読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    文学賞

    180366434c2e47c0d30ef48ae5b2bd2c_s


    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2017/12/07(木) 20:38:23.01 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
     今年のノーベル文学賞に決まった長崎市生まれの日系英国人作家カズオ・イシグロさん(63)が、
    6日午後1時(日本時間午後9時)、10日の授賞式を前に、ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで会見を開いた。

     冒頭、質疑応答を日本語でやってはと記者側から提案されると、日本語はうまくないといい、「すみません」と日本語で言った。
    自身の母親が長崎で被爆したことに触れ、平和賞に国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN(アイキャン))が決まったことは「大きな喜び」と話した。

    カズオ・イシグロさん、日本語で「すみません」。ノーベル賞前の会見で語った
    日本語はうまくないと語った。
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/06/kazuo-ishiguro-japanese_a_23299428/

    ❝カズオ・イシグロさんに記者が提案「質疑応答を日本語でやっては」 ❞の続きを読む

    文芸、学芸、ジャーナリズムという広い分野から毎年1回選ばれる「司馬遼太郎賞」。
    今年は朝日新聞・奥山俊宏記者の『秘密解除 ロッキード事件』が受賞しました。

    ❝2017年度の司馬遼太郎賞は奥山俊宏さんの『秘密解除 ロッキード事件』❞の続きを読む

    劇場
    装画=大竹伸朗「路上1」1990年/装幀=新潮社装幀室/発行所=新潮社

    『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹さんの二作目の小説です。劇団の脚本・演出としてくすぶり続けている主人公が、神様のように優しい女の子と出会って、くすぶりを延長してしまう話です。
    ❝又吉直樹『劇場』の感想❞の続きを読む

    コンビニ人間
    装丁=関口聖司/発行所=文藝春秋

    2016年に芥川賞を受賞した作品です。れっきとした文学作品なのに、ほとんどマンガみたいなスピードで読むことができます。一ページあたりの文字数が比較的少ないせいでもあるでしょうが、「視点が主人公に統一されていること」、「思考の明快さ」、「コンビニという誰もが知っている場所が舞台になっていること」、そして何より「面白さ」のためでしょう。
    ❝村田沙耶香『コンビニ人間』の感想❞の続きを読む

    このページのトップヘ