読み速

小説・漫画・ライトノベル関連のまとめや最新ニュースをお届けします。

    芸能人

    1: 名無しの読者さん 2018/10/18(木) 06:54:47.05
     俳優の岡田准一(37)主演で、数々のベストセラー小説を世に残した作家・山崎豊子(1924-2013年)の代表作『白い巨塔』(新潮文庫)が、新たにドラマ化されることがわかった。山崎豊子作品初出演となる岡田は「やるからには財前五郎を味わい尽くす」と意気込む。同ドラマは、平成から新たな元号に変わる2019年に、テレビ朝日開局60周年記念作品として5夜連続で放送予定。
    no title

    ❝『白い巨塔』ドラマ化再び、財前五郎は岡田准一さん❞の続きを読む

    1: 名無しの読者さん 2018/10/12(金) 15:12:22.96 _USER9
    女優の松井玲奈が、直木賞作家も多く輩出するの文芸誌「小説すばる」2018年11月号(集英社、10月17日発売)で自身初の短編小説「拭っても、拭っても」を発表する。

    松井玲奈、デビュー小説「拭っても、拭っても」発表

    NHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)に出演中の松井は、幼少期から読書好きで、普段から多くの本を読んでいることから、小説誌への書評の寄稿や有名作家の文庫解説の執筆など、これまでも様々な文筆活動を積み重ねてきた。
    そして、この度初めての短編小説を執筆し、小説家としての活動を始めることになった。

    デビュー小説「拭っても、拭っても」は、過去の恋愛によってトラウマを抱えたアラサー女性の主人公が、小さな、しかし確かな希望を持って、前を向くまでの物語。
    過去に囚われた主人公の姿を、ユーモラスかつ切実に、瑞々しい筆致で描いている。

    松井は、「頭の中にある映像を言葉で人に伝えるのは、とてもエネルギーのいる作業でしたが、どこかで物語の続きを考えて遊んでいた子どもの頃を思い出して楽しんでいる自分がいました。書き続けることで、自分の新しい感性に出会える予感がしています」とコメントを寄せた。

    なお、今後も文芸誌「小説すばる」での執筆を予定。
    また、月刊読書情報誌「青春と読書」11月号(10月20日発売、集英社)には、初めての小説執筆に関する松井のエッセイが掲載される。

    http://mdpr.jp/news/detail/1798217

    小説家デビューする松井玲奈
    no title

    ❝【朗報】元SKE48の松井玲奈さんが小説家デビュー!❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/08/14(火) 13:11:19.54 ID:5hSre4aS0
    ・経歴
    平成××年3月 ○○大学卒業

    ・資格
    普通免許
    英検三級

    ・自己アピール
    大学時代はサークルの副代表をしてみんなをまとめました

    陣内「履歴書やん!」

    ❝陣内「なんか異世界に転移してもうたわ…そうや!こういう時は自分のスキルを確認したろ!」(ポチー❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/08/16(木) 17:26:20.92 _USER9
    堂本剛(39)がラジオ番組「KinKi Kidsのどんなもんヤ!」(文化放送)の8月13日放送回で、「金田一少年の事件簿」シリーズ最新作の漫画
    「金田一37歳の事件簿」について語った。

    同ラジオを受け、Twitterでは改めて《金田一すっっっごい期待しちゃうし個人的には「役者堂本剛」が一番観たい》《剛のマネジメントさんは
    金田一側と念密な連携をとってスケジュールの余裕あるベストタイミングで本人に提案して……》
    と期待の声が上がっている。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00010005-jisin-ent

    ❝『金田一37歳の事件簿』実写ドラマ化の可能性について❞の続きを読む

    1: 名無しの読書家さん 2018/08/07(火) 19:28:38.72 _USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1784450
    2018.08.07 07:00

    先日連続ドラマ化を発表した“遅咲きの恋の話”を描く『文学処女』(MBS/TBSドラマイズムにて9月9日放送スタート、全8話)の主演キャストが決定。女優の森川葵と俳優の城田優がW主演を務める。

    原作となったLINEマンガ編集部のオリジナル作品「文学処女」は、恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子と、恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔の歪な関係から生まれる遅咲きの恋の様子が描かれる。26歳にして恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子(つきしろかのこ・26)を森川、端正なルックスを持ちながら恋ができない人気小説家・加賀屋朔(かがやさく・35)を城田が演じることが決定した。

    主演発表に伴い、原作の世界観に合わせた2人のキービジュアルが公開に。ドラマのキャラクターそのままに、Sっ気たっぷりに挑発的な表情で鹿子をみつめる加賀屋と、恥じらいながら加賀屋をみつめ返す鹿子の2ショットとなっており、原作の世界観を忠実に再現している。

    森川は「インするまでに鹿子のことが知りたくて何度も何度も原作を読み返しました。すると鹿子のことを沢山知ることができただけでなく本当に加賀屋朔という人間に恋をしていきました」と気合十分。

    一方で城田は「個人的には、初めての少女漫画原作の恋愛軸を演じさせていただくという事で、非常にワクワクしています」と心境を明かし、「スタッフの皆さんが熟考した大人で上品なセクシーシーンもあります。実は『念願』だった恋愛ドラマ。どんな仕上がりになっているか、是非是非テレビにかじりついてご覧頂きたい作品です」と期待を込めた。

    また、主題歌はSonar Pocketの新曲「君の名前」に決定。さらに、オープニングテーマはSpecial Favorite Musicの書き下ろし楽曲「ロングハローグッバイ」に決まった。(modelpress編集部)
    (続きはソースをご覧下さい)

    no title

    ❝LINEマンガ『文学処女』実写化「セクシーシーンもあります」 ❞の続きを読む

    このページのトップヘ