読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    文学賞

    1: 名無しの読書家さん 2018/01/03(水) 09:47:41.19 _USER9
    三島も文学賞有力候補に、67年 ノーベル賞選考
    デイリースポーツ(共同通信):2018.01.03.
    http://www.daily.co.jp/society/main/2018/01/03/0010866138.shtml

    no title

     川端康成、三島由紀夫(右)

     【ストックホルム共同】小説家の川端康成がノーベル文学賞を受賞する前年の1967年の同賞選考で、川端のほか、小説家の三島由紀夫も有力候補として名前が挙がっていたことが判明した。
    選考主体のスウェーデン・アカデミーが共同通信の請求を受け、2日に資料を開示した。

     67年の文学賞候補総数70人のうち、有力候補は7人。選考委員会のエステリング委員長(当時)は、三島を「多才な作家」と高く評価した。
    しかし、川端の存在を理由に最終候補からは漏れた。

     委員長は三島の小説「午後の曳航」を挙げ「成熟味を増している」とたたえた。

    ❝三島由紀夫は「川端康成の存在を理由に」ノーベル賞から外されていた!❞の続きを読む


    934539



    ❝「新人賞タイトル堂々登場!MF文庫J冬の大感謝祭」開催❞の続きを読む

    SnapCrab_NoName_2017-12-20_13-9-31_No-00
    出典:youtube

    第158回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表された。芥川賞は、初候補の石井遊佳さん(54)と若竹千佐子さん(63)、2度目で直木賞候補の経験も3度ある宮内悠介さん(38)ら計5人。直木賞は、彩瀬まるさん(31)と人気バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のSaoriとして活動する藤崎彩織さん(31)が初候補。

    11: 名無しの読書家さん 2017/12/20(水) 05:34:51.38
    文学界のowari

    ❝セカオワ藤崎彩織さんのデビュー小説『ふたご』が直木賞候補に❞の続きを読む


    ea4829c10754326b483f1de6ccb190ec_s

    優れた散文作品に贈られる第44回大佛(おさらぎ)次郎賞は、作家の高村薫さんの長編小説『土の記』(新潮社)に決まった。
    『土の記』は奈良県山間部の集落を舞台に、農業と人の営みを重層的かつ綿密に描く。72歳の主人公は独り稲を育てながら、介護の後に死去した妻を追想し、不実を疑うなど、夢か現(うつつ)か判然としない日常を生きる。

    一方、読者は著者の土壌や農業の知識に圧倒されながら、誰もが避けられない老いや死を考えさせられる。現代人の技術過信や自然に対する畏怖(いふ)心の欠如など、著者ならではのメッセージも感受するはずだ。



    ❝第44回大佛次郎賞は高村薫さん『土の記』❞の続きを読む

    このページのトップヘ