読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    アニメ

    fantasy_goblin

    1: 名無しの読書家さん 2018/02/18(日) 16:33:20.60

    やったー😭
    ❝【ゴブスレ】『ゴブリンスレイヤー』アニメ化決定への反応❞の続きを読む

    フランス発の少年漫画「ラディアン」日本でのアニメ化が決定 - ライブドアニュース

     フランス発の少年漫画『ラディアン』が、2018年10月から日本でアニメ化されることが決定した。バンド・デシネ作家が描く作品に「今時珍しいくらい超王道ファンタジーだから楽しみ!」と期待が寄せられている。

     原作者となるトニー・ヴァレントは、バンド・デシネと呼ばれるフランスの漫画作品をいくつも手がけてきた作家。同作は日本の少年漫画の影響を多大に受けており、描き方や表現方法も日本のスタイルが採用された。2015年に発売された第1巻には『ワンパンマン』の村田雄介が描き下ろしイラストと推薦コメントを寄せている。

    cb016fba66a4eea3c4e2d5277d9bdb56_s

    12: 名無しの読書家さん 2018/01/31(水) 21:29:07.07
    画像見たらすっげー日本ぽい絵柄なんで、日本でアニメ化しても違和感全くなさそう

    ❝フランス発の少年漫画『ラディアン』日本でアニメ化❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/02/05(月) 01:23:53.24 _USER9
    濱田浩輔「はねバド!」TVアニメ化!綾乃は大和田仁美、なぎさは島袋美由利
    2018年2月5日 0:30 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/268064

    アニメ「はねバド!」ティザービジュアル。
    no title


    濱田浩輔「はねバド!」のテレビアニメ化が決定した。今夏より放送開始する。

    good!アフタヌーン(講談社)にて連載中の「はねバド!」は、女子バドミントンを題材に、県立北小町高校バドミントン部を描く青春群像劇。運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける高校1年生・羽咲綾乃と、日本一を目指し日夜練習に明け暮れる高校3年生・荒垣なぎさを中心に、仲間やコーチ、ライバルたちとの物語が展開される。単行本は11巻まで発売中で、12巻は3月7日発売。

    綾乃役は大和田仁美、なぎさ役は島袋美由利に決定。また監督は江崎慎平、シリーズ構成は岸本卓、キャラクターデザインは木村智、音響監督は若林和弘、音楽は加藤達也が手がけ、アニメーション制作はライデンフィルムが務める。なお併せてティザービジュアルとティザーPVも公開され、綾乃となぎさの躍動感あふれる迫力の試合シーンがお目見えした。

    ❝濱田浩輔さんの漫画『はねバド!』アニメ化決定への反応❞の続きを読む

    群馬県のあるあるネタなどを盛り込んだ井田ヒロト氏の漫画『お前はまだグンマを知らない』がテレビアニメ化され、4月から群馬テレビなどで放送されることが4日、東京・豊洲PITで行われた声優・歌手の内田彩のワンマンライブで発表された。内田がエンディングテーマを担当することも決定した。

    監督・シリーズ構成をまんきゅう氏、キャラクターデザインを湖川友謙氏が務める。


    3: 名無しの読書家さん 2018/02/04(日) 22:10:47.61
    群馬テレビ見るやつは群馬を知ってるだろw

    ❝漫画『お前はまだグンマを知らない』アニメ化決定への反応❞の続きを読む

    アニメ『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』のメインキャスト&メインスタッフが決定。主人公・矢澤信之役を杉田智和、ヒロイン・千家しのぶ役を三森すずこが担当し、そして監督は『働きマン』『戦姫絶唱シンフォギアGX』の小野勝巳が務める。

    本作の原作は「小説家になろう」にて掲載され、第2回「なろうコン大賞」を受賞した蝉川夏哉のグルメ小説『異世界居酒屋「のぶ」』。2014年9月には宝島社から書籍化、2015年8月号からは「ヤングエース」にてコミカライズの連載がスタート、同年10月からは「このマンガがすごい!WEB」で番外編マンガも連載されるなど、メディアミックスで人気を博す話題作だ。

    5f6f111f408dd5127a4fccb7d54e4c9e_s

    14: 名無しの読書家さん 2018/01/31(水) 16:22:07.72
    >>1
    異世界食堂との違いは?

    ❝【なろう発】『異世界居酒屋「のぶ」』杉田智和&三森すずこでアニメ化❞の続きを読む

    このページのトップヘ