読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    映画

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/10(木) 05:03:58.72 _USER9
    5/10(木) 5:00 スポニチアネックス
    村上春樹作品8年ぶり映画化 吉田羊主演で「ハナレイ・ベイ」

     作家・村上春樹氏(69)の短編小説「ハナレイ・ベイ」が、女優の吉田羊(年齢非公表)の主演で映画化される。10月19日公開。

     同作は05年に発表され、累計発行部数70万部超のベストセラー短編集「東京奇譚集」に収められた1編。村上作品が日本で映画化されるのは、2010年の「ノルウェイの森」以来8年ぶりとなる。

     ハワイ・カウアイ島のハナレイ湾が舞台で、一人息子をサーフィン中にサメに襲われ亡くしたシングルマザーが主人公。10年間、息子の命日の頃に同所を訪れてきたが、片脚を失った日本人サーファーの噂を聞き、希望を見いだす感動作だ。

     昨年8~9月に、ハワイと日本で撮影。吉田は、「読書が苦手だった私が、初めて一気に読んだ本が『ノルウェイの森』でした。あのムラカミハルキの作品世界に、しかも映画で自分が生きられる。これ以上の幸せはありません」と、感激。役は松永大司監督(43)と作り上げたといい、「もはや本の中の登場人物にとどまらず、ありありとした痛みを伴い、実在する非常に生々しいヒロインになりました」と、胸を張った。

     主人公の息子を演じるGENERATIONSの佐野玲於(22)は「一番大切な人に会いたくなるような、その人への思いがより深くなるような物語です」と自信。主人公が出会うサーファー役の村上虹郎(21)は「カウアイ島の自然は美しくて神聖でした」と撮影を振り返った。


    映画「ハナレイ・ベイ」に主演する吉田羊
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000001-spnannex-ent

    ❝村上春樹の『ハナレイ・ベイ』が吉田羊の主演で映画化 ❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/09(水) 05:04:04.08 _USER9
    2018年05月09日
    福山雅治:細田守監督新作「未来のミライ」で本格声優に初挑戦

     歌手で俳優の福山雅治さんが、細田守監督の約3年ぶりの新作となる劇場版アニメ「未来のミライ」(7月20日公開)に声優として出演することが9日、明らかになった。福山さんは「ドラえもん」などに本人役でカメオ出演した経験はあるが、劇場版アニメの主要な役柄で声優を務めるのは今回が初めて。福山さんは、主人公のくんちゃんが時を超えた旅先で出会う物語のキーパーソンとなる青年を演じる。

     細田監督は昨年から青年役のオーディションをしてきたが、キャスティングは難航。今年に入って、以前から親交があった福山さんと再会した際、青年のイメージと重なることに気づいたという。細田監督は福山さんに青年についてや作品への思いを伝えると、福山さんは細田監督が考える今作のテーマと新しいチャレンジに共感を抱き、2人のコラボが生まれた。

     「未来のミライ」は、生まれたばかりの妹に両親の愛を奪われ、戸惑うくんちゃんが、未来から来た妹・ミライちゃんと出会い、彼女に導かれ、時を超えた冒険に旅立つ……というストーリー。上白石萌歌さんが主人公のくんちゃんの声優を務めるほか、黒木華さん、星野源さん、麻生久美子さん、吉原光夫さん、宮崎美子さん、役所広司さんらも出演する。

     ◇福山雅治さんのコメント

     今回、細田監督作品の住人になれる機会をいただけたことを大変うれしく思います。収録前に、まだ絵も音も完成してない映像資料を見させていただきましたが、その段階で既に、心引き込まれ感動できるこの作品が持つ力に驚きました。

     歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました。僕が年齢を重ねたことで忘れてしまっていた子供ならではの繊細な感受性を、丁寧に、かつ高度なアニメーション技術で表現されている今作品の完成を、これまで通り細田監督の一ファンとして心待ちにしています。


    劇場版アニメ「未来のミライ」で福山雅治さんが声優を務める青年(C)2018スタジオ地図
    no title

    no title

    https://mantan-web.jp/article/20180508dog00m200048000c.html

    ❝細田守監督新作『未来のミライ』が福山雅治を声優に起用❞の続きを読む

    eigakan

    417: 名無しの読書家さん 2018/04/30(月) 20:28:51.90
    今回のアベンジャーズはRPGの終盤一歩前みたいな展開で好き
    ああいう展開好きだけどなろうなら盛り上がるとこまで一気に投稿しないと読者離れそう

    ❝なろう作家ならアベンジャーズとかレディプレイヤーワン観といたほうがいいぞ❞の続きを読む

    SnapCrab_NoName_2018-4-23_18-27-4_No-00
    出典YouTube

    1: 名無しの読書家さん 2018/02/27(火) 07:53:59.92 _USER
    2018年4月21日(土)より全国ロードショーとなる京都アニメーション最新作『リズと青い鳥』。
    武田綾乃氏の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメ化した本作のキャストが、
    TVアニメ『響け!ユーフォニアム』シリーズに引き続き、種﨑敦美さん(鎧塚みぞれ役)・東山奈央さん(傘木希美役)らとなることが発表された。
    新キャラクターとなるオーボエ担当・剣崎梨々花は杉浦しおりさんが演じる。

    ■キャラクター設定
    no title

    ◇鎧塚みぞれ(CV.種﨑敦美)
    高校3年生。オーボエ担当。市内の強豪・南中学校吹奏楽部出身でトップクラスの演奏技術を持っている。希美の存在が彼女の全てであり、その他のことに興味を向けることがない。

    【種﨑敦美コメント】
    “みぞれと希美の物語が作られると知ったあの瞬間の事はいまだに忘れられません。『リズと青い鳥』という形でそれを描いていただきました。
    今より世界が狭かったあの頃に感じていたこと、実は今もだったり…身に覚えのある、知っている感情がたくさん積み重なっていました。
    すごくザワザワするのにとても静かで、どこまでも繊細でした。二人の女の子の息づかいを、ほんの少しずつの変化を、是非一緒に感じていただけたらと思います。”

    no title

    ◇傘木希美(CV.東山奈央)
    高校3年生。フルート担当。みぞれと同じく南中学校吹奏楽部出身。1年生のときに一度退部したものの、2年生の夏に復帰した。高い演奏技術と明るい性格で、後輩からも慕われている。

    【東山奈央コメント】
    “『リズと青い鳥』は、とても空気感を大切にしている作品です。2人の表情、しぐさ、吐息まで、すべてに静謐な魅力が宿っています。
    言葉にするのは難しいくらい、1つ1つのことが何気なくて、なのにドラマチックで…とにかく美しい映画です。私は台本を読んで、なぜだか分からないですが涙が出てきました。
    明るくて、人から尊敬されるような存在だった希美が、この映画で見せる人間臭いところに心が動かされたのだと思います。
    「響け!ユーフォニアム」のスピンオフでありながら、1つの独立した映画としてもご覧いただける今作品、ぜひたくさんの方に2人の軌跡を見守っていただけますと幸いです。”

    no title

    ◇中川夏紀(CV.藤村鼓乃美)
    高校3年生。副部長。ユーフォニアム担当。高校から吹奏楽を始めた。中学校時代、輪の中心にいる希美に憧れを持っていた。

    【藤村鼓乃美コメント】
    “『リズと青い鳥』とっても繊細な、でもとっても強い、希美、みぞれ、優子、夏紀、皆それぞれの想いから生まれる言葉だったり行動だったり全部が大切な一瞬一瞬をつくって物語や生活を作っているんだなあと
    改めて気付かされ、とても切な気持ちいい感覚になる作品だなあと思います。
    なので、皆様も一瞬一瞬を見逃さず楽しんでもらえたらなあと思います!夏紀ちゃんも相変わらずとても素敵なので楽しみにしていてください!”

    no title

    ◇吉川優子(CV.山岡ゆり)
    高校3年生。部長。トランペット担当。2年前の部員退部騒動から、みぞれを気にかけている。

    【山岡ゆりコメント】
    “『リズと青い鳥』一瞬、ユーフォではなく新作の映画かと思いますよね。でも、その認識であながち間違いではないというか…。
    もちろん今までの響けユーフォニアムの作品なのですが、今回は収録の時も真新しい作品を作り出す感覚で行いました。この映画を観ている時、自分の呼吸音すら邪魔に感じてしまう作品になっていると思います。
    女の子の繊細な一瞬一瞬が見逃せませんし、見逃したら勿体ないです。今までのユーフォの作品とは一味も二味も違ったこの映画を存分にお楽しみください!”

    ~後略~

    http://moca-news.net/article/20180226/2018022616000a_/01/

    ❝京アニの『リズと青い鳥』が全国公開! 山田尚子監督最新作❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/04/16(月) 07:37:53.61 _USER9
    欅坂46の平手友梨奈が、映画『響 -HIBIKI-』で主演を務めることが分かった。
    平手は映画初出演にして初主演。
    15歳の天才女子高生小説家を演じる。
    平手は「オファーを頂いたときに、最初はどうしようかすごく悩みました」とコメントを寄せている。

    『響 -HIBIKI-』は2017年マンガ大賞を受賞した柳本光晴の『響~小説家になる方法~』(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載)を実写映画化。
    ヒロインの圧倒的な才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯するさまを描く。

    圧倒的な文才を持ち、自分の信念に正直で破天荒な一面を持ち合わせる15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じる平手は、主演のオファーに悩んだ末に、原作を読んで主人公のキャラクターに惹かれたという。
    「初めてのことばかりで、不安もあるし、役を演じるけれど、演じている人間は平手友梨奈なので、もしかしたらいろんな人を困らせてしまったり、迷惑をかけてしまったりするかもしれないけれど、鮎喰響という女の子が大好きで、この子のことを伝えて、観てくださった方が生きていく中で大切なことにハッと気づかされるような作品になるといいなと思っています」と話した。

    また平手のほかのキャストも一挙発表となった。
    響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役を北川景子、響が入部した文芸部の部長・祖父江凛夏を『パコと魔法の絵本』(08)で当時11歳ながら主人公・パコを演じたアヤカ・ウィルソンが務める。
    ほか、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生といった実力派俳優陣が顔をそろえる。

    監督を務める月川翔は、主演に平手を起用した理由として「主演に平手友梨奈さんの名前が挙がったとき、リスクの大きい選択だと思いました。現場が止まるかもしれないし、大変そうだ、と正直思いました。が、それを何百倍も上回る期待感で、平手さんが演じる響を見たいと思いました。響役を表現する上で、最高到達点にいけるのは平手さんしかいないと思うからです」と語っている。

    映画『響 -HIBIKI-』は9月14日より全国公開。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00055400-crankinn-movi

    今秋公開される映画「響 -HIBIKI-」の出演者たち
    no title

    「響 -HIBIKI-」
    no title

    ❝『響~小説家になる方法~』映画化で欅坂の平手が初主演❞の続きを読む

    このページのトップヘ