笑う。
「やめてくださいよ傷つくから……。でも、なんで僕の名前を刻むんですか?」
「それはほら……」
彼女はその真っ直ぐで澄んだ瞳を僕に向ける。
「1500年もの時を経たメッセージなんて素敵じゃない?」
照れ臭そうにテヘヘと続ける。
僕は思わず顔を背けてしまう。窓の外から差し込む夕陽が憎らしかった。
「ちょっと、本気で照れないでよ。宮尾くんは、何を残すの?」
「……」
僕はふうと息を吐く。
「僕も佐々木志保って刻んだ埴輪を残しますよ」
じっと彼女を見つめる。
「ふふふ、なにそれ、馬鹿みたい。でもなんか良いね、そういうの」
ボソリと志保さんが言う。
考古学とは昔の人々の思いを発掘して紡いで後世に残して行くことだ。
教授がそう言っていたのを僕はぼんやりと思い出した。

難しいしこの程度です。

 

50: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:44:06.624
>>49
ラノベ読め
お前の文はラノベより浅い

 

51: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:45:15.556 ID:XIEuGxe10
>>50
ですよねー

 

66: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 05:39:37.003

>>49
お題が悪かったねゴメン
考古学的なもの以外もふくめた広い意味での「遺物」ってつもりだったよ

でも名前入りのハニワっていうのは面白いね!
個人的な好みで言わせてもらうと
それを地の文で想像させて会話で発掘させるみたいにできたらもっと良かったかも?

短いなかキャラが2人出てきたのも良かったとおもうよ!

 

53: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:48:17.583

いいじゃん
文章とかよく分からないけど俺は好きだよ

 

54: 名無しの読者さん 2019/03/07(木) 04:51:18.239 ID:XIEuGxe10
>>53
そう言ってもらえると嬉しいっす

 

出典:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1551895544/


プロになったら親御さんを温泉にでも連れていってあげてくださいね。

関連記事
純文学って結局何なの?
ニート「芥川賞程度の小説なら俺でも書けるわ」
ニートがバイトを始めたら人生勝ち組になった