読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    映画

    1: 名無しの読書家さん 2018/04/16(月) 07:37:53.61 _USER9
    欅坂46の平手友梨奈が、映画『響 -HIBIKI-』で主演を務めることが分かった。
    平手は映画初出演にして初主演。
    15歳の天才女子高生小説家を演じる。
    平手は「オファーを頂いたときに、最初はどうしようかすごく悩みました」とコメントを寄せている。

    『響 -HIBIKI-』は2017年マンガ大賞を受賞した柳本光晴の『響~小説家になる方法~』(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載)を実写映画化。
    ヒロインの圧倒的な才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯するさまを描く。

    圧倒的な文才を持ち、自分の信念に正直で破天荒な一面を持ち合わせる15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じる平手は、主演のオファーに悩んだ末に、原作を読んで主人公のキャラクターに惹かれたという。
    「初めてのことばかりで、不安もあるし、役を演じるけれど、演じている人間は平手友梨奈なので、もしかしたらいろんな人を困らせてしまったり、迷惑をかけてしまったりするかもしれないけれど、鮎喰響という女の子が大好きで、この子のことを伝えて、観てくださった方が生きていく中で大切なことにハッと気づかされるような作品になるといいなと思っています」と話した。

    また平手のほかのキャストも一挙発表となった。
    響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役を北川景子、響が入部した文芸部の部長・祖父江凛夏を『パコと魔法の絵本』(08)で当時11歳ながら主人公・パコを演じたアヤカ・ウィルソンが務める。
    ほか、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生といった実力派俳優陣が顔をそろえる。

    監督を務める月川翔は、主演に平手を起用した理由として「主演に平手友梨奈さんの名前が挙がったとき、リスクの大きい選択だと思いました。現場が止まるかもしれないし、大変そうだ、と正直思いました。が、それを何百倍も上回る期待感で、平手さんが演じる響を見たいと思いました。響役を表現する上で、最高到達点にいけるのは平手さんしかいないと思うからです」と語っている。

    映画『響 -HIBIKI-』は9月14日より全国公開。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00055400-crankinn-movi

    今秋公開される映画「響 -HIBIKI-」の出演者たち
    no title

    「響 -HIBIKI-」
    no title


    欅坂46 平手友梨奈
    http://pbs.twimg.com/media/DFiXShkXoAEGvn6.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/DSX6mOAVQAEE8r2.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/DWeBSgUUMAAID7K.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/C7nLYLiVQAAcHiD.jpg

    ❝『響~小説家になる方法~』映画化で欅坂の平手が初主演❞の続きを読む

    SnapCrab_NoName_2018-4-9_11-49-5_No-00
    出典 YouTube

    魔夜峰央さんの漫画『翔んで埼玉』が二階堂ふみさん・GACKTさんのダブル主演で実写映画化されるそうです。
    二階堂ふみさんは白鵬堂学院生徒会長・壇ノ浦百美を演じ、これが初の男役になるとのこと。

    ❝埼玉ディスり漫画『翔んで埼玉』実写映画化❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/02/05(月) 05:11:43.07 _USER9
    趣里、主演映画で“引きこもり”熱演 本谷有希子氏原作「生きてるだけで、愛。」
    2/5(月) 5:05配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000201-sph-ent

    趣里
    no title


    女優の趣里(27)が芥川賞作家・本谷有希子氏原作の映画「生きてるだけで、愛。」(18年秋公開)に主演することが4日、分かった。カンヌ国際広告祭グランプリの関根光才監督(41)が初めて長編映画のメガホンを執る。共演には昨年報知映画賞主演男優賞を受賞した菅田将暉(24)らが名を連ねる。

    「異類婚姻譚」で16年1月に芥川賞を受賞した本谷氏。映画化3作目となる本作は感情をコントロールできない女と、他人と距離を置く男の過激で滑稽な愛の物語だ。趣里は、鬱(うつ)からくる過眠症で引きこもり気味の寧子を演じる。難しい役どころだが、「共感した。生きてたら楽しいだけじゃない。誰もがこうなりうる」と語った。というのも、趣里はプロのバレエダンサーを志したがけがで断念。「生きてる心地がしなかった」ほどの苦しさから助けてもらったのが、映画と舞台だった。「自分が表現することで誰かが救われるかもしれない」と考え、女優業に精を入れている。本作の原作と台本を読み、「救いだな。人生そのもので泣いちゃった」と自身の過去や信念と重なった。「苦しいことの先に光や希望があって、だから今、生きてると感じられる作品。誰かを救えたらいいな」。趣里が希望という救いを届ける。

    寧子の恋人の津奈木を演じる、菅田は「特別じゃない日々を大事にしたいと思える映画」とコメント。津奈木の元恋人・安堂は仲里依紗(28)、ほかに田中哲司(51)、西田尚美(47)、らが出演する。先月末にクランクアップした。

    ◆趣里(しゅり)1990年9月21日、東京都生まれ。27歳。俳優・水谷豊と女優・伊藤蘭の長女。2011年、TBS系ドラマ「3年B組金八先生ファイナル」で女優デビュー。16年、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、17年「トットちゃん!」に出演し、独特な存在感で注目を集める。特技はクラシックバレエ。

    ❝本谷有希子さん作『生きてるだけで、愛。』映画化決定への反応❞の続きを読む

    このページのトップヘ