読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    図書館

    book_funsyo

    1: 名無しの読書家さん 2018/08/17(金) 15:22:57.37 _USER9
    https://www.kochinews.co.jp/article/207853/

    高知県立大学(野嶋佐由美学長)が、永国寺キャンパスの図書館が昨春新設される際、
    旧館よりも建物が小さいため全ての蔵書を引き継げないとして、約3万8千冊に及ぶ図書や雑誌を
    焼却処分にしていたことが8月16日までに分かった。中には戦前の郷土関係の本をはじめ、
    現在は古書店でも入手が難しい絶版本、高値で取引されている本が多数含まれている。
    焼却せずに活用する方策をなぜ取らなかったのか、議論になりそうだ。

    新図書館の狭さ理由
     
    同大によると、焼却したのは3万8132冊(単行本や新書などの図書2万5432冊、雑誌1万2700冊)。
    2014~16年度中に断続的に13回に分けて、業者に委託して高知市の清掃工場に運び込み、
    司書らが立ち会う下で焼却したという。

    焼却した図書2万5432冊のうち、複数冊所蔵している同じ本(複本)を減らしたのが1万8773冊。
    残りの6659冊は複本がなく、今回の焼却で同大図書館からは完全に失われた。

    こうした「完全焼却された図書」のうち、郷土関係は、土佐藩の国学者、鹿持雅澄が著したものを
    大正、昭和期に発行した「萬葉集古義」(1922~36年)をはじめ、「自由民権運動研究文献目録」(84年)、
    10年がかりで全国の自然植生を調べた「日本植生誌」の四国の巻(82年)など年代やジャンルをまたいで多数。
    満州(中国東北部)やシベリア抑留、戦地などから引き揚げてきた高知県を含む全国の戦争体験者の
    話をまとめた連作もある。

    ❝【焚書】高知県立大学が希少本含む蔵書約38000冊を焼却処分❞の続きを読む

    book_zasshi_tana

    1: 名無しの読書家さん 2018/06/06(水) 16:17:49.08 9
    2018年06月06日 15時36分 公開
    私営雑誌図書館「六月社」が6月10日に閉館 約10万冊の蔵書に焼却処分の危機
    閉館は10年前から検討しており、会員に対しては4月時点で閉館を告知していたという。
    [ねとらぼ]


     東京都新宿にある私営の雑誌図書館「六月社」(ろくがつしゃ)が10日で閉館することが分かった。六月社に取材したところ、閉館は10年前から検討しており、会員に対しては4月時点で閉館を告知していたという。

     六月社は、1983年から現在に至るまで、約400種10万冊の雑誌を蔵書としている。閉館の理由は利用者が減少し、継続するための売上が見込めなくなったため。
    六月社は完全会員制で、一般利用者の他テレビ関係者や広告関係者の会員も募っていた。会員からは告知以降、閉館を惜しむ声があがっていたという。

     約10万冊の蔵書の行方について、六月社社長の橋本さんは「最後の希望だが、とある企業から一括引受を検討してもらっている」と語った。
    引受先が決まらなかった場合、蔵書は産業廃棄物として焼却処分される見込みだ。
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/06/news105.html
    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    ❝【悲報】約10万冊の蔵書を抱える私営雑誌図書館「六月社」が閉館❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/17(木) 06:19:01.88 _USER9
    この春、大阪市の市立図書館の多くが46年前から続くルールを見直し、図書館での自習を認めた。図書館での自習は、東京都立図書館など全国の数多くの公立図書館で禁じられている。どうして、図書館で自習をしたらダメなのか?

     土曜日の12日、大阪市立中央図書館前で約70人が開館を待っていた。図書館によると、夏休みは学生も加わって館内の約1千席が埋まる。

     大阪市は1972年以降、市内の各区に市立図書館を建ててきたが、全館で自習を禁止してきた。とはいえ、自習者がつまみ出されるわけではなく、多くの場合は図書館側が黙認している。その結果、一般の利用者からは「席に余裕がないから、譲るように言って」と苦情を言われ、自習する学生からは「どうして席で寝ている人は許されて、自習はダメなのか」と問いただされ、図書館職員は板挟みになっていた。ある職員は「まじめに勉強に来た子たちを追い出したくないが、重い本を持って席を探す人を見ると心が痛む」と明かす。

     方針転換のきっかけは、天王寺区が2015年に図書館の席の利用実態を調べたこと。同時に使われている席が半数ほどだったため、天王寺図書館では16年4月に書棚を動かして22席を33席に増やし、17席を自習可能とした。その後、24区の区長が集まる会議で自習問題が取り上げられ、今年3月までに24館中20館が解禁を決めた。区長会議で議論をとりまとめた榊(さかき)正文・浪速区長は「本を借りて返すだけでなく、新たな機能を持った図書館を考えていきたい」と話す。

    no title

    no title

    https://www.asahi.com/articles/ASL4T5284L4TPTIL011.html

    ❝大阪の市立図書館が自習を「解禁」! 46年間「黙認」していた❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/02/11(日) 07:03:17.20 _USER9
     図書館にはどこまで「装飾」が必要? 山口県周南市に新設される公立図書館の「アート書架」をめぐり、こんな議論が起こっている。図書館に足を運んでもらうための仕掛けか、税金の無駄づかいか――。

     2月3日にオープンした周南市立徳山駅前図書館は、レンタル大手のTSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が管理を代行している。いわゆる「ツタヤ図書館」で、全国5カ所目だ。スターバックスコーヒーやCCCが展開する蔦屋(つたや)書店も併設し、総事業費は約55億円。机などを含めた内装に8900万円をかけた。CCCには指定管理費として年間約1億5千万円が支払われる。

     新図書館で特に議論になったのが、空間の装飾だ。

     当初は「本に囲まれた空間」の…

    残り:935文字/全文:1254文字
    中身のない背表紙の装飾
    no title

    http://www.asahi.com/articles/ASL1Z5QZQL1ZUTIL03W.html

    ❝ツタヤ図書館が1000万円かけた「アート書架」に批判殺到 ❞の続きを読む

    このページのトップヘ