読み速

小説・漫画・ライトノベル関連の2chまとめや最新ニュースをお届けします。

    芸能人

    1: 名無しの読書家さん 2018/06/19(火) 09:20:23.59 _USER9
    『カイジ』『アカギ』『銀と金』など、ギャンブル漫画の第一人者・福本伸行氏の原点にして真骨頂とも言える麻雀漫画『天 天和通りの快男児』(竹書房)が今秋、テレビ東京で連続ドラマ化される。
    主演に岸谷五朗を迎え、福本作品を民放地上波で初めてドラマ化した同局の『銀と金』(2017年)の制作スタッフが再集結する。

    主人公の天貴史(てん・たかし)に扮した岸谷は「麻雀の話を連続ドラマにするって勇気があってスゴイなと思いました。監督含め、スタッフの、この作品を連ドラにしようという目論み自体がチャレンジャーだな、って思いました。でもドラマはチャレンジするから面白いんです。頑張ります」と気合十分。
    果たして岸谷はどのような演技を見せるのか!?

    原作の福本氏は「映像化。有難いです。あの傑作、銀と金を作ってくれたチームが、また、一肌脱いでくれるとの事。彼らなら、麻雀ドラマの面白さを、世に知らしめて頂けると、信じています! 天役の岸谷五朗さん。受けてくださり、ありがとうございました! 岸谷さんの、無頼な気配、飄々としているところ、主人公、天に被ります!これも、とても、楽しみです!! 頑張って下さい!」とエールを送る。

    テレビ東京グループと、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」が本格的にタッグを組む第1弾ドラマです。
    テレビ東京、BSジャパンでの放送に加え、「Paravi」での配信が決定している。


    岸谷五朗主演 テレビ東京系『天 天和通りの快男児』今秋放送決定
    no title


    ❝福本伸行の麻雀漫画『天』がドラマ化! 主演は岸谷五朗❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/06/05(火) 08:57:54.13
    カンテレ@kantele
    🎊情報解禁🎊
    吉岡里帆さん主演・7月スタート火9ドラマ『#健康で文化的な最低限度の生活』🚲

    新キャスト決定‼

    ⭕川栄李奈さん
    ⭕山田裕貴さん
    お二人は、吉岡さん演じる新人ケースワーカー義経えみるの同期役

    また小園凌央さん✨水上京香さん✨内場勝則さん✨徳永えりさんも出演します
    #カンテレ
    no title

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    ❝ナマポのドラマ『#健康で文化的な最低限度の生活』に川栄李奈さんが出演❞の続きを読む

    SnapCrab_NoName_2018-6-5_18-49-6_No-00
    出典 YouTube

    1: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 19:24:23.66 _USER
    2018年6月4日 18:00
    永井豪原作によるテレビアニメ「Cutie Honey Universe」の追加キャストが発表された。パンサーゾラ役を小林幸子が務める。

    小林が演じるパンサーゾラは、ハニーの宿敵・シスタージルの姉で悪の組織・パンサークローのボス。小林は「『Cutie Honey Universe』に参加でき、とても光栄です。それも、
    謎の多いパンサーゾラ役!! ラスボス感出せていたらうれしいです」とコメントしている。さらに如月ハニー/キューティーハニー役の坂本真綾ら出演キャストたちによる、アフレコ現場の集合写真も公開された。

    なお小林は本日6月4日23時よりBS11にてオンエアされる「Anison Days」に出演。スタジオライブでは、アニメ「キューティーハニー」の主題歌「キューティーハニー」を番組MCの森口博子と共に披露する。

    AT-X、TOKYO MXほかにて放送中のテレビアニメ「Cutie Honey Universe」は、少女の姿をしたアンドロイド・如月ハニーがキューティーハニーに変身し、
    世界規模の犯罪組織・パンサークローと戦う物語。坂本が如月ハニー/キューティーハニーを演じるほか、変身後のハリケーンハニー役を内田真礼、
    フラッシュハニー役を黒沢ともよ、ミスティーハニー役を田村ゆかり、アイドルハニー役を花澤香菜、ファンシーハニー役を三森すずこが担当している。



    小林幸子(パンサーゾラ役)コメント

    今回、あの永井豪先生の50周年記念「Cutie Honey Universe」に参加でき、とても光栄です。それも、謎の多いパンサーゾラ役!! ラスボス感出せていたら嬉しいです。続編ができて、もっとパンサーゾラが出てくれたら、嬉しいな。
    ぜひ、皆さん! 最終回までお見逃がしなく!!


    アニメ「Cutie Honey Universe」

    放送情報
    AT-X:毎週日曜21:00~
    TOKYO MX1:毎週月曜19:00~
    J:COMテレビ:毎週火曜22:30~    
    とちぎテレビ:毎週火曜23:00~
    BS-11:毎週水曜25:00~
    群馬テレビ:毎週月曜23:30~

    スタッフ
    原作:永井豪「キューティーハニー」
    監督:横山彰利
    シリーズ構成・脚本:高橋ナツコ
    キャラクターデザイン:井関修一
    音楽:中山真斗(F.M.F)
    アニメーション制作:プロダクションリード

    キャスト
    如月ハニー/キューティーハニー:坂本真綾
    ハリケーンハニー:内田真礼
    フラッシュハニー:黒沢ともよ
    ミスティーハニー:田村ゆかり
    アイドルハニー:花澤香菜
    ファンシーハニー:三森すずこ
    秋夏子:堀江由衣
    早見青児:浅沼晋太郎
    シスタージル:田中敦子
    タランチュラパンサー:釘宮理恵
    手寅あけび:田辺留依
    我目モモ実:広瀬ゆうき
    いぼ痔小五郎:居島一平
    直子:朴ろ美
    常似ミハル:小林ゆう
    早見団兵衛:富田耕生
    早見順平:寺崎裕香
    アルフォンヌ:白石稔
    ポチ校長夫人:内藤玲
    如月猛博士:森功至

    (c)Go Nagai/Dynamic Planning-Project CHU

    https://natalie.mu/comic/news/285140

    ❝【朗報】小林幸子さん、キューティーハニーでラスボスになる ❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/06/04(月) 12:44:20.17 _USER9
     舞台「偏執狂短編集IV」を主催する劇団voyantroupeは、声優で女優の“はるかぜちゃん”こと春名風花(17)が出演する同舞台のヌード等の露出表現に対して警視庁から自粛の通達を受けたとして、公演内容の一部変更を公式サイトで発表した。

     同舞台は9日より上演予定だが、公式サイトは2日、「先日五月三十日付で警視庁から劇場に対して連絡がございました。公演内容に関しヌード及びわいせつ物の露出表現の自粛の通達であり、なんらかの処置がなされなかった場合、公演自体の中止処罰の対象となる可能性があると判断し公演内容の一部変更を決定いたしました」と発表。

    警察からの通達は、未成年者である春名が出演していることを問題視した一部からの通報を受けたものだったというが、同舞台の脚本・演出を手がける同劇団代表の宇野正玖氏は、他の出演者によるヌード表現はあるが、春名については「未成年の児童に対しては本人はもちろんご家族の了承を得て所属事務所へ出演のオファーをしたものであり、未成年者へヌードの要求をすることもございません」と説明。「これを一方的な見解で児童ポルノであると断じることをこそ、アート表現への迫害であると感じております」と訴えた。

     また、ヌード表現についても「ただ偏(ひとえ)にアートの美しさとしての表現」だとして、わいせつを目的としたものではないと主張。それでも、今回の通達を受け、出演者たちによるヌード表現についても「身体の部分を特定の色彩(銀)で覆うことに決定致しました」とし、春名がメインキャストを務める演目に関しては演目自体の中止を決定したとした。

     春名もブログを更新し、「応援してくださっていた皆様 本当に申し訳ありません」と謝罪。「いろいろ思うところはありますが、考えれば考えるほど心がこれからの舞台に集中出来なくなってゆくのでこれから本番終了まで、この事はいったん忘れさせてください。今は、新しい台本のことだけを考えます」と複雑な胸中を吐露した。

    2018年6月4日 11時19分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14812756/

    写真
    no title

    ❝はるかぜちゃん出演の劇団voyantroupe、警察からヌード表現に関する自粛通達を受けて内容を変更❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/05/25(金) 00:16:08.60 _USER9
    自身がコアメンバーとして関わる仮想通貨「SPINDLE」が世界初の5カ国同時上場を果たし、ヨーロッパから帰国したGACKTが本日5月24日、自身のブログを更新。

    続けてGACKTは『週刊新潮』に掲載された自身に関する記事について言及した。

    以下、ブログに綴られたGACKTのコメントを掲載する。 ※原文ママ

    そして、 翌日、
    収録のためスタジオに入るとテーブルの上に置いてある週刊誌を見て、

    「これなんだ?」

    と尋ねるとスタッフが、

    「また新潮に適当なこと書かれてます…」

    との一言。

    記事の内容を読んでみると余りのバカバカしさに笑ってしまった。

    この記事に書いてあることに対して、
    正直、 くだらなすぎてどうでもいいことなのだが一応コメントしておく。

    まず一つ目。
    【マルサに踏み込まれ…】と書いてあるが、
    マルサが反面調査で数ある関係各所の一つとしてボクの自宅に訪れただけに過ぎない。
    捕まったわけでもない。
    むしろボクはいい迷惑を被った被害者だ。

    二つ目。
    【GACKTの個人事務所…】と書いてあったが、 そもそもボクGACKTはアーティスト契約に基づきプロダクションに所属していただけでボク自身の事務所でもなければ、 オーナーでも株主でもない。

    三つ目。
    【警察に相談せざるを得ない様な数億単位の使い込みの疑いが関係者に出た…】と書いてあるが、 そんな事実も全くのデタラメ。

    四つ目。
    一年半も前にボクはこのプロダクションとの契約も切れ、 別のマレーシアのプロダクションに移ったのにも関わらず、 今回の出来事を無理やりボクに関連づけるのはそもそも乱暴すぎはしないか

    その事務所を精算させたのもその親会社の都合であってボクそのものにはまったく関係のないこと。
    無理やりボクGACKTのスキャンダルに見える様な記事を書き、 あたかも真実の様に掲載する新潮の品格を疑ってしまう。
    もっと報道すべき別のニュースがあると思うのだけれど…。

    今回の日大アメフト部の件もあったが、
    大人達の勝手な都合で人の人生を振り回したり、 誰かを巻き込むのはいい加減やめてもらいたい。
    日本に帰って来たら空港で突然新潮に背後からタックルされたようなものだ。
    あまりにも内容が下らなさすぎて笑えてくる。

    こんなオトナが多いから、 若者が夢を見られなくなる。
    オトナが夢を与えられない国に未来はない。
    もっとこの国に、 これからの若い連中の見本になる様な、 夢を与えられる様なオトナが増えることをココロから望む。

    GACKT

    全文はコチラ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000031-mnet-musi

    ❝GACKTさんが「G-PRO」倒産の件で週刊新潮にブログで反論❞の続きを読む

    このページのトップヘ